NPO法人生涯音楽アカデミーのブログ

神戸・大阪・音楽事業・保育・幼児教育・音楽療法・子育て支援・講習・研究会・絵本ミュージカル

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

高槻市私立幼稚園連盟の職員研修をしてきました。


日時:2009年4月22日 15:00〜17:00

場所:高槻双葉幼稚園

参加人数:約60名

内容:
音楽をつかったコミュニケーションワーク
リズム遊び
絵本から始まる音楽遊びとアンサンブル
幼児の歌唱指導
など


皆さん、さすが幼稚園の先生だけあって意識が高くとても充実した時間が過ごせました。

依頼があった時から、具体的な要望がかなり挙がっていたので熱心さは伝わっていたのですが、

とてもスムーズな流れで講習できました。



今回再認識した事は、レクリエーションの精神の重要さですね。

私は、子ども達や職員の皆様と音楽を通じて出会っていってる訳ですが、

アイスブレーキング(心をときほぐす)やホスピタリティ(思いやり、心からのもてなし)というレクリエーションで学ぶこの精神が子どもの心を解放させ、そして初めて心の奥底に音楽の楽しさが染み込んでいくのだという事です。

私は講習の流れとして

.譽リエーション的な遊び

▲螢肇潺奪的アプローチ

オルフ音楽教育的アプローチ

の順番を大事にします。


まず、,膿瓦魍いてもらい、知らない参加者同士が音楽を通じて繋がる楽しさをしってもらいます。

そして、△離螢肇潺奪で音楽の基本的な部分を身体で感じてもらい、

のオルフ的なアプローチで楽器のアンサンブルや創作表現を楽しんでもらいます。

例えばたった2時間の講習でも、あっという間に友達になれた気がします。とアンケートに書いていただけるので、とてもうれしいです。

わたしも、この3つに出会えた事で人生がおおきく変わりました。


自分が出会ってきた音楽教育の世界には「嫌だな〜」と思うこともありましたが、この3つには決して

「オンガク=音が苦」はありませんね。

この記事に


.


みんなの更新記事