Salon de Les Anges

鎌倉 レ・ザンジュで開催するライフスタイルサロンのご紹介

サロン開催風景

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

 
2月7日
 
 
バレンタインを控えた第8回のサロンは『大人のバレンタイン』をアカデミックに開催しました。
 
イメージ 1
 
今回は高瀬先生のお話の前に、上地先生からチョコレートの意外に知らないお話しを伺いました。
 
イメージ 2
 
イメージ 12
 
カカオの実からチョコレートができるまでと、お菓子の材料として使われるチョコレートについて
 
現物のサンプルを味わいながらお勉強の時間です。
 
イメージ 18
 
この見た目が甘酒みたいなものは
 
カカオの実の中で種を守っている白い綿状のものをジュースにしたものです。
 
鮮度が良くないと食用にはならないので
 
ほとんどがカカオの原産国で消費されているもので
 
今回は上地先生が冷凍で持ち込み参加の皆さんで味見しました。
 
大変貴重なこのジュースはトロピカルジュースの様で
 
バナナやライチのような風味でチョコレートらしさはまるっきりありません。
 
今回参加された方々は大変幸運です。
 
イメージ 19
 
皆さん本当に真剣な表情で興味深く聞いておられました。
 
引き続き、高瀬先生の登場で雰囲気は和んでいきます。
 
イメージ 20 イメージ 21
 
季節先取りの花々とチョコレートだけではないバレンタインギフトのお話からスタートです。
 
マイクフェリーのデザインのアロマポットや見た目も美しいコロン
 
また、品のある洒落た文房具などをプレゼントに・・・と提案。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
季節の花も大人色のスイートピー、アネモネ、ガーベラなどをご紹介いただき
 
美しさにため息が出るようです。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
伊豆半島北東部などでよく飾られるつるし雛につても本物を見ながらお話ししていただきました。
 
(ちなみにこのつるし雛は上地先生がお持ちくださいました)
 
イメージ 14
 
後半はお待ちかね、サロンのスペシャルスイーツです。
 
イメージ 7
 
暖かいチョコレートドリンクで始まり
 
原料となるカカオの産地別にチョコレートのプレートを構成したデセールコースは次の通りです。
 
イメージ 8イメージ 9イメージ 10
 
イメージ 11
 
バレンタインの思い出などを話しながらの和やかな時間・・・でしょうか。
 
イメージ 13
 
今回、お持ち帰りいただいたのは可愛いポットに入ったアネモネ、スイートピー、ガーベラです。
 
今回のお見おくりは女の子とつるし雛のお人形とチューリップ・・・
 
イメージ 15 イメージ 16
 
そしてレザンジュのサロンから見える中庭の餌台に
 
レザンジュのマークにもあるシジュウカラが来店しました。
 
イメージ 17
 
 
 
来月第9回のサロンは『春色レモン』と題し
 
鮮やかな黄色で皮まで食べられる瀬戸田レモンや
 
レモンイエローでフワフワの可愛い花をつけるレザンジュのシンボルツリー「ミモザ」を中心に
 
春の訪れを楽しむ工夫お楽しみいただきます。
 
 
次回は3月7日開催予定です。
 
 
 
 
 
◆◆◆ http://www.lesanges.co.jp ◆◆◆
 
 
 
 
 
