LEMANIMAYU のエトセトラ

自転車ロードレース(観戦のみ。)旅行、美術鑑賞や手作りアクセサリーのことなどなど、私の趣味に関することのつれづれです。
私のパソコンは現在入院中なのですが、お友達が私にMacを貸してくれたので
ブログ更新しています。

12月10日に先日のジャパンカップでも来日したマヌエーレ・モーリ ファンクラブの忘年会が
開催されるので会員の皆様にお知らせしたいのですが、皆さんの連絡先は修理中のパソコンの
中・・・バックアップもとっては有るものの、今お借りしているMacでは読めないので少々
焦っております。これを見た会員の方はぜひお友達にもお知らせくださいね~。詳細は追って
ご連絡いたします。

てなわけでいつまでたっても世界選やジャパンカップの話題にならずにすみません・・・
明日こそ!  今日はジャパンカップでのモーリファンクラブのコーナーの写真をアップします。
なかなか派手にできたと思ったのですが、ご本人曰く「来年はもっと派手に応援してくれ。」
ですってぇ~。(笑)
イメージ 1


トラックパーティー

世界選のこともジャパンカップのこともまだ書いていないのに次なる催しが
またまた来てしまいました。こちらは簡単にかけそうなのでささっと更新します。
尚、パソコンの調子が悪いので、しばらくまた更新できないかもしれません。
 
伊豆修善寺のサイクルスポーツセンターにに新しくできた室内競技場は
天然総板張りでトラックは一周250m。現在のトラック競技ではこの250mと
いうのが世界標準らしいが。日本には今までなかったとのこと。できたばかりの
競技場は木の香りと塗料のにおいがまだ残っている。
イメージ 1
写真はマディソンのレースの模様。競技場は夜間で暗めだから写真の写りが
良くありません。お許しを。
イメージ 2
テオ・ボスさん来てました。
イメージ 3
ななな、なんとチポッリーニさんも来てました。

コペンハーゲン世界選

コペンハーゲンTTコース下見
長らくご無沙汰をしております。だいぶ時間が経ってしまいましたが、少しずつ
アップしようと思います。
 
9/21に行われた男子エリートTTのスタートとゴール地点はコペンハーゲンの中心、
市庁舎広場のすぐ近く。スタートは午後からなので、下見がてらの市内散歩から
始めました。
イメージ 1
ここが市庁舎で手前が広場になっています。さらに奥に進むとそこから
コペンハーゲンの「銀座通り」がはじまり、コンゲンスニュートー広場までつづいて
います。
 
この手前の大きな通りがゴール地点なので、そこからコースを遡ってみることに
しました。
イメージ 2
これはコペンハーゲンにゆかりの有名人、アンデルセンの像。市庁舎の横側に
チボリ公園を見上げる感じで座っています。アンデルセンはチボリ公園(遊園地の
元祖。)がとても好きだったそうです。
 
コース上を遡っていくと、いろんな形の古そうな建物が見えてくる。
イメージ 3
真ん中の尖った塔が有るところが旧証券取引所。左右の建物はなんだったかな?
 
こちらはコペンハーゲンの観光地として有名なニューハウン。
イメージ 4
運河の左右に色とりどりの建物が立ち並び、その前にはカフェやレストランの
テラス席が連なっています。選手たちはこの橋を通過するだけなのでほんの一瞬
だけこの風景を見ることになります。…この橋の欄干、よーーく見ると三つばかり
南京錠のようなものが付いていますね。昨年行ったケルンの橋でも見かけましたが、カップルが二人が長く一緒にいられるようにと願掛けするものらしいです。
TTコースはまだまだ続きますが、今日はこれでおしまいです。

