歴史大好き♪夢の時間旅行

下手なCGを作っている何事も中途半端な変わり者の下郎です。中国前漢時代の李延年様、後漢時代の蔡倫様、鄭衆様を愛しております。

全体表示

[ リスト ]

 826日洛陽から高速鉄道で西安に戻りました。
 この日は西安市から50〜60km程西の興平市の茂陵と茂陵博物館、茂陵の陪葬墓の李延年さんのお墓巡りです。
 ここ数年毎年の恒例で絶対の行き先です。これで8回連続になりました。
 

 最初は茂陵博物館です。茂陵(前漢・武帝こと劉徹の墓)の直ぐ近くにあります。
 前漢の功臣・霍去病のお墓が丸ごと博物館になっています。
 奥の方の山がお墓です。今まで何度か写真を載せていますが毎年整備されています。
イメージ 1
 
 
 今まであまり撮ったことがない中庭です。
 ここに載せた写真はサイズをカットしているので分かり辛いですが、向かって右側の岩のいくつかが光線の加減等で何となく人の顔に見えました。
イメージ 2
 

 最初に行った時より展示物が増えています。
 下は茂陵周辺の模型図です。中央にある一番大きい墓は武帝の茂陵です。
 次に大きい向かって左側のちょっと名前が切れてしまった墓は英陵、武帝の妃で李延年さんの妹の李夫人の墓です。
 向かって右側の大きな墓(衛青、霍去病、金日てい)の後ろにある6号陪葬墓が地元では李延年さんの墓と言われています。(右下+クリックで拡大します)
イメージ 3
 

 下の写真は人物俑です。馬の手綱か何かを握っているようです。
イメージ 4


下の写真も人物俑です。向かって右側の人物は女性、あとの二人は男性です。
こういうのは全部お墓の副葬品です。
イメージ 5

 
 次の写真は壁画です。内蒙古の何処かの墓の壁画らしいです。
 貴族の邸宅での宴会のようです。
イメージ 6
 

 次も書籍の写真でよく見かけますが、漢代の身分のある女性が鏡を見てオシャレしている様子ですね。
イメージ 7
 

 そしてすぐ近くの茂陵に行って来ました。茂陵は写真を撮ったり撮らなかったりです。
 現在の茂陵全体の写真です。(右下+クリックで拡大します)
イメージ 8
 
 もうちょっと近づきました。
 ここ2〜3年前から整備が進み、以前は荒れ果てタダで入れたのに今は受付が出来て入館料を取られます。でも、キレイなトイレが出来ました。(右下+クリックで拡大します)
イメージ 9
 

石碑にもこのような花が添えられていました。
イメージ 10
 

 以前の写真、これは2010に行った時ですが上の写真と大分違います。
 2010年は延年さんの墓が何処だか不明だったので、2011年から行ってます。すると茂陵は9回目かもしれません。(右下+クリックで拡大します)
イメージ 11
 

 そして茂陵から近い6号陪葬墓の延年さんの墓に行きました。雨が降りそうだったのですがこの時間何とか耐えてくれたようです。
 まず全体の様子です。木の後ろのなだらかな丘のような所です。(右下+クリックで拡大します)
イメージ 12
 

 いつも夏に行くのでトウモロコシやら雑草で鬱蒼としています。
イメージ 13
 

 このような道を通ってお墓に近づきます。向かって左がお墓の一部で向かって右側は梨畑です。いつも肥やしの香りが漂ってますが、今年は臭いませんでした。
イメージ 14
 

 昨年はお墓の一部に穴がありましたが、今年は朝顔が咲いていました!花が咲いているのは初めて見ました。(右下+クリックで拡大します)
イメージ 15
 
 そして最後、車に乗る前にもう一枚。この後雨が降って来ました。
 今年も周辺は全く変わっていませんでした。
イメージ 16
 


 オマケです。
 久し振りに延年さんのShadeキャラの修正をしました。
 以前から顔の長さや鼻など修正をしてきましたが、ずっと気になっていた細すぎる顎や輪郭を少し変えました。
 下の画像が作成図です。(右下+クリックで拡大します)
イメージ 17
 