 
1月10日
 
 
第7回のサロンは 『鎌倉の女正月』 と題し
 
小正月を楽しむご提案です。
 
1月15日前後を小正月とし
 
お正月も落ち着き女性も少しゆっくりできる頃。
 
女正月・・・高瀬先生のご提案は東北の良さを盛り込んだ鎌倉流でした。
 
イメージ 1
 
 
プレゼンテーションは意外にもモダンな和風。
 
 
イメージ 17 イメージ 16
 
今回は新年が明けてすぐと言うこともあってか
 
参加された方は7名でしたが
 
終始、こじんまりと和やかな雰囲気のサロンになりました。
 
イメージ 18
 
水引と大王松でお正月飾りダイナミックに作り上げました。
 
松葉は通常、二股に分かれていますが、大王松は三股にわかれており
 
京都・永観堂では「三鈷の松」と呼ばれ
 
松葉1本づつが「智慧」「慈悲」「真心」の三つの福を招くとされています。
 
イメージ 19
 
もち花と稲穂をお正月飾りにして
 
食に困らないように・・・と願います。
 
イメージ 2
 
重箱は先生がお持ちになった秀衡塗です。
 
秀衡塗は、平安末期、奥州平泉で栄えた藤原氏三代当主、藤原秀衡が
 
京都より職人を招き、この地方の特産である漆と金をふんだんに使い
 
器を作らせたのが起源だると言われています。
 
この重箱も年代物とお見受けしました。
 
イメージ 3
 
この片口とぐい飲み風の器は
 
山口県の萩で窯を持つ陶芸家、濱中史朗氏の作品です。
 
釉薬の加減が微妙な、伝統を守りながらもモダンさが伺えるとても味のある作品でした。
 
イメージ 4
 
季節を迎える蝋梅も微かにいい香りを放っていました。
 
 
そして今回のスペシャルスイーツは・・・
イメージ 5
イメージ 6
 
ガレット・デ・ロワはフランスの伝統的なお正月のお菓子です。
 
最近ではずいぶん売られるようになったのでご存知ですよね。
 
小さな陶器のフェーブは大人でも欲しくなりますね。
 
イメージ 7
 
フェーブの種類ってこんなにあるのを御存知でしたか?
 
イメージ 8
 
美味しいガレット・デ・ロワもフェーブを探しながらだと
 
ついついフォークを動かす手が早くなるようです。
 
イメージ 9
 
そして今回の主役は、実は今が美味しいイチゴです。
 
ミルフィーユのクリームにはお正月らしく柚子の隠し味が・・・
 
あまおうを贅沢に使ったムース仕立てのデセールがテーブルに運ばれると
 
皆さん子供に帰ったような歓声が響き渡りました。
 
製菓担当のレザンジュ・パティシエール、内野も嬉しい瞬間でした。
 
イメージ 10
 
アトリエでの仕上げ風景です。
 
 
そのころ高瀬先生は皆様がお持ち帰りになる花材などを調整中でした。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
参加いただいたお客様にお持ち帰りいただいたのは
 
もち花、稲穂、器、松葉などの「女正月セット」でした。
 
イメージ 13
 
そしてご家族へのお土産には
 
凝固剤を使わず低糖度に仕上げたレザンジュ特製のコンフィチュールです。
 
ソーダやシャンパンで割っても美味しく召し上がれます。
 
イメージ 14 イメージ 15
 
中庭ではまだ固い蕾の紅梅と店内の女の子がお客様をお見送りします。
 
ほとんどのお客様が次回の参加申し込みをされ私たちも励みになります。
 
 
次回は2月7日、「大人のバレンタイン」を予定いたしております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11月22日(木)
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
第6回サロンは 『 クリスマスのしたく 』 をご提案。
 
 
 
もう街はすっかりクリスマス景色です。
 
身近な自然の素材を工夫して、シックにクリスマスの飾りをするのが鎌倉流。
 
高瀬先生からご参加いただいた皆さんへそんなご提案のひと時でした。
 
 
 
イメージ 2
イメージ 3
 
白樺の皮にアレンジを加えれば
 
ちょっとした飾りやウェルカムプレート代わりになります。
 
贈り物の箱にも洒落たアクセントを加えれば
 
いただいた方も箱を開ける前から嬉しくなりますね。
 
そして高瀬先生がお持ち下さった秘密の箱の中身は・・・
 
ジノリの紙に包まれた鎌倉らしいリスのお弁当箱でした。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実もの枝ものを工夫して
 
素朴でも洒落たリースの作り方などをいくつも教えていただき
 
参加された方々も大満足の様子でした。
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レザンジュ鎌倉本店の中庭には百日紅の実がなり
 
こんな物もいい素材ですね・・・と言われ
 
レザンジュスタッフもはじめて気づいたり驚いたり。
 
 
イメージ 8
 
高瀬先生の素早い実演には
 
ただ感心するばかりでした。
 
 
完成していると思われたリースに
 
更にひと工夫。
 
なるほど〜。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サロンの後半は 「 Salon de Les Anges 」 のスペシャルスイーツです。
 