世界選に来ています。 ケータイ投稿記事

イメージ 1

コペンハーゲンより。世界選観戦に来ています。
今日は男子ジュニアと女子エリートのレースが有りますが、午前中の男子ジュニアを観戦します。
このレースには日本からも三人の選手が出場しているそうです。そしてドイツからはあのツァベルさんのご子息のリック君も出場しているとの情報をお友達からいただきました。はたしてリック君は見つけられるかな?・・・昨日は一足早くご両親と愛犬「シロ」を見つけて私の同行のお友達はツーショットを撮ってもらいました。
・・・なんだか今日は小学生の絵日記みたいな文章になっちったなぁ。明日はいよいよ男子エリートのレースです。
突然ですが、火曜日から世界選観戦のためにコペンハーゲンに行ってきます。
 
もしかしたらT.Tのほうでの出場が有るかと思っていたクインツィアートは、R.Rの
ほうでエントリーされています。(最終的に出場できるかどうかはわからないけど、
11分の9の確率?です。)最近のアシストとしての貢献がベッティーニ監督に
認められてのことだろうと思われます。彼の雄姿を見られることを祈るばかりです。
 
↓これは最近クインツィアートがtwitterでリンクを付けていた自身のインタヴュー
ビデオです。ドイツ語です。なので私には画面から内容を推し測るしかありませんが、どなたか内容がおわかりでしたらぜひお知らせくださいませ〜。
 
ついでと言ってはなんですが、今年のジャパン・カップにはモーリも来る
とのこと、実現すれば今年はクインツィアートとモーリの両方に会える・・・
そうなれば本当に私は幸せモンです。
 
 
 
みなさまお元気でしょうか? 私、べつに病気だったわけではないのですが、
このところいろいろと忙しく、更新するのも忘れておりました。
 
夏も終盤、ツールも終わりヴェルタも始まってしまいましたね。
ヴェルタには、珍しく私の応援するクインツィアートとモーリが二人とも
出場しています。…しかぁーーし、クインツィアートは初日のTTTでハンドル
が壊れるというアクシデント、「100メートルハンドルなしで走った…」とか
ツイートしてましたっけ…その時けがもしてしまったらしく、ちょっとつらい
スタートになってしまいました。がんばれ!!
 
一方のモーリはそれまでは無事でいたようですが、本日落車。痛そうに走って
いる姿がしっかりテレビに映っていましたね。幸いひどいけがではなさそうですが、
その後集団には追いつけたのでしょうか? モーリはジャパンカップでの来日も
決まったようなので、ぜひぜひご無事で〜〜〜。
 
…そういえば昨日のシエラネバダで勝ったモレノと今日の激坂を制した
ホアキン・ロドリゲスは2009年のジャパンカップで揃って来日していましたね。
この時はまだ二人ともケースデパーニュだったのです。この二人はレースが
終わってもとても仲良しでした。昨シーズンは別々のチームだったけど、
ホアキンが仲の良いモレノをカチューシャに呼んだとのことでしたね。
 
二人ともとても小柄で、同じく小柄な私と私の友達と一緒に写真撮ってもらった
けどたいして変わらない背の高さでした。おそらく体重は私より軽いのでしょう
ねぇ・・・。
イメージ 1
 
ロードレース中継を見ている人はご存じと思いますが、現在渋谷のアップリンク
・ファクトリーで「ブラッド・スウェット&ギアーズ」と「ビヨンド・ザ・プロトン2009」「2010」
の三作品が上映されています。
同じ日にこの三本は見られないスケジュールになっていますし、昼間だけの上映
なので、普通の会社員の方々は土日に行くしかなさそうです。
 
私は自由業なので平日に行きました。小さな映画館の半分くらいしか席が
埋まっていませんでしたが、観に行った「ビヨンド・ザ・プロトン2009」は他の
2作品よりも時間が長いので、とりあえずこの日は一本だけ見ることにしました。
 
映画は2009年に発足したチーム、サーヴェロにカメラが入って春のクラシック、
ジロ、ツールと追いかけていく構成でした。わりあい淡々と進んでいく感じですが、
サストレ、フースホフト、ハウスラーのファンの人たちにはきっと感慨もひとしおの
映画になっていることと思います。
 
