ぶらり古代倭国への旅・・・ヤマトのルーツを求めて

ヤマトとはヘブライ語のヤァウマトゥが変化したものと思われる

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全157ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 大変なご無沙汰です。
邪馬台国、英語、孫・・・、色々な話をブログで発信してきましたが、一寸マンネリ化した事、新鮮な面白い話が無くなった事等からついPCに向かう機会が減っていました。
現在後期高齢者になっていますが体のほうは変わらず元気で、ジムとゴルフを楽しんでいます。

今回発信する気になりましたのは、このブログの主題であります”大和朝廷はイスラエルの失われた12士族の末裔ではないか?”と言うテーマ、特にそのスタートとなる「12士族は葦の船に乗り、淡路島にたどり着いたのであろう」と言う仮説を裏付ける大変な記述を見つけたからです。
この話は当ブログの「古事記の読み解き」の冒頭でお話していますが;

イザナギ、イザナミの二柱の神が生んだ八島の順序は、12士族が倭国を侵略した流れを示している・・・、従って最初に生んだ淡路島は、”そこへ始めて上陸したことを表しているのではないか!?”

と言う話をしてきました。

つい最近新聞の広告に「元イスラエル大使が語る”神国日本”」と題する本の中に、淡路島の事が書かれていましたので、「もしかしたら・・・」と言う気持ちで直に購入致しました。

著者はイスラエルの元日本駐在大使と言うだけではなく、空手や剣道他日本文化に精通し、一般の日本人人より遥かに日本文化、歴史を研究をし、理解している方です。

紹介したい事は沢山有りますが、今日は淡路島のお話だけに絞ってご紹介したいと思います。
絞っても長くなりますので、主な話を以下箇条書きで記述します。

1. 2700年前に淡路島にユダヤ人が来ていた。
   紀元前722年、北イスラエル王国が滅び、東の果てを目指して民族の移動が始まった。
   淡路島には古くから古代イスラエル人が葦舟の船団に乗って日本にやって来たという伝説が淡路島   にあった。
2. 伝説によればそれら船団は九州、日本海側の丹後他にも着いたと言う。そして淡路島に至った一団   は、自分たちが日本に着いたと言う碑を残した。 
   それが淡路菰江(こもえ)古代ユダヤ遺跡であるとされている。
3. 1935年(昭和10年)、大本教の出口王仁三郎から指示を受けた白石義高がその遺跡を調査し、その   調査結果を1944年(昭和19年)に「聖書に啓示されている合図の旗」と題する勧告書に纏め、日本   政府の情報局総裁を経由し、米英のユダヤ教徒に送られた。
4. 1952年(昭和27年)、上記の勧告書に応じて、連合国総司令部(GHQ) が調査を実施。GHQの従軍   聖職者ユダヤ教の大司教T・ローゼン氏が団長となり淡路島へ。
5. 調査の結果、小磯海岸の岬から遺跡が発見され、大司教により古代イスラエルの遺跡と認定した。   た。その岬は昔から祟りがある岬と恐れられていた。
   その後、日本イスラエル教会の小林孝一会長らが周辺を発掘調査し、ヘブライ語で「聖なる波」と   書かれた30Cmほどの石、ダビデの紋章のついた指輪等が出土した。
6. 2017年(平成29年)5月14日、淡路島で「古代ユダヤ遺跡発掘65周年記念式典と祭典」が開催され   た。
7. この式典にはイザナギ神宮の宮司も参列された。又地元出身の衆議院議員西村内閣官房副長官の    メッセージが代読されたと言う。
   席上この本の筆者も参列し、遺跡の事、日本とイスラエルの歴史に関して講演された。その中で
   この遺跡が発掘された年にイスラエルが日本と国交を樹立したのも両国の深い絆表すものと述べて   いる。

 淡路島の遺跡についての記述を要約すると以上の様になりますが、日本のイザナギ神社の宮司に、政府の高官、そしてユダヤ大司教に元イスラエル大使が出席してのセレモニー、「イスラエルからの難民が淡路島にたどり着いたということが公になったような気がしますが、如何でしょうか?。

開く コメント(1)

高野山参拝


 10月の始めに、家内と一緒に高野山開創1200年、パックツアーを利用して紀伊半島の旅行を楽しんできました。
私の家は代々真言宗豊山派ですので、一度は宗祖の弘法大師様が座す高野山をお参りしたいと思っていました。
今回高野山、熊野古道そして熊野三大社を巡ると言う素晴らしい企画が有りましたので参加いたしました。
昨年暮れに比叡山延暦寺を訪ね、荘厳な雰囲気に圧倒されましたが、高野山は又格別な深みを感じました。
個人の旅では味わえない事が、ツアーならではの企画に因って味わう事が出来、貴重な思いで深い経験もさせてもらいました。
奥の院の最も奥の、大師が座すその側まで行く事も出来ましたし、宿坊に泊まり、精進料理や朝のお勤めも経験する事ができました。
下の写真は高野山奥之院へ至る参道です。
イメージ 1

 翌日は秘境の吊橋で有名な”谷瀬の吊橋”でスリルを味わい、その後熊野本宮大社で祈願、宿泊はTVのコマーシャルで有名な”南紀勝浦ホテル浦島”でした。
翌朝早起きをしてCMでも有名な洞窟風呂「忘帰洞」で日の出に手を合わせるなど、貴重な経験ができました。
翌日は熊野古道を散策しながら、熊野那智大社と熊野速玉大社を参拝し、名古屋から新幹線で帰路に着きました。
相変わらず天気にも恵まれとても良いツアーでした。


開く コメント(9)

爺、格好良いね!