今回のデセールを担当したのはレザンジュのパティシェール、内野です。
 
少し緊張気味でも想い熱くメニューのご説明をしました。
 
イメージ 9
 
1皿目は
 
和ハーブと生ハム、
完熟ラ・フランスのサラダ仕立
特性ドレッシングで
 
2皿目は
 
じっくり煮込んだラ・フランスのコンポートと
ドイツの伝統クリスマス菓子シュトーレン
 
そして最後の3皿目は
 
ラ・フランスとミルクチョコレートの
ブッシュ・ド・ノエル
 
です。
 
 
 
 
 
ディスプレーはこんな感じです。
 
イメージ 10
 
手前右側が1皿目
 
奥が2皿目
 
手前左側のブッシュ・ド・ノエルは
 
切り分けてデコレーションします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
特性ドレッシングは
 
パティスリーならではの
 
ラ・フランスを使った
 
ほんのり甘いソースです。
 
生ハムに合わせるのは
 
メロンではなくラ・フランス。
 
品のある香りが特徴です。
 
 
 
イメージ 12
 
ラ・フランスのコンポートの中には
 
秘密のクリームとベリー系のフルーツが忍んでいます。
 
写真にはありませんが
 
ひと切れのブッシュ・ド・ノエルが添えられています。
 
クローブの香りとドライフルーツの味がしっとり生地にぴったりでした。
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミルクチョコレートとラ・フランスのムースは相性がいいですね。
 
ラフランスのジュレも加わり食感も楽しめます。
 
 「 Noel 」 はフランス語でクリスマスです。
 
サンタのデコレーションで参加された方々も気分はクリスマス。
 
 
イメージ 14
 
会話もはずむスイーツタイム。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
皆さんのスイーツタイムには
 
高瀬先生が
 
皆さんのお持ち帰り用の
 
花材と小物を準備中です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回お持ち帰りいただく中にガラスの器があります。
 
キャンドルを入れて灯したり、小さなお菓子を入れたり
 
使い方も高瀬先生流にご提案いただきました。
 
イメージ 16
 
この写真の
 
ガラスポットの中には
 
アーモンドショコラと
 
2種類のキッフェルを
 
クリスマスラッピングで入れて
 
ディスプレーしました。
 
 
 
 
 
 
 
お召し上がりいただいたシュトーレンと
 
ガラスポット用のアーモンドショコラ、2種類のキッフェルは
 
皆様のお帰りにお買い求めいただけるようクリスマスラッピングで準備しました。
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
最後に
 
シルバーのトナカイと
 
大津英敏先生の
 
リトグラフの女の子が
 
皆様をお見送りです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回は年内は最後のサロンとなりましたが
 
来年1月のサロンのお申し込みをされてお帰りになったお客様も多く
 
今年6月から始めた 「 Salon de Les Anges 」
 
年内に6回をご好評のうちに終われたのもご参加くださったお客様のおかげです。
 
来年も、より充実し楽しんでいただける企画とスイーツで
 
鎌倉の時間をご用意してまいります。
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
少し気が早いようですが・・・    よいお年をお迎えください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10月4日(木)
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第5回のテーマは『 収穫祭 』でした。
 
 
実りの季節、収穫は感謝の心と共に楽しむのが「Salon de Les Anges」流。
 
さて今回はどんなお楽しみがあったでしょうか。
 
 
 
イメージ 2イメージ 11
 
高瀬先生が念入りに仕度したディスプレーはこんな感じに仕上がりました。
 
実りと季節の草木、ドライの花材もいきいき見えます。
 
 
 
イメージ 12
今回も
 
お話が始まると
 
皆さん
 
高瀬ワールドに
 
引き込まれます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
ジュズダマってご存知ですか?
 
