全体表示

[ リスト ]

28日の日曜日、柏崎マラソンを走ってきました!長くなるのでご注意ください

前日は22時過ぎには就寝して朝4時半に起床。諸々準備して自宅を6時過ぎに出発すると、会場には7時15分頃到着しました
駐車場は、会場となる柏崎市陸上競技場近くの中学校。陸上競技場まで徒歩3分くらいで便利です。駐車場はいろいろ点在していますが、どこも徒歩10分圏内にあるようです。車で参加するランナーにとっては好都合ですね

イメージ 1

天気は晴れ。風は微風とまさにマラソン日和
受付を済ませてウォーミングアップがてら競技場をゆるジョグして体の動きを確認すると、スムーズにスピードに乗れる気がしたので調子は良い感じです

いつものようにカステラ、甘酒をとってエネルギー補給し、15分くらい前にスタート地点へ。
スタートブロックは陸連登録のランナーとサブ3を目指すランナーが最前列で、その後方は目標タイムが30分刻みでブロックが分かれています。
サブ3.10を目指す自分は「3時間〜3時間半」のブロックに整列。もともと参加者が500人くらいなので、前に詰めていったらスタートラインから6列目くらいの位置でした
公認の大会ですが、同じ日に富山マラソンや金沢マラソンがあること、そして2週間後に新潟県マラソン選手権が控えているために参加者が少ないのかなという印象の大会です

さて、前置きが長くなりましたが、体調もスタート位置も良いし後はキロ4分半のペースを維持するだけ…周りに惑わされず、自分の走りに集中しようと心に決め、午前9時にスタートです!

イメージ 5

コースは、序盤の数kmは距離調整(?)のため少し遠回りしますが、基本的には海岸線を往復するコースです。原発の敷地を回り込むようになっている箇所が大きなアップダウンになっており、復路の30km〜33kmくらいに立ちはだかる登り区間でどれだけ粘れるかがポイントになりそうです

スタートから5kmまではキロ4分25秒前後。設定より少し速めに入ってしまったのでその後は少し抑え気味に走りました。10kmの通過は44分20秒で約40秒の貯金。

10km過ぎからは最初の登りが始まります。なかなか傾斜がありますが、何とかペースは維持できそうな登りですここまで同じくらいのペースで走ってきたランナーをこの登りで抜き去り、ちょっとした優越感に浸りました…でも下りで颯爽と抜き返されます

登り下りでペースは維持し、下り切った15kmからは防風林もない、もろに海風を受けるロードに突入です

風は南西の風で、往路は追い風になります。追い風のありがたさよりも、復路の向かい風の恐ろしさが頭をよぎりましたスタート地点は微風でしたがここはかなりの強風が吹いています。

潮風を浴びながらほぼイーブンペースで走ってきましたが、17kmくらいから体が思うように動かなくなってきました。体調や心肺は問題ないのに脚がどんどん重くなっていきます
まだ20kmにも到達していないのに、この脚の重さは何なのか…10km過ぎからのアップダウンで脚を使いすぎたのかと思い、しばらくして回復することを願いました。

海岸線は細かなアップダウンがありますが、中間点は1時間34分20秒で通過。タイム的にはほぼ予定通りです

しかし脚の具合は改善するどころか悪化する一方…
これはおかしい…力が入らない…
ペースは下降の一途を辿り、後続のランナーに抜かれ始めます
そして追い討ちをかけるように23km付近で折り返したあとは、案の定強烈な向かい風。脚が完全に止まり、折り返し後しばらくして歩いてしまいました…
歩き始めると、腿の裏とふくらはぎがかなり張っています。途中で止まってストレッチしてもあまり効果はなく、以降は少し走っては止まりの繰り返しに…

ここから先はとにかく辛かった残り20km弱を走り(歩き)切れるのか…周りで歩いているランナーは誰もいない…なぜ自分がこうなってしまったのか、自問自答しながら何とか前に進みました。