 そして下の画像がつい先月までのデータです。
イメージ 18
 

 最後に最新のデータによる画像です。シーンは以前使ったものを使いまわし、頭部を入れ替え、背景を変えています。(右下+クリックで拡大します)
イメージ 19
 

 今回もお付き合いありがとうございます。
 
 次回はラストの漢中、洋県編です。

この記事に

閉じる コメント(28)

まぁ・・遅く成りました!!
もう8回の訪問ですか!!何処も彼処も広大ですネ!!
壁画も綺麗に残って!!お墓に朝顔良いですネ!!
自然にお花が添えられて!!
永年さん素敵に変わりましたネ!!
ナイスポチ☆

2017/10/3(火) 午前 8:00 mako 返信する

霍去病は傲慢で自信家でしたので、あまり好きでないですね。
若死にしたので、名誉を保っていますが、多分この手の人は長生きしても
三十代くらいでヘマして失脚して汚名を残すのがオチですね。

顔に見える岩は、1つだけはわかりました。
大きいとたくさん見えるのですね。
深夜に月明かりで見ると怖いかも。

昔の人は、敵兵の死体を高く積み上げて戦勝記念として作ったようです。
確か京観といったと思います。
なので、パーティーに生首置いてあっても可笑しくないかも?

向こうはまだ下水道が行き渡っていないので、水洗は少ないのでしたね。
しかし、蓋はないのですか。それは強烈ですね。

なるほどー、作り手ならではの修正ですね。
光源の事は頭に入っていませんでした。
韓玄くんが、自分がいずれ作るであろうハーレムに流すBGMの作曲を依頼したいようですよ。マブダチだからタダだよねっ!と申しております。

今日の更新で、養子殿は痛い目にあいましたが、お許しのほどを。

2017/10/3(火) 午前 11:45 ゴンダワラ 返信する

こんばんは!
今年の「十五夜」は明日10月4日ですね。
今日もよく見えていますが、明日もお月様が見えるといいですね。
ずいぶん涼しくなりました。
明日は寒気が入り、少し肌寒くなりそうです。
いつもありがとうございます!

2017/10/3(火) 午後 8:07 ノリさん 返信する

makoさん、こんばんは。
気が付いたら8回です。目標の10連続は達成したいものです。
その後はどうなるものか。
延年さんのお墓に花が咲いていたのは初めて見ました。
2年前は蔡敬仲さんのお墓に白い彼岸花が咲いており、これも見れなくなってしまいましたが、今度は延年さんのお墓で花が見れて良かったです。
以前の修正は鼻や目などパーツだけでしたが、最近はエラや輪郭など全体の様子を変える大掛かりな修正をすることが多くなりました。

ナイス☆ありがとうございます。

2017/10/3(火) 午後 10:17 sen 返信する

ゴンダワラさん、私も生まれながらの坊ちゃまの霍去病は好きになれません。

ひとつはくっきり見えるでしょう?原寸の画像を見るともっとあります。私は迷信を信じませんが巫蠱事件で惨殺された人たちなど、武帝に対する怨霊たちでしょうね。

昔の倫理は到底現代日本人には理解できませんね。当時は人の腐乱死体などその辺にゴロゴロありましたしね。

街中の店や観光地は殆ど水洗だと思いますが、農村はそうじゃないところもあるようです。
会長の廟近くの役所の中のトイレを借りたことがありますが、そこは水洗でしたが、外にあった一般向けのトイレはただの溝です。
西安郊外のガソリンスタンドのトイレを借りたことがありますが便器なく、長方形の穴が空けてありシュートにより外の便槽に流すという周の時代からあまり変わらぬトイレでした。
高速道路のサービスエリアで仮設トイレに入りましたが、見渡す限りの便器、仕切り壁、ドア無しトイレでした。これは水洗です。

