流離う大阪人

opt-room 藤本晃敏のブログ

全体表示

[ リスト ]

親しくさせて頂いているS木様より、掛け時計の修理依頼を頂いた。

先週の土曜日にわざわざお持ち頂き恐縮です。

早速、内部の機械を外して・・

イメージ 1


この時にも、外装の痛みなども確認します。

そして機械の状態確認。

イメージ 2


発条(ゼンマイ)などの様子もしっかりみておかないといけません。

部品の痛みは殆どなかったようなので、まずは分解掃除。

組直して具合を見て行くということになりました。

S木様へ、修理完成までしばらくお待ちくださいね。



そして・・

昨日は私の古くからの知人であるA嬢から時計の修理品をお送り頂きました。

こちらもまた追って記事にしたいと思います。

この記事に

閉じる コメント(4)

昔から時を刻み続けてくれた時計を大切に修理しながら使い続ける。。凄くステキなことですよね!
それを修理するスキルがある人が減っているような気がします。
幸せなお仕事ですね〜!

2010/1/18(月) 午後 6:09 ぶどう 返信する

顔アイコン

ぶどうさんへ、コメントありがとうございます。
・・時計の修理なんですが・・どこかで書いたと思ったのですが・・
修理を行っているのは私の父です。
仰るように修理出来る人がどんどん減ってしまっています。。
私は眼鏡とジュエリーデザインの方が専門でして・・汗

2010/1/18(月) 午後 8:53 [ 流離う大阪 ] 返信する

顔アイコン

子供の頃、「Intelの分解君!」の様に、家の時計を2・3個バラバラにして怒られた覚えがあります。・・・笑
分解の様子拝見すると、久しぶりにワクワクして来ました。・・・爆

よろしくお願いいたします。 削除

2010/1/19(火) 午後 5:52 [ S木 ] 返信する

顔アイコン

S木様へ、コメントありがとうございます。
機械式時計はそれなりに複雑なところもあり・・なかなか大変なようです。
お預かりした時計は、まだまだ機械そのものはしっかりしているので大丈夫だと思いますよ。

2010/1/20(水) 午前 11:05 [ 流離う大阪 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事