向かい風の強さは相変わらずで、ランニングシャツで挑んだ体は完全に冷えて鳥肌も立ってしまいました(このあたりは日差しも少なかったです)。

スタート前にポイントにしていた30km以降の登りもほとんど歩きになり、登りきったあとの下りもただただ辛いだけ…

そして残り2km。ここまで、2時間半以上もゆるジョグと歩きの繰り返しでしたが、ラストは何とか爪痕を残そうと、脚をバシバシ叩いて気合いを入れてスパートしました!
10人くらいを抜いて、最後はスタートと同じキロ4分30秒ペースまで戻してゴール!ゴール後はしばらく動けず、吐き気を催してしまいました…

イメージ 2

イメージ 3

後半はかなり歩いたのでペースのグラフはギザギザですね…

イメージ 4

その後は無料の豚汁で体を温め、しばしベンチに腰かけて休憩。冬の大会で本気でサブ3を狙おうと思っていた矢先でこんなレースをしてしまい、自分に失望してしまいました…

ちなみに大会そのものは、トイレの混雑も少なく駐車場からのアクセスも良いので、ストレスなく走ることに専念できる素晴らしい大会だと思いますエイドは水とスポドリとバナナだけとシンプルですが、「次のエイドは何があるんだっけ?」という余計な心配が不要なので、ある意味シンプルな方がいいかもしれません。ついでにゴール後は、となりの建物(アクアパーク)で割引き価格でお風呂にも入れます。
あとは天候(特に風の強さ)次第というところです
強風の中、スタッフの皆さんの本当にありがとうございました!

さて、これで今年エントリーした大会は終了です。
今年を振り返ってみると、美ヶ原トレイルは途中リタイア、くびき野100kmは中止など、今回の大会を含めてあまり良い記録を残すことが出来ませんでした。去年は5kmからフルまで自己ベストを出せていただけに尚更です

そして今回のフルマラソンでは脚力不足を痛感しました。おそらく、これまでスピード練習は陸上競技場でやっていましたし、ペース走も走りやすい地面のやすらぎ堤がメインでしだったので、普通のロードでソールの薄いシューズを履いて走ることに脚が慣れていなかったんだと思います。そして単純にロング走不足も敗因だと思います
今回の惨敗を糧にしてひとつひとつ課題をクリアしていき、再びサブ3を目指せるように鍛え直したいと思います

長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました!そして同じ日に走った皆さん、お疲れさまでした!

閉じる コメント(10)

お疲れ様でした!

まずはゆっくり休んでください!

文章だけみて、感じたことですが、入りがオーバーペースだとかんじました!10キロまではレースペースより5から10秒おとしても大丈夫であったと思います。


絶対てきなスピードを持ってますので30キロスギのくだりを利用してペースをあげてもよかったとおもいます!

足がはってたとのことなので、ロング走が不足していたかもしれませんね。

素人なりの見解です。つぎに向けてお互いにがんばりましょう!

2018/10/29(月) 午後 1:53 [ ゆうすけ ] 返信する

顔アイコン

お疲れ様です。
そうですね、駐車場と控室の体育館も近い場所でしたね😊
「柏崎潮風」に比べると「より競技的」な雰囲気ですね。
ハーフの原発上りもキツかったですが、フルは反対側からまた上って来るんですね💦
そのまま国道を真っ直ぐ行くコース、それでも高低差は以前よりも緩やかになった感じです😁

後半は過酷なレースでしたね。
元となる体調はもちろんですが、長丁場のレース…
風やその日の気候対策(ウェア等)も大事だったかもしれません。
シューズも大事な要素。薄底はスピードは出るけれど、後半の足を残すにはちょっと厳しくなって行きます。やや厚底、クッション性のあるものであれば後半も余力が残り、ネガティブスプリットも可能と思います。
トレイル、フル、ウルトラ…と長いレースをメインにする中、10キロやハーフなどのレースをトレーニングや走力確認などの一環としてもっと積極的に活用して行くと良いと思います。
来季レースに向けまた頑張って行きましょう✊
お疲れ様でした!