最近はどの角度から見ても矛盾がなく、髪型を選ばないように作ろうと思ってます。
延年さんは韓玄くんを「誰?知らないなぁ。」と言ってますが。

2017/10/3(火) 午後 10:36 sen 返信する

ノリさん、こんばんは。
世間に疎い私は十五夜というのは9月だと思っていました。
うちの親が全くそういう行事に関心がなく何も教えられず分からなかったのだと思います。
家を出て社会人になってからいろいろなことを勉強し知ったつもりでしたが、やはり世間常識に欠けている所は直せませんね。
朝夕が寒くなりました。
今年も暖冬にならないかと思ってます。

2017/10/3(火) 午後 10:42 sen 返信する

叔父の衛青がいなければ、霍去病など歴史に埋もれたままでしたね。
なるほどー、武帝への怨霊ですか。
当時は迷信が根強く残っていたので、この岩が当時にあれば面白かったと思います。

当時は城の外は基本的に無人でしたし、戦場など後片付けもしないので、
腐乱死体とか転がっていたでしょうね。
後漢の宦官の誰か忘れましたが、自分に逆らった官僚を殺して晒して、
遺体が腐乱してきたら、馬にそれを縛りつけて、町中走り回らせた宦官がいた記憶があります。

徐々に水洗化も広がっているのですね。
しかし壁なしドアなしトイレはキツイですね。
まさか男女混合ではないですよね?

延年さんは韓玄くんを知らないようですね。
もう〜、一緒に韓玄無双で生死を共にしてきた仲じゃん!
照れてるのかな?ぐふふふ。と申しております。

2017/10/4(水) 午前 9:10 ゴンダワラ 返信する

こんばんは!
そうですね。15夜は満月の日なので毎年日が違うようです。
9月が多いですね。10月に入っては珍しいかもしれません。
1年で最も美しいと言われる中秋の名月、雲が少なくはっきり見えました。
そちらはどうなんでしょうね。

2017/10/4(水) 午後 8:12 ノリさん 返信する

ゴンダワラさん、全くそのとおりです。ただ運が良かっただけですね。
もっと実力があっても、運が悪くて世に出れなかった人もたくさんいたと思うのです。
晩年の武帝が見たら恐れるかもしれませんね。たくさんの人々を傷つけ殺しているので思い当たることはたくさんあるでしょうから。

当時の城外などかなり衛生状態は悪いでしょうね。城内の排水などは全て城壁から外に垂れ流ししていたようですから。
馬車の馬糞とかも普通にゴロゴロですね。
おー、そのような宦官がいましたか。おそらく後漢の霊帝かその前あたりの悪徳宦官じゃないでしょうか。今度調べてみます。

男女はくっきり分かれてますよ。もし、男性が女性用に入ったら日本より酷い目に遭わされると思います。
最初はおー!っと思いましたがみんなやってるからいいかってあまり気にしませんでした。何よりも足元が安全なことが一番だと思います。

延年さんは「えー、だって知らないもん!」ですって。
延年さんも天然系だから難しいと思いますよ。

2017/10/5(木) 午前 1:30 sen 返信する

ノリさん、こんばんは。
ああ、そうだったのですか。確かに満月の日は違いますものね。
10月はちょっと寒いですね。お月見の団子には興味があります。

ここ何日かは雨が降ったり止んだりで天気が悪いので見えなかったのではないかと思います。

2017/10/5(木) 午前 1:33 sen 返信する

運がなかったり、嫌な上司に妨げられて、歴史の闇に消えていった傑物も
相当多いと思います。
わがままボンボンの霍去病は、運が良かったですね。

衛生面で考えると、当時には行きたくなくなりますね。
斉の威王が、暗愚を装っていたときに、王の側近に賄賂を渡していい評判を王の耳に入れるようにしていた大夫がいましたが、威王は暗愚を装いながら、各大夫を調査していて、その大夫を呼びつけ、お前の評判と統治の実態が真逆ではないかとなじった際に、道が馬糞か牛糞まみれで汚い事も
指摘していましたので、一応、多少なりは衛生面を気遣っていたようですね。
もしかしたら、この道の糞まみれの話は、韓の昭王と勘違いしてるかもしれません。
なにぶん、うろ覚えなので、お許しを。