 暫くぶりの更新、そして久しぶりの孫の話です。
孫の通っている小学校は珍しく”秋休み”があります。先週その秋休みを使って遊びに来ていました。
4年生になった孫は遊びも随分変わって、我が家に来ても昔のように私の部屋に入りびたりで遊ぶ事もなくなり、持ってきた妖怪ゲームに夢中です。
そんな孫も「だんだん少年に変化しているんだなーー」としみじみ感じたのが、次の一言です。
「爺、格好良いの着ているね!」
これは孫がママ(私の娘)に言ったそうで、後で娘から聞きました。
孫の成長に目じりが下がります。
自分で言うのもなんですが、恰好いいシャツを着ていました。
最近は少年野球の年長組みのキャプテンとして活躍していますが、妙に大人びているところが無く、相変わらず可愛さあふれる孫で、まだまだ数年は楽しく過ごせそうで楽しみです。

爺馬鹿のお粗末な一席でした。

開く コメント(17)

開く トラックバック(0)

別府温泉地獄巡り

イメージ 1

            別府温泉血の池地獄

地獄の沙汰も金次第

仕事仲間と別府温泉と由布院へ桜の花見の旅に行ってきました。
昨年の12月に京都に行って、有名な寺社を巡った時、殆どの所で拝観料を払いましたので、
「京都〜〜大原三千院〜〜♪」に引っ掛けて「京都〜〜大原三千円〜〜♪」
と歌いながら廻りました。この時は十分に拝観料に見合った感動を得ましたし、それらの寺や神社を維持する為には必要な経費だと納得していました。
今回別府温泉の地獄めぐりをして驚きました。地獄と名づけられた温泉の池は皆小さくてあっという間に地獄見物は終わります。それで400円。次の地獄もまた同じように400円。あっという間に3つの地獄を巡って1200円が消えていきました。
地獄は天然・自然物あり、周りの景色も自然のままです。之を見るのに400円は納得出来ませんでしたね!とても次の地獄に行く気には、なれませんでした!!!
今までに色色な所を訪れましたが、自然の景色を見るのにお金を払った経験は無かったように思います。

期待して行ったのですが、何かすっきりしない思い出になりました。

開く コメント(11)

京都旅行ー2

イメージ 1
                                                    伏見稲荷神社・千本鳥居
 
 
 11月10日の宿は京都の駅の近くに取りました。‘朝食のみ’と言うことで、夕食は京都駅構内の京都料理が食べられる店を見つけて美味しく頂きました。
残念だったのは若い仲居さんが‘標準語だった’ことですね。京都弁を期待していたのでとても残念でした。やはり「おおきに!」を聞きたかったですね。
美味しい酒と美味しい料理で大いに盛り上がって、町に繰り出しました。しばらく散策していると、京都には似つかわない「スコッチパブ」が目に入りました。建物は総ガラス張りで、多くの外人が飲んで居るのが見えました。
これは英語を話すグッドチャンス!!酔った勢いもあり、仲間3人とパブに入り、遠慮もなく若いカップルの席の隣に座りました。酔うと文法も気にしなくなり、会話がスムースです。友人達はあまり外人と飲む機会が無かったと言う事から大変盛り上がり、本当に楽しい思い出が出来たと喜んでいました。
それにしても日本に居ると言う感じがしないほど、周りは外人ばかりでした。
久しぶりにスコッチを飲んだためか、かなり酔ったようです。次の日、何を話したのかほとんど記憶がありませんでした。
 
翌日は希望者だけで、伏見稲荷神社を尋ねました。京都駅からJR奈良線で僅か2駅と言う近さで、平日にも拘らず大変な人出でした。ここも昨夜のパブ同様外人が目立ちました。欧米だけでなく韓国、台湾、中国、東南アジアなど日本人より多い感じがしました。後で知ったのですが伏見稲荷神社は、外人の好きな京都の名所のNo.1に成っているようです。きっと赤い千本鳥居が受けているのでしょう。
時間がありましたので、千本鳥居を全てくぐって稲荷山の頂上まで登って来ました。.
途中面白いことがありました。頂上も近くになったころ、我々は道を間違えました。気が付くと初老の欧米人が一人、私たちの後をずーーと付いてきていました。道を間違ったことを彼に伝え、分岐点まで戻る事にしました。その時の会話で、彼がフィンランド人と知りました。彼は「奥さんを麓に残して一人で登って来た」との事でした。
話の中でとても面白い話がありました。フィンランドにもINARIという土地があるそうです。発音もほぼ同じイナリと言うことで、興味を持って訪ねたと言うことでした。そしてキリストとの関わりがあるという話でした。
伏見稲荷も秦氏の氏神です。前にも秦氏の記事で書きましたが、稲荷神社は当て字で、語源となったのはイエス・キリストを意味する、INRI:Jesusu・Isusu Nazarenus, Rex Iudaeorum [ユダヤの王 ナザレのイエス」、皆さんもINRIを発音してみてください。NとRが続くと「ぅな」と言う音になり、RとIで「り」・・・イナリに近い音になります。
前にも書きましたが、秦氏は日本に原始キリスト教といわれる景教を伝えたとされています。稲荷は当て字でしょう
それにしても伏見稲荷神社でフィンランド人と巡りあい、フィンランドに”イナリ”と言う土地があること知りました!何か不思議な因縁を感じました。
 
稲荷山を下り、神社の傍にある蕎麦屋で、稲荷うどんを食べて、京都駅に向かいました。
 
天気予報では 雨、曇り、曇り、でしたが、曇り、晴れ、晴れ、に変わりました。
 
        晴天大明神は健在です。
 
 
 

開く コメント(16)

全157ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事