レゴの家 SIDE B

とりあえずぼちぼちと・・・

クロネコトラック増産

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-81-67/legokaveve/folder/479617/54/13619954/img_0
Amazon電撃隊!

ということでクロネコトラック自体は一年以上前に組んでいたものですが、今回一気に4台増産しました。
できればクロネコの基地も再現したいなと思っていますが、いつになるかはわかりません(^^;

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-81-67/legokaveve/folder/479617/54/13619954/img_1
出動!!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-81-67/legokaveve/folder/479613/90/13573990/img_0
デュプロ展示会を開催しました!!

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-81-67/legokaveve/folder/479613/90/13573990/img_1
大盛況でした!!

いや、デュプロはこれだけでちゃんとレゴブロック展示会やってきましたよ!
もう1週間も前とは信じられないくらいにまだドキドキしています。

http://legohouse.seesaa.net/article/446093829.html
http://legohouse.seesaa.net/article/446106829.html
もうちょっと詳しいレポートはこちらをご覧ください。

こちらでは簡単にさくっと。

本レポートでもふれてますが、子どもの作品というのが光ったレゴブロック展示会でした。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-81-67/legokaveve/folder/479613/90/13573990/img_2
こちらはlego_genicちゃんのいもむし列車。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-81-67/legokaveve/folder/479613/90/13573990/img_3
add-cocoさんの息子さんのVR鳥とか。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-81-67/legokaveve/folder/479613/90/13573990/img_4
大雪で言い出しっぺの僕が遅れたにも関わらず、他は誰一人遅れることなく定時開場。
僕が駆けつけた時にはすでに大入り満員で驚きました。

正直、客足は望めないなぁと思っていたんですが予想以上にみなさん足を運んでいただき、心より感謝いたします。

僕自身が遅れたことでエースくんファミリー、薬師山さんはじめ、みんなに迷惑をかけ・・・
出展者、来場者にも不手際ばかりが目立つイベントになったかもしれませんが、ここだけの話、準備はかなりがんばっていたんです。
あれもこれもと細かいところまで考えて考えて、準備して、晴れてさえいればもっとちゃんとできたはずなんです。

ただお天道様と折り合いが悪く、当日は大雪(^^;

にも関わらず出展者全員、さらにたくさんの来場者とどこまでも助けてもらってなんとかできました。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-81-67/legokaveve/folder/479613/90/13573990/img_5
目玉であるtaizoonさんの扇状車庫も久しぶりにお目見え。
ジャパンブリックフェストで見られなかった勇姿がそこにありました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

レゴブロック展示会 in 梅小路
とき:2017年1月15日(日) 10-17時
場所:梅小路公園 みどりの館 イベント室

そんなわけで2017年一発目のイベントとしてレゴブロック展示会 in 梅小路を開催いたします!
京都市教育委員会の後援もいただいている立派なイベントです!(笑)

ぜひみなさんお誘いあわせのうえ、お越しください!!

入場無料ですが列車報の販売他、物販ありということでいろいろ売ってます(^^

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

本年もよろしくお願いいたします。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

碧い三連星

イメージ 1

トップハム・ハット卿が碧い三連星をもって世界を我が物にしようとしているという噂は本当だった。
すでに多くの子どもたちを虜にし、ソドー島の狂気の支配はこれからも続くのだった。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事