腐乱死体を引き回しにしたのは、霊帝の時代の宦官だったと思います。
王甫か曹節?これも記憶が曖昧ですみません。

韓玄くんは、この延年さんの発言を、ゴンダワラのババアに目をつけられないための処世術と思っております。
おいらとの関わりがないようにみせかけて、心で繋がってる。
それがマブダチ!と申しております。

2017/10/5(木) 午後 0:26 ゴンダワラ 返信する

こんばんは!
今日は一段と冷え込みましたね。
寒くなるのはまだ早いですが、そろそろ衣替えしなくては!
秋が長く冬が短いといいですね。
明日からまた雨のようで、気温も例年よろかなり低めのようです。

2017/10/5(木) 午後 7:47 ノリさん 返信する

ゴンダワラさん、世襲のために普通以下であっても名を残している人物もゴロゴロいますものね。
生まれなど運だけはどうしようもないです。

暗愚の振りをしていた威王の話はチラッと読んだことがありますが、この大夫の話は知りませんでした。
いやぁ〜さすがですねぇ!私は春秋戦国はあまり知らず、かなり狭い部分しか知りません。

あー、その辺の連中でしょうね。官僚には深い憎しみがあったのでしょう。気持ちは分からなくはないですが、こんなことするのは小人物ですね。

延年さんは韓玄くんが思っている以上に厄介ですよ。
全く関心ないので見えてないし、気にしないと思います。
無視より酷いかも。

2017/10/5(木) 午後 9:21 sen 返信する

ノリさん、こんばんは。
今週はいきなり寒くなりました。
ついこの前まで冷房していたのに昨夜からは暖房です。
足も冷たくてなかなか眠れませんでした。
丁度良い気温にならないもんですかねー。

2017/10/5(木) 午後 9:24 sen 返信する

生まれだけは、如何に優れていようとも変えられないですものね。
後漢でも、宦官に目をつけられて、多数の傑人が亡くなってますね。

私もそんなに詳しくないのですが、威王の事をコメントしているうちに、
馬糞の話は、自分の切った爪を隠していながら、家臣に探させて、正直者と嘘つきを見極めようとした、韓の昭公のエピソードだったかな?と
自信をなくしました。うろ覚え程度の知識しか持っていません。

鄭衆、蔡倫以降の宦官には、有識者がいないのも痛いですね。
この時代の宦官は、皇帝の身の回りの世話係なので、政治知識とかは不要なので、
持っていないのを責めるのは酷ですが、そんな宦官が政治の重職についてしまって、やりたい放題するのですから、王朝が腐敗してしまうのも必然ですね。
おかげで三國志があるのですけど。

温厚で気配り溢れる延年さんからも、そのような扱いですか。
まあ、延年さんは、その美貌にたかってくる、心ない人達を多数相手にしていたと思いますし、韓玄くんへの処置としては妥当かも。
でも、また始まる韓玄ステキ伝では出演よろしくお願いいたします!

2017/10/6(金) 午前 8:35 ゴンダワラ 返信する

こんばんは!
ほんと、ちょうどよい気候が長く続いてほしいですね。
今日はまた雨で肌寒くなりました。
日曜日あたりコスモスが満開と思うので、
コスモス畑に行ってみたいと思います。
楽しい週末をお過ごしください!

