ここから本文です
サント・マルスと混沌の邪神
逆らえない運命なら、その運命を受け容れ、自分らしく生きる

書庫全体表示

更新できそうですね。
 小説の続きを更新します。但し、ある日突然終了する事を予測して、
 どこまで続けられるか、それまで更新したいと思います。
お付き合いの程、宜しくお願いします。
 これまでのあらすじ
 アトラテックで軍人を生業としていたユーリス・ヴォルフガングは
アトラテックの大陸神ティマイオスからの神託により、復活すると
いわれている邪神ヴァルタヴルカンが世界を闇に飲み込むのを阻止すると
云う使命を与えられる。同時に「世界を救う勇者」としての肩書
「ロナウハイド」の名を授けられる。その使命に従いユーリウスは封印
された大陸であるアトラテックから、異世界ユーラントへと移動し、
活動の拠点とする。そこで知り合った少女オルケルタと夫婦となり、
世界を知る為に、東の大陸エイジャンへとやって来る。そのエイジャンで
ユーリスは勇者としての肩書を狙われ、国毎に軍事に協力を求められる。
その野望を拒絶するが、そこでユーリスに協力してくれたのがランムラビの
英雄と呼ばれながらも奴隷だったジルカメス・ティグル・ティグリという
若者だった。ユーリスは彼を奴隷から解放し、自身もまたユーラントへ
戻る。しかし・・・。 
「さて、とんだ寄り道をしてしまった。帰ろう。」
ユーリウスが頭の中でサガルマータを呼ぼうとした。その前に
サガルマータは現れた。
「・・・無事だったのか、二人共。」
「すまん。心配掛けた。実は色々あって・・・。」
「・・・色々・・・?。」サガルマータはユーリウスの頭に手を翳し、それ
までの事を読み取った。
「そんな事があったのか・・・。ユーラントも心配しているから急ぐぞ。」
サガルマータは翼を広げた。二人はそれに乗った。
「デヴギリ山を一気に越える。ユーラントが放つオーラは無いが、その娘の
生命力が増幅しているなら何とかいけるだろう。」
頂上付近に差し掛かると流石に息も苦しい。
「オルケルタ。大きく深呼吸するんだ。あと、寒くないか?。」
ユーリウスはオルケルタの身体を擦り、摩擦熱で何とか暖めようとした。
「ありがとうございます。ロナウハイド様は大丈夫なのですか?。」
「俺は頑丈に出来ているからな。安心しろ。」
サガルマータは一気にデヴギリ山を越え、山の中腹に戻って来た。
「ここからあの雲みたいのに乗るのか。一気に下まで行けないのか?。」
「下にある地点は土地の形状が悪く私が姿を変えて飛ぶ事は出来ない。」
「そんな理由?。」「そうだ。」
雲のようなものは一気に下界まで降りた。
「随分時間が掛かったな。一体何があった?。」
ユーラントは心配していたようで不安げな声で二人を見つめた。流石の
ユーラントの千里眼もここまで届かなかったらしい。
「・・・ん。オルケルタよ。何か変わったようだが・・・。」
「やっぱ気づいたか。実は・・・。」
「話さなくてもよい・・・まずは。」
そう言ってユーラントはユーリウスとオルケルタの頭上に手を翳した。
「そうか・・・そんな事が。災難だったな。」
「オルケルタには怖い思いをさせてしまったけどな。」
「大丈夫です。私はずっとロナウハイド様に守られていましたから。」
「そうか、そうだな。」
「他の大陸を見て回るつもりが、とんだハネムーンになっちゃった訳だ。
けど、エイジャンの文明を観て来られただけでもよかったかなと。」
「そう思うのなら、それはそれでよかったのかもしれないな。」
ユーリウスは少し考え、覚悟を決めたかのように答え始めた。
「・・・実はさ、エイジャン大陸を見てて思ったんだけど・・・。」
「・・・どうかしたのか?。」
「エイジャン大陸にいる間、ユーラントへ戻らなっきゃって思って
いたけど、いざ帰ると、なんつうか・・・。もう少し他の大陸を見て
回って見たいなって。アトラテック大陸で生まれた俺が、こうして
封印の外である他の大陸へ行く事って凄い事なのかなって思った。
そこで・・・これは俺の我儘なのかもしれないけど・・・。
 確かに俺はユーラントの勇者。他の大陸の事は関係のないはず
なんだが、だが、世界がどうなっているかは見て置きたいんだ。その
中から、邪神ヴァルタヴルカンと互角に戦える手立てを得ることが
できないかと。そう思って・・・。」
「世界中を回りたいというのか・・・。」「ダメ・・・なのか?。」
「大陸神エイジャンから言われたからなのか?」
「それもあるけど・・・。」
「反対はせぬが、私はこの大陸内でしか・・・。」
「それは分かっている。大陸の境目まで転送してくれればなんとか
他の大陸まで行くのは可能かもしれない。勿論、自力でも頑張って
みるけど・・・。と言う訳で・・・。」
大陸神ユーラントは難しい顔で考えた。
「・・・よかろう。許可する。その目で世界を見て回ってきてくれ。」
「ホントか!!。」
「但し、一度ユーラントへ戻った方もいいだろう。皆も気に掛けて
いる。」「そっか、そうだよな。」
大陸神ユーラントは少し考えた。
 「エイジャンの与えた力について私なりに考えてみたのだが・・・。
エイジャンはただオルケルタの生命力を上げたのではない。その身を
削って命を与えたのだ。」
「命を・・・どういう事だ?。」
「考えても見るが良い。オルケルタは本来ユーラントの人間。
エイジャンの力が作用するはずが無い。だが直接命を与える事で
それを可能にしたのだ。」
「そうだったのか・・・。」
「多分、エイジャンはティマイオスの心意気を悟ったのだろう。
滅びを恐れない力、そして邪神の復活より巨大惑星の接近の方が
危機感に溢れている事。惑星エーアデの生命エネルギーを注ぎ込み
さえすれば邪神は封印できる。だが、巨大惑星の衝突は惑星エーアデ
そのものが崩壊してしまう。今回この戦いで私も、他の大陸神達も滅びる
かもしれない。しかし、新たな生命を繋ぐ者達の手で惑星エーアデの
存在はきっと守れる。そう信じている。」
「そうだな。」「・・・まずは疲れたであろう。早速・・・。」
ユーラントは転送魔法を唱えようとした。「・・・何だって!?。」
「どうした?。」
「すまん・・・デルシャまで来て貰えんか?。」「え・・・どこ?。」
答えを言わないうちにユーラントはデルシャまで転送した。

 あとがき:「8月31日、更新終了」との事で皆様にご挨拶したつもりだったが
      どういう訳かまだ更新は可能なようだ。こうなったら物語の続きを
      更新し、できるだけ皆様にお届けしたと思う。
       しばらくの間お付き合い願いたい。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事