流離う大阪人

opt-room 藤本晃敏のブログ

全体表示

[ リスト ]

A女史よりの修理依頼の掛け時計ですが、機械は思いの他しっかりとしていました。

ところが一旦分解してみると、構造がなかなか厄介なもののようでした。

全体を掃除し直し、注油と調整を行い、組み直して動作確認を行ったのですが・・

時報の送りと音鳴りがちょっと微妙な感じでした。

そこで再度、全部解体して組み直しの段階から微調整を加えていくことに。

現在は再度、動作確認中ですが今度は問題ないかと・・

イメージ 1


しかしA女史から、その後頂いたメールから、どうやらこの時計は少なくとも107年前のものと判明しました。

資料メールありがとうございました。

やっぱり古い機械式時計はいいですね。

<送って頂いたメール内容>
The E.N. Welch Manufacturing Company, formed July 6th of 1864, was a joint stock corporation built to succeed an older private clock making firm. Elisha N. Welch had been located on that same street, East Main Street, in Forestville, Conn., since he took over the existing business of J.C. Brown in 1856.

In 1869, a new movement shop was built. This added to the two factories that the firm already used. Between the years of 1868 and 1884, another firm called Welch, Spring and Company was formed. This branch focused on a more expensive line of clocks. The Welch firm was known for its incredibly beautiful rosewood cases, even though in 1885 the firm started switching to solid walnut.

In 1899, two fires destroyed the business. Though the firm rebuilt, they were never able to recuperate. The business got bought out, and the Welch Company became the Sessions clock company on January 9th, 1903.

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事