2017/10/6(金) 午後 7:46 ノリさん 返信する

ゴンダワラさん、後漢末の宦官は悪徳宦官が多いですものね。コンプレックスの固まりであり結束力が強く自分たちに逆らうものはどんどん排除したり殺したり、これが宦官が悪と言われた理由ですね。
でも鄭衆さんや会長、呂強くんは別格ですね。
後漢の宦官という一括りにしないでほしいもの。
いやいや、十分に詳しいです。
斉の威王の話は「三年泣かず飛ばず」の故事の件で知ってただけでした。淳宇こんっていう人が諌めたんでしたっけ?
韓の昭公など私は名前も知りませんよー。さすがですね!
私の場合は後漢書の列伝訳の中で長ったらしい上奏文文に春秋戦国時代の故事の引用があって、それで初めて知ったものも多いです。
鄭衆さんと会長の後は何人か欲が無かった、清流であったという宦官の名は残っていますが名前のみで詳しい列伝は無しです。
呂強くんのあたりになると悪いのばっかですものね。

延年さんは誰にでも人当たりが良く好かれるタイプなので、韓玄くんだからといって濃硫酸をかけたり、コンクリートで固めて産業廃棄物扱いもしませんよ。
ただし態度はそっけなく顔も覚えてもらえないですね。
本人も出演を楽しみにし

2017/10/6(金) 午後 9:42 sen 返信する

ノリさんさん、こんばんは。
今年は冬が寒いのでしょうか。9月の後半から妙に寒いですね。
ここ数年暑い時期が長かったので今の時期も暖かいものだと思うようになったのか。
私の場合は夏の中国旅行が終わるともうその年度は終わりと考えてるので早く来年の夏になってほしいです。
するとまた一つ年をとる残酷な事実もありますけどね。

2017/10/6(金) 午後 9:49 sen 返信する

後漢末期の宦官は、皇帝に守られて信用されていましたからね。
順帝は、宦官を信用しながらも、悪事を働いた宦官は極刑にしていましたが、
それ以降の皇帝は、宦官の甘い言葉ばかり聞いて有頂天になり、官僚の諫言は憎しみの目で聞いてましたので、宦官はやりたい放題ですね。
とはいえ、悪徳宦官も一部だけで、ほとんどの宦官は宦官としての役目を果たしていただけと思います。

やはり宦官の中でも、鄭衆、蔡倫、呂強は別格ですね。
三人とも欲がなく、学識も高い傑物でしたね。

そうです、その威王です。
淳于コンも面白い人ですよね。
暗愚を装って、遊び呆けている威王が、俺を諌める奴は殺す!といって、
皆が恐れて口を閉ざしている中、クイズを出して諌めるのですから。

ああ、またミスしました。韓の昭公ではなく、昭侯でした。

さすがに列伝となると、鄭衆、蔡倫クラスの実績がないと厳しいですね。
でも、清廉宦官列伝みたいなのに、まとめてくれたら良かったですのにね。

そんな延年さんも、歌を韓玄くんに褒められたら、覚えてくれるでしょうか?
出演よろしくお願いいたします!

2017/10/7(土) 午前 11:20 ゴンダワラ 返信する

ゴンダワラさん、後漢皇帝は和帝から後はどんどん判断力が落ちているのでしょうね。まぁ、環境を考えればそうなってしまうのも仕方がない?
そうでした。宦官の殆どは皇帝の身の回りのお世話や雑役で政治に関わるぐらいのクラスはほんの一握りですものね。
senがタイムスリップする時は宦官の振りして入り込むのが一番効果的かもしれません。しかし、持ち前の不器用さと上に逆らうという性格からやはりここでも落ちこぼれるのでしょうね。
鄭衆さんのお世話係の宦官やってみたいけどここでもクビか牢か?

淳于こんって皮肉屋のような印象です。
まったく王っていうのは面倒くさい人種ですよねー。

ミスは気にお気になさらず。私もしょっちゅうミスります。

後漢書の宦者列伝は鄭衆さんから始まります。
次が会長です。この二人は長さは同じぐらいで短い列伝ですが中身はいろいろ想像を掻き立ててくれますね。
呂強くんの列伝はとても長いのですが殆どは上奏文です。

褒めてくれた一人として覚えているでしょうけど、それだけだと思います。
出演に向けて衣装を選んでいるようです。

2017/10/7(土) 午後 8:41 sen 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事