2018/10/29(月) 午後 5:53 [ col*rin*u* ] 返信する

> ゆうすけさん
お疲れさまです!
序盤は突っ込まないように気をつけてはいたんですが、調子が良かったせいかペースが上がってしまいました最初から飛ばすと後に響くという、典型的な失敗レースとなってしまいました

やはりロング走不足が悔やまれます。雪が降らないうちに、出来るだけ長い距離を走って鍛えたいと思います
これからもお互い頑張りましょう!

2018/10/29(月) 午後 9:10 [ lewis ] 返信する

> col*rin*u*さん
お疲れさまです!
大会の規模はあまり大きくありませんが、県外からの参加者も多くて確かに競技的な雰囲気でした
以前はもっとアップダウンがキツかったんですよね原発周辺の他、海岸線の小刻みなアップダウンも堪えました

シューズやウェアの大切さを実感しました。ひょっとしたら自分は薄底シューズと相性が悪いのかもしれませんそしてトレーニング不足も敗因のひとつですし、もう少しサブ3に向けた練習もこなして行きたいと思います
アドバイスありがとうございます!これからもお互い頑張りましょう!

2018/10/29(月) 午後 9:31 [ lewis ] 返信する

lew*s_*bさん、お疲れ様でした。
辛いレースになってしまいましたね。

ですが、今までのペース走などの練習内容を見ると、サブスリー達成できる実力はあると思いますよ。

スピードは十分にあるので、フルを走り切れる脚を作ると良いと思います。

と、偉そうなことを言いましたが、とりあえずお疲れ様でした。
ゆっくり休んでから、再びトレーニング頑張ってください

2018/10/29(月) 午後 10:18 ひろ 返信する

お疲れさまでした!

駐車場も近く、ストレスなく走れる環境がある大会運営は有り難いですよね

後半キツいレースだったんですね!海岸線沿いで風も強く、体も冷えて辛い様子が伝わってきました
脚が重くて思うように動かない。私も今回経験して、レース中は『もう走りたくない』そう思いました。終わったあとも情けないやら悔しいやら……。何も成長できていない気がしてただただ愕然してしまいました。

でもやっぱり……このままじゃ終われないんですよね

まずは体を休めて……お互いまたできる練習を頑張りましょう!!!
次のレースでは納得のいくレースに……目標達成したいですもんね!

本当にお疲れさまでした

2018/10/30(火) 午前 6:35 [ ケンちゃん ] 返信する

お疲れ様でした(^^)
不本意な結果と思いますが、突然の脚の不調にもかかわらず、最後まで頑張ったことはひとつの収穫だったと思います。

私は横浜DNFでしたので収穫ナシですが…
次に向けてお互い頑張りましょう😃

2018/10/30(火) 午前 8:03 [ Runner ] 返信する

> ひろさん
お疲れさまです!
そうなんですよね…ペース走では結構走れていると自負しているんですが、やはり長い距離を走れる脚力が足りないんだと思います練習に少し変化をつけて、フルマラソンに耐えられる脚力を作りたいと思います

今回撃沈してしまい、改めてコンスタントにサブ3を達成されてるひろさんの凄さが良くわかりました

2018/10/30(火) 午後 10:27 [ lewis ] 返信する

> ケンちゃんさん
お疲れさまです!
後半は、動かない脚に吹き荒ぶ風のタブルパンチで自分も「走りたくない」と思ってしまいましたサブ3.10は達成できるだろうという自信があったんですが、それが脆くも崩れ去り、ホント情けなかったです

ケンちゃんさんは目標まであと少しのレースでしたよね自分は少し目標を失いかけましたが、やっぱりもっと頑張りたい気持ちが強いです
またお互い目標達成に向けて頑張りましょう!

2018/10/30(火) 午後 10:35 [ lewis ] 返信する

> Runnerさん
お疲れさまです!
本当はリタイアも考えましたただ、ケガではない感じでしたし、ここで粘るのも今後に繋がるかなと思って何とかゴールしました絶望感を覚えつつも、苦行を乗り越えて精神的には強くなった気がします

Runnerさんはふくらはぎを痛めたんですよねまずはゆっくり休んでいただき、また次に向けてお互い頑張りましょう!

2018/10/30(火) 午後 10:43 [ lewis ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事