「皇国の興廃懸りて原子力にあり」

感情で判断したことはだいたい間違ってます。世の為人の為、日本国の為に原子力を活用しよう

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

人気ブログランキングに参加しています。
読み逃げされませんように、まずはここをポチッとお願い申し上げます。
イメージ 2


イメージ


--------------------------
無駄の公開点検…原発や五輪関連など55事業
河野太郎行政改革担当相は30日、各府省庁の事業の無駄を点検する「行政事業レビュー」の対象を発表した。原子力発電や2020年東京五輪・パラリンピック関連など計55事業で、来年度の予算要求は総額13兆6000億円。来月11〜13日に公開検証する。
 
レビューは第2次安倍内閣でも実施したが、河野氏は記者会見で「原子力関係の予算を取り上げてこなかった。そこが一番大きな違いだ」と意気込みを述べた。
 
河野氏が特に重視するのが、「使われないのに年間12億円の税金」と指摘する日本原子力研究開発機構の輸送船「開栄丸」の維持管理費。同船は新型転換炉ふげん(福井県敦賀市)の使用済み燃料を輸送する役割があるが、ふげんは2008年に廃炉計画が認可されている。
 
河野氏はまた、文部科学省と経済産業省が原発関連の類似事業に交付金を出しているとして、使途を解明する考えを示した。
 
このほか、日本スポーツ振興センター運営費交付金の必要経費(163億円、文科省)▽全国各地で文化プログラムを推進する「リーディングプロジェクトの推進」(13億円、文化庁)▽「強み」のある食品の産地形成に向けた取り組み(23億円、農林水産省)などについて、河野氏は「五輪便乗事業」の可能性があるとみている。(2015.10.30毎日新聞)
---------------------------
 

日本をダメにするために必要なものをどんどん削減した民主党政権の事業仕訳。河野太郎は自民党の蓮舫を目指しているようです。

 
それもそのはず民主党政権の時に事業仕訳を評価していたのが河野太郎でした。
 
しかも河野太郎と言えば社民党でも通じるくらいの反原発派の急先鋒で、今回の行革の無駄見直しも55事業のうち約半数の23事業が彼が潰したい原子力関係です。
 
また、国際宇宙ステーションやスーパーコンピューター「京けい」の後継機「ポスト京」の開発費の見直しや強みのある食品の産地形成に向けた取り組みまでもが見直し対象になるという。
日本人から夢や希望や日本の技術ややる気までも無くしてしまおうというのです。
 
特に記事にある「使われないのに年間12億円の税金」と指摘する日本原子力研究開発機構の輸送船「開栄丸」の維持管理費。
 
これはふげんの使用済み核燃料や六ヶ所再処理工場からのMOX粉末、そして「もんじゅ」の照射済み試験燃料の輸送を行うための船で、現在使われていないから無駄だと言って無くそうとしています。
 
これでは本末転倒です。止まっている「もんじゅ」を早く稼働させてこの船を使えばいいだけです。この「もんじゅ」こそ日本の技術による成功が国益になるのです。
 
しかし河野太郎は反原発派に担がれており、日本から原発をなくすことが国益だと思っている愚か者です。日本から原発がなくなり「もんじゅ」をやめることはどこの国が喜ぶのか。まさにシナの工作員・蓮舫と同じく日本を売る行為となるのです。
 
日本の無駄とはそういうものではないのです。
本当の無駄は今も払い続けているシナへの数十億円のODAや、作業をしていないのに毎年100億円をシナ払い続けている遺棄化学兵器の費用です。この遺棄化学兵器をごり押ししたのが河野太郎の父・河野洋平です。
 
特にシナODAで有償資金の約3.3兆円のうち貸付金2.8兆円の元本回収は1.2兆円だけであり、残り1.6兆円が今も未回収です(2013年時点)。
 
また、憲法違反の外国人への生活保護費1200億円も無駄であり、外国人留学生への300億円の支援金、そのうち7割がシナ人です。これも無駄です。さらには毎年3000億円も払う沖縄振興資金も無駄。高校無償化4500億円も無駄です。
 
そして必要なものを無くそうとしている行革担当の河野太郎も無駄な存在なのです。
 
・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。
河野親子揃っていらない存在だ、と思った方はここをポチッとお願いします。
イメージ 2

転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事