「皇国の興廃懸りて原子力にあり」

感情で判断したことはだいたい間違ってます。世の為人の為、日本国の為に原子力を活用しよう

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全118ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



原子力発電所の安全対策の費用が年々増加し、電力11社で少なくとも5兆円を超えるらしい。
へ〜〜そんなもんか。
原発が稼ぎ出した金額300兆円(筑波大学中川八洋名誉教授調べ)に比べればなんて事ない金額だ。
これからも原発を動かしてどんどんお金を稼いでもらい、廃炉費用は原発自身によって稼ぎ出させれば良いのである。



六ヶ所村再処理工場でも再処理に際してトリチウムが発生する。
そこでは沖合4kmまでパイプで運んで海中に投棄する。
東海村再処理施設でも同じように海中投棄だ。
だがそれで大洗のサーファーがどうなったとか、日立お魚センターや大洗の魚屋が風評被害を蒙ったなんて話は全く聞かない。
あっちが良くてこっちはダメでは筋が通らないし、何より非科学的である。

薄めて海に流す!

当たり前のことだな。


トリチウム含む処理水「長期保管」議論 恒久的には否定的意見

8/10(土) 10:51配信

  
福島民友新聞
トリチウム含む処理水「長期保管」議論 恒久的には否定的意見
長期保管について議論を始めた政府の小委員会
 東京電力福島第1原発で増え続ける放射性物質トリチウムを含む処理水の処分方法を検討する政府の小委員会は9日、都内で会議を開き、漁業関係者を中心に要望のあったタンクによる長期保管の議論を始めた。恒久的な保管に否定的な意見が大勢を占め、風評被害に対する理解が進むまで期限を決めて保管する案などが出された。次回以降も長期保管に関する議論を継続する。
 東電は8日に公表した第1原発敷地内での保管計画に基づく137万トンの容量に、早ければ2022年6月にも到達するとする試算について説明。タンクの大型化で容量を増やすことや敷地外への移送などは困難だとして長期保管は難しいとの見方を示した。

 

再生可能エネルギーの克服できない欠点はエネルギー密度の低さにある。
だから広大な面積の森林を伐採しなければならない。
密度を高めて使い物になるようにするには膨大なコストがかかるのであるが、破壊される自然環境はコストに算入していないらしい。馬鹿な話だな。

大手企業でもこのザマか・・・・・・・


京セラの「自然に優しい」太陽光発電がイワナ・ヤマメを全滅させた!

8/4(日) 8:00配信

デイリー新潮
京セラの「自然に優しい」太陽光発電がイワナ・ヤマメを全滅させた!
濁った川(撮影・吉川譲)
 自然に優しいエネルギーの決定版のように語られる太陽光発電だが、京セラによる発電所の設置工事現場では、聞こえるのは悲鳴ばかり。引き起こされていたのは「自然に優しい」が聞いて呆れる環境破壊だった。

 茨城県の水戸や日立よりもさらに北の山中を訪れると、山林が禿げたように切り開かれ、下から眺めると、遠目に太陽光パネルがうっすらと見えた。
 今なお工事中の、この国木原太陽光発電所について、ネットなどには、「日本の未来に貢献」といった文言が躍るが、現場の下方を流れる十王川の川底には、異常なほど土砂が溜っているのが、素人目にも確認できる。その上流の黒田川に至っては、堆積した砂が水面の上にまで顔を覗かせる。

「未来に貢献」するどころか「未来」を「破壊」しているようにも見えるが、地権者の一人は未来に期待していたと、こう語る。

「この地域は過疎化していて、産業を興すことは難しい。でも、太陽光発電を始めれば、荒廃した山を宝の山に変えられます。県や市は動いてくれないので業者を探しましたが、土地を売りたくないので、賃貸で発電事業を進めてくれる業者を選びました」

 結果、元請け業者は京セラの子会社、京セラコミュニケーションシステムに決まった。ところが、

「工事が始まると土砂が流れ出た。雨が降るたびに粘土質の黄色い土砂が流れ出し、工事が始まってから時間が経過しても、全然改善されないのです」

 地元の関係者に、もう少し詳しく語ってもらおう。

「十王川では毎年4〜6月にヤマメやイワナを放流して釣り客を誘致し、住人は日釣り券の売り上げを生活の足しにしてきました。漁協もあって組合員が200人くらいいます。ところが昨年は、放流した稚魚が全滅。粘土質の土砂が混ざった濁流が流れ込み、土砂がエラに詰まって窒息死してしまったのです。魚を狙う野鳥も現れなくなりました」

 このためやむなく、

「漁協主催の釣り大会も昨年は中止に。昨秋、京セラ側から漁協に補償として120万円支払われましたが、土砂の状況は一向に改善されない。でも、今年は京セラ側は、漁協の要求に梨のつぶてだとか。今春の漁協の総会では、組合を今年度一杯で解散するという話になったようです。水田にも土砂が流れ込んでいます」

土も固めないまま
 どうしてこうなるのか。工事関係者に尋ねると、

「京セラの子会社の下に下請けがいますが、県も“京セラの看板があるなら大丈夫でしょう”と、安心して許可を出した。工事は2017年末ごろ始まりましたが、手順が滅茶苦茶でした。木を伐採すると土地の保水能力が落ちます。だから木を伐る前か、遅くとも並行して、水を溜める調整池を設ける必要があるのに、それを作らなかったのです」

 別の工事業者に話を引き継いでもらう。

「県の指針で、雨を集める調整池の設置が定められているのに、当初それをまったく作らず、県に言われてようやく作った。ところが、その後も調整池に水が溜ると、ポンプを入れて濾過もせず強制排水していた。調整池の役割をまったく果たしていません」

