流離う大阪人

opt-room 藤本晃敏のブログ

全体表示

[ リスト ]

大型柱時計の修理

大型の柱時計。
 
ホールクロックと呼ばれる場合が多いものです。
 
勿論、そういった時計の修理もまさ屋では行っております。
 
では大型の時計をどうやって運ぶのか??
 
時計全体を運ぶことはありません。
 
機械部分のみを取り外し、オーバーホール等の修理を行い、再度組み込むのです。
 
イメージ 1
 
現在、お預かりしているホールクロックの心臓部。
 
オーバーホール・修理は終了し、動作確認を行っています。
 
こういった仮の枠組みで、その動作を確認してます。
 
イメージ 2
 
最終的な確認が終了してから、これを元通りのケースに組み込むのです。
 

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

プロのお仕事ですね〜。
すばらしい。

2011/4/26(火) 午後 9:54 [ epoisses ] 返信する

顔アイコン

epoissesさんへ、連続コメントありがとうございます。
ウチの父の仕事なんですが・・汗
残念ながら私が後継していないので限りある技術となります・・

2011/4/27(水) 午前 2:46 [ 流離う大阪 ] 返信する

やはり一朝一夕では出来ない技術なのでしょうね・・・。

2011/4/28(木) 午後 3:15 takutaku! 返信する

顔アイコン

takutakuさんへ、連続コメントありがとうございます。
そうなんですよね・・・
ホイホイできる話ではないんです。。
先細る技術で、寂しい限りです。

2011/4/29(金) 午前 2:41 [ 流離う大阪 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事