…だけど私はサーヴェロにいたメンバーにはあまり詳しくないので、もうちょっと
お勉強していけばよかったと思いました。特に選手の名前はみんなファースト
・ネイムで呼ばれていることが多いので、フルネイムで憶えておく必要が有ります。
イメージ 1
三時間くらいの映画でちょっと長めなので、途中、ジロが終わったあたりで
ちょっと疲れてきました。この辺で休憩したかった…。
 
フースホフトが主に出てくるあたりでは、カベンデッシュがもっぱら「悪役」として
登場しているわけですが、近々上映の「チェイシング・レジェンド」はHTCの側から
撮っているので(ちょうどこちらも2009年のツールだし。)両方見ると面白いかも。
 
残りの二本は近いうちに見に行く予定です。
 
今年に入ってからブログがなんだかなかなか更新できてません。いろいろと
忙しかったり、行くはずだったロードレース観戦旅行を取りやめにしてしまったため、
「ネタがない。」ということも有りますが、なんだかブログ書くの飽きちゃったのかも
しれません。
 
今年はGiroの終盤は仕事で北海道に出張しており、帰って来てから録画したのを
少しだけ見たりしましたが、予想通りの展開がちょっとつまらなく感じてしまいました。
「あ〜〜あ…。」 ってこれ↓は私の写真ではありません。
イメージ 1
初めて旭山動物園に行きました。 驚くべきものは別にないけど、手作りの良さが
感じられる温かみのある動物園でした。そういうことってもしかしてこれからはとても
だいじになって来るような感じがします。 便利すぎるもの、豪華すぎるもの、整い
すぎてるもの、私はあまり魅力を感じません。あなたは?
先日親戚の結婚式に出席した。そこの家では昨年、新郎の母方の祖父母が相次いで亡くなったが、妹が結婚した。父方の母はガンを患ったが回復。結婚した妹は
妊娠して、初孫の誕生を楽しみにしていた父だったが、定年退職したばかりで突然
逝ってしまった。なので彼は結婚式も延期しようかと考えたが、何より楽しいことが好きだった父を思って予定通り結婚式を挙げたのだった。 暖かくて楽しい素敵な結婚式だった。 
 
我が家には良くも悪くもこんなにいろんなことが起こったことはないのだが、こんな光景を見ると「禍福はあざなえる縄のごとし。」ということわざを思い出す。
 
自転車レースを見ていても、そんなことを思うことは時々あるけれど、昨日レース中の事故で亡くなったウェイラントもまた、あざなえる縄に巻き込まれてしまったような運命だった。
 
じつは私はウェイラントのことを良く知らなかったのだけど、探してみたら昨年4月の
シュヘルデプレイスでボーネンの隣でステージに上がっていた彼の写真があった。
この時は親友だというファラーがこのレースを勝っている。昨年のジロ、第三ステージではウェィラントが勝利。…しかし今年のシュヘルデプレイスでは、ウェィラントは
ファラーと共に落車、ファラーは勝利できなかった。そしてジロ第二ステージでウェイラントは事故死。しかし、今年今年9月には子供が生まれる予定だそうだ。
ご冥福をお祈りします。そしてこの先ジロが安全でありますように。
イメージ 1
2010シュヘルデプレイスのスタート前。二人の視線の先にはかわいいちびっ子ライダーがいる。
このところしばらく行ってなかった美術館。
先日友達と岡本太郎展に行きました。たまたま知人にチケットもらったので
観に行ったのだけど、正直そんなに好きなわけじゃあありません。しかし、その
存在感はやはりたいへんに強烈。
観に来ている人は案外若い人が多かったなぁ。どらまやってたせいかな?
イメージ 1
時代背景と共に見ていくととても面白いと思います。
会場内の最後のところで「太郎ちゃんみくじ」が引けます。・・・ちなみに私が
引いたのは…
イメージ 2
・・・生きてること自体芸術的でない人は、芸術家になれないってことか・・・?。
友達が引いたおみくじには「成功は失敗のはじまり。」だと…。

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事