 それにしても杜撰だが、なにゆえそうなるか。

「掘り起こした土は軟らかく、そのままでは降雨や少しの揺れで崩れます。そのため“転圧”といい、土に荷重をかけて固める必要があるのですが、それがなされていなかった。だから、調整池がすぐに土砂で埋まってしまい、そのたびに土砂を川に流していた。技術者のレベルも低すぎます」

 自然に酷な発電所。
京セラコミュニケーションシステムの広報宣伝部は、

「川に土砂が流れ、調整池からも土砂を含んだ水が流れ、県から指導を受けたのは事実ですが、改善は進んでいます。補償金もお支払いし、川に溜った土砂については、協議することで合意しています」

 と答えた。しかし、これが例外ならまだしも、

「太陽光発電は、福島の原発事故以降、急速に進んだため、規制がないに等しい。自治体ごとに指針を設けるなどしているものの、業者は高い利益率を追い求めて工事費用を安く済まそうとするため、このケースのように平気で破られてしまう。その結果、全国で同様の被害が出ています」(さる科学ジャーナリスト)

 再生可能エネルギーの普及を謳う前に、その安全性を点検すべきではないのか。

週刊新潮」2019年8月1日号 掲載

人間は有史以来いろいろなエネルギーを使ってきたが、その歴史はエネルギー密度の低いモノから高いモノへのシフトだった。
山の木を伐って薪にする→木炭→石炭→石油→天然ガス→原子力
結局、この順番で環境に優しくなった。
山の木を伐って太陽光パネルを並べる?原子力から原始力への回帰だなw

脱原発猿供は未だに再生可能エネルギーとやらに儚い夢を抱いているようだが、エネルギー密度が原子力並みになったら考えてやっても良いぜwww




やっぱりこの爺ィ伊達に脱原発なんて主張してる訳じゃないな。


広瀬隆「なぜ朝鮮戦争が起こったか」〈週刊朝日〉

面白いよwww


つーか・・・・狂ってるだろwww


イメージ 1
生きててよかった国とは理屈が通る国。
感情に流されずに冷静な判断が出来る国。

脊椎反射で「原発怖いウッキャッキャー」が冷静な判断か?

オイラから見れば山本太郎なんてのはうろたえ者にしか見えない。
今回は脱原発がトーンダウンし経済政策を主に主張していたようだが、脱原発と経済は明確に矛盾する。
そして経済こそが命だ。
うろたえ者だから矛盾に気が付かないのだろうか?
所詮そんな程度かもね。

聞いた話じゃ山本太郎は電気は天然ガス火力でイケると言ってるそうだ。
だが、二酸化炭素削減は今や世界的コンセンサスになってしまっているが、コイツが世界を説得できると思うか?
エネルギーを外国に頼った結果300万人が死ななければならなくなったのはつい70数年ほど前だが、すでに喉元を通り過ぎたか?平和ボケ供www


台風の目「山本太郎」でいいのか 反原発で議論妨害、「マトモではない」

7/31(水) 17:00配信

  
デイリー新潮
台風の目「山本太郎」でいいのか 反原発で議論妨害、「マトモではない」
「れいわ新選組」の山本太郎代表
 今回の参院選で、思わぬ躍進を見せたのが「NHKから国民を守る党」、そして山本太郎代表の「れいわ新選組」だった。きたる衆院選には山本代表が自ら出馬し、100人の候補者を立てるとしている。そこで思い出されるのが、過去の過激な振る舞いである。

 ***
〈生きててよかった。そう思える国にしたい〉

 演説などでこう訴える山本代表の“語り”は、どこを切り取っても分かりやすい。それゆえ、「れいわ」は大衆に迎合するポピュリズム政党と目されているが、

「大阪都構想が大問題であるかのように煽って、対立軸を作った大阪維新の会の煽動的ポピュリズムとは異なります。れいわが取り上げる問題は、民衆が抱えているリアルな悩み」

 と、帝塚山学院大学の薬師院仁志教授は分析する。それゆえ、今後国会の“台風の目”になる可能性を秘めているというところだろう。

 一方、山本代表は原発事故に際し、“煽動的”な物言いで、風評被害に苦しむ福島の住民を絶望に追いやってはいなかったか。それは「生きててよかったと思える国」とはかけ離れたものでもある。〈あなたの身体は被曝し続ける〉〈東日本の食材を僕は食べない〉――2013年頃には、山本代表はブログでこう主張していたのだ。
「山本さんは反原発運動を盛り上げるために、福島の野菜が毒物であるかのように喧伝しました。絶対忘れないし、絶対許しません」

 と、福島県で農業を営む40代の女性は、いまなお怒りを隠さない。彼の反原発運動をめぐっては、東工大先導原子力研究所特任教授の奈良林直氏も当時をこう回想する。

「特に印象に残っているのは、原子炉施設の安全総合評価の意見聴取会を妨害されたことです。毎回のように傍聴席に山本さんがいて、だんだんと“許さない”“反省しろ”などと怒鳴り散らすようになりました。原発反対派の委員が喋ると拍手をして、賛成派が喋ると罵倒する。議論に支障をきたすようになって、7回目からは傍聴席がなくなり、経産相だった枝野幸男さんが、傍聴席からの妨害を許したことを深々と謝る事態にまでなりました。ところが、傍聴席がなくなったことに抗議して、山本さんを先頭に反対派が乱入してきたんです。安全性についての議論を妨害するなどマトモではないと思いました」

 民主主義的な手続きを、罵声と乱入で妨害……。そんな山本代表を支持する国民の意思が、今回の参院選で「れいわの2議席獲得」という結果をもたらしたわけである。8月1日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

「週刊新潮」2019年8月8日号 掲載

 

全118ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事