ここから本文です
よしもと芸人岩瀬ガッツの『ポップだなぁ!!』
よしもと芸人 岩瀬ガッツ日々のブログ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

さて、この度よしもと∞ドームで行われた「関東住みます芸人就任会見」を終えて、晴れて群馬県住みます芸人になりました。

ありがたいことこの上ないですマジで。

「住みます芸人」ってなんぞ?って方のために軽ーく説明すると、「よしもと100周年プロジェクト」として始まったのがこの「47都道府県プロジェクト」。
これまでは芸人はいわゆるテレビに出て有名になって知名度上げて営業行ったり色々な仕事をしないと食べていけないというのが通例というか当たり前だったんですけど、
とある芸人さんが全国的な知名度はほぼ無いにも関わらずその特定の地域だけでは知名度も仕事もあって余裕で生活しているという事例が発現したんですね。
その方曰くこれは全国どこでも可能だということになり始まったのが発端らしいです。

それが今から8年前。

「とはいえいきなり丸投げにされちゃうんじゃないの?」とか色々不安がある中最初に手を挙げた芸人さんはマジで凄いです。

このプロジェクトのおかげで東京にいた何百分の一だった芸人が47分の1になり、多くの芸人生命を救ったスーパープロジェクトだと思います。

僕はめちゃくちゃバカなので少しづつその事を実感していくことになります。

最初は新潟県に行った時。

当時同期のバックスクリーンが新潟県住みます芸人だったんですけど、ついこないだまで地下過ぎて光も入らないくらいのお笑いライブに一緒に出て、死んだ目してバイトしながら芸人やってたバックスクリーンが新潟で仕事に溢れ、生き生きしながら芸人だけで生活してるんですよね。

シンプルにすげーって思いました。0点の感想。

その後静岡県に行った時。

ついこないだまで「ハマるライブ」という出ていたほとんどの芸人が解散するというデスライブに出ていた同期のちゅ〜りっぷが静岡の劇場で大人気なんですよ。

元々好きだしおもろいし、あみちゃんなんてめちゃくちゃいいヤツだから愛されるのはわかるけどそんなに!?ってくらい愛されてました。

群馬行った時も同じ。

群馬行くことが多いので一番感じたかもしれない。

ついこないだまで横並びだった同期がみんなその土地のオンリーワンになってる。

たくさんの同期が芸人を辞めて去っていった中、同期が活躍するのはマジで嬉しい。

それと同時に住みます芸人マジで凄いと。

少しづつですが自分もやりたいと思うようになってました。

そして去年コンビを解散して、これからどうしようかなーって思ってた矢先に群馬県住みます芸人の募集がありました。

これ千載一遇じゃね?って思うと同時にちょっとビビりもしました。

だって環境変えるのってちょっと怖くね?

でもよくよく考えたら今東京でやってるちょっとした司会とかDJの仕事全部群馬にいながらできるしなみたいな。

同期の橋山メイデンにメタルタロット占いしてもらった時に、
「新しく何かを始めるってよりは今までやってきたことを頑張った方がいい」って言われました。

橋山ごめん。

ゴリゴリ新しいことやっていきます。

でも今まで大体群馬でやってたしひろーく見たら今までやってきたことをより本格的に頑張ってるって感じだよね?

そんなわけで18歳で群馬を出て31歳でまた群馬に戻ります。

ただいま群馬。

これから引き続きよろしくお願いします。



ではではノシ

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事