ここから本文です
ハンドメイドルアー Lepton
ハンドメイドルアーLeptonのブログです
2018年モデルのフォトン90USとフォトン75横アイSPの製作カラーは、
アユ、チアユRB、ライムチャートの3色です。

久々の製作のチアユRBは開発時からよく使用していて実績の高いカラーです。
ベリーのレッドはサツキマスの朱点の色に似ていて、サツキマスに対しアピールの高い色だと考えています。

イメージ 1
イメージ 2


この記事に

開くトラックバック(0)

謹賀新年

イメージ 1

あけましておめでとうございます。
昨年は皆様方には大変お世話になりました。
今年もルアー製作、開発とも頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いします。

この記事に

開くトラックバック(0)

スグラ150S カラーチャート(画像はプロトモデル)

マイワシ
イメージ 1

紫イワシ
イメージ 2

カタクチ
イメージ 3

カマス
イメージ 4

サヨリ
イメージ 5

チャートバックグローベリー
イメージ 6

ピンクバックグローベリー
イメージ 7


各色背中のカラー
イメージ 8

この記事に

開くトラックバック(0)

スグラ150S

スグラ150S(2017年10月リリース予定)
イメージ 1

15cm 約67g(本体)  約71g(推奨フック装着時)  発泡樹脂製シンキングモデル
推奨フック(テイルのみ) がまかつ SP-XH #1 または カルティバ ST-66 #1/0 または #ST-X68 #1/0  (フックは付属しません)
適正ライン:PE3〜6号  
発泡樹脂用強化コーティング採用

スグラ150Sは青物をターゲットとした発泡樹脂製プラグです。

飛距離とアクションを両立させるためテイルフック1本のみを装着下さい。
フッキングは早あわせは禁物、魚の重みが十分乗ってから合わせて下さい。
イメージ 2



シンキングモデルですがジャークするとダイビングペンシルのようなS字アクションでアピールします。ジャークを止めればフロント面で水を受け慣性で水面に向かいます。波があるときなど水面をはねやすい時はカウントダウンして沈めてからジャークすると水中でアクションさせやすくなります。
ダイビングペンシルを使用していて、水中でしかバイトしない状況などではシンキングモデルの方が有利です。


リトリーブではワイドウォブリングでスイム。時折水面に出るくらいのファストリトリーブを基本に状況に合わせて超スロー〜超ファストリトリーブまで調整して下さい。巻きも軽く、超ファストリトリーブでもヘッドが水中に突っ込み過ぎないので使いやすいです。ジャークとリトリーブを組み合わせるのも効果的です。


波のある状況ではスプラッシュやポッピングも演出出来ます。波の頂点より向こう側にルアーがある時にジャークすると良いです。


レプトンプラグ史上最大の飛距離です。
揚力のある設計で、向かい風では風を受けゴルフボールのバックスピンのようにひと伸びします。
他のプラグよりライナー気味の低い軌道でキャストして下さい。向かい風に強く風速10m位まではロングキャスト可能です。(PE3号以上を使用下さい。)

スグラ150Sは当社設計、日本製(社外製作品)です。
画像はプロトタイプです。

この記事に

開くトラックバック(0)

この度レプトン初となる発泡素材製プラグのスグラ150Sを発売します。


今までのレプトンのルアーは全てビルダーの名和が木材を手で削り出したものです。
アングラーの方々から高い評価を頂きリリース即完売の状態で大変有難く思っています。


自分自身、前職で自動車部品の開発をしていたのもあり、新しいルアーを開発したいという気持ちが常にあります。しかしながら、新作ハンドメイドルアーをリリースすれば何かを廃盤にしないといけない状況です。
すでにシーバス用ルアーはほとんど製作出来なくなっています。


そのため、バルサ製で無くともその良さが表現出来るものは社外で製作してもらうこととしました。


素材は、今まで製作していたバルサに最も近い材質として軽比重(桐材位)の発泡素材を選びました。素材が軽いということは内部ウェイトを重くすることが出来設計自由度が高く、上手に設計できれば飛距離やアクションで有利となります。強度よりも性能を重視しこの素材を選択しました。発泡素材の中では比重のばらつきが非常に少ないのも選んだ理由の一つです。


コーティングは新たに発泡樹脂用に使用できるものの中から、各種銘柄や配合などをテストし現在選び得るなかで最高のものを採用しました。ただ、残念ながらハンドメイドに採用しているコーティングの強度には及んでいません。
しかしながら、発泡樹脂はウッドのような吸水を起こさないのでフックで穴が開いたり、ヒビが入ったとしてもとりあえず使い続けることが出来ます。
(釣行から帰ったら水洗いし乾燥させた後、瞬間接着剤等で接着、補修して下さい。)


スグラ150Sの詳細については別ページにUPします。


バルサ製ハンドメイドルアーの開発も進めていますので期待しておいて下さい。


                                              2017年9月18日
                                             レプトン 名和      

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事