昔は道端にも多くみられたそうです。
 
丸い実を取ると
 
ビーズのように穴があいていて
 
女の子は首飾りなどを
 
作って遊んだそうです。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14皆さんが聞き入るほど
 
高瀬先生のお話にも熱が入ります。
 
 
特に
 
枯葉のような
 
ドライのレモンリーフには
 
皆さん興味津津でした。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15器の展覧会図録さえ
 
ディスプレーになってしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16高瀬先生が
 
テーブルを回りながらお話し。
 
 
皆さん
 
メモをとったり
 
質問をされたり
 
先生との距離も大接近です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、次はレザンジュのサロン・スペシャルスイーツのお時間です。
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギャルソンも準備万端。
 
(高瀬先生のディスプレーの一部でした。)
 
 
今回のメニューは・・・
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デモのディスプレーは・・・
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4なんと
 
1皿目は
 
まさにフレンチのアントレのよう。
 
 
秋の味覚とパイを合わせ
 
トリュフ塩と巨峰ソースが
 
贅沢な秋の風味を演出します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
イメージ 6
 
2皿目、和梨のスープにはポワールウィリアムスを隠し味にしました。
 
3皿目、パイとタルトタタンはレザンジュお得意のスイーツです。
 
 
イメージ 7
今回のメニューには
 
皆さん驚きの連続だったようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
今回
 
皆さんに
 
お持ち帰りいただいたのは
 
お話しにあった
 
秋の花材と
 
写真の奥に見える
 
白い花器です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お持ち帰りいただく花材には
 
ドライレモンリーフに高瀬先生から感謝の一言を添えて・・・
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回ご参加のお客様からも、次回の参加申し込みをたくさんいただきました。
 
スタッフ一同、お客様からお褒めのお言葉をいただき
 
感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 
 
またお会いできる日までお元気で。
 
 
 
次回はクリスマスの準備をします。 お楽しみに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9月6日(木)
 
 
 
 
第4回のテーマは『山歩き』でした。
 
 
秋を待つ山、里山は豊かな姿を見せてくれます。
 
木々を見上げ、足元を見つめ
 
秋の季節を感じるワンポイントのお話を一足お先に楽しみました。
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
レザンジュ鎌倉本店の中庭には
 
白い百日紅が咲く季節です。
 
雪の様に
 
わずかな風で
 
小さな花びらを舞わせていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
高瀬先生が拾った緑色の栗の実は
 
僅かな時間で茶色になりました。
 
 
 
初秋の花や実と
 
緑を合わせてテーブルへ・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 イメージ 14
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秋の果実もカゴに盛って、緑の葉物を合わせると部屋のアクセントになりますね。
 
高瀬先生のホームグラウンドは小渕沢にもあるようです。
 
引き出しがいっぱいの先生にご参加いただいた皆さんも関心していたようです。
 
 
イメージ 16
 
初秋はピンクもいいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後半はスペシャルスイーツの時間です。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今月のメニューは・・・
 
イメージ 2
 
 
秋の味覚も国によって大きく違いますが
 
それぞれの良さを引き出し食べ比べるデセールコースです。
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは京都・丹波の栗で和風モンブランです。
 
ゴロッと大きな栗の渋皮煮も添えて。 ほんの少しだけ芋焼酎で香り付け。
 
器は日本の焼き物でいただきます。
 
上の写真で右側のお皿は、萩焼の人間国宝でもある坂田泥華作です。
 
 
 
イメージ 4
 
飾りのチョコレートも
 
シェフの手作りでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シェフも交えてスイーツ談義も栗のお話でしょうか。
 
 
イメージ 6イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランス産の栗は意外に少なく、この日は普段手に入らない貴重で高級な
 
フランス産、フランス加工の栗をふんだんに使いました。
 
 
フランス栗のムースにはレザンジュで定番のラム酒を、
 
イタリアの栗を使った焼菓子にはブランデーを合わせて大人の味に仕上げました。
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和みの時間はどうぞごゆっくり・・・
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高瀬先生と上地コーディネーターが、スイーツの時間を利用して
 
皆さんのお持ち帰り用花材とカゴをご用意いたします。
 
水揚げの弱い花材は、お渡しする直前にご用意する気の使いように感謝です。
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お召し上がりいただいたイタリア栗の焼菓子はお土産にお買い求めいただけます。
 
この日だけの限定ですのでもう食べられません。 あしからず・・・
 
 
イメージ 12
 
秋の素材はこんな感じで
 
バックの大津英敏先生の作品と
 
お帰りになるお客様をお見送り。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次回は 『 収穫祭 』 をテーマに10月4日(木)開催です。
 
皆様のご参加をお待ちしております。
 
 
お申し込み先 【 レザンジュ鎌倉本店 : TEL 0467-23-3071 】
 
 
 
 
 
 
 
 

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事