酔いどれ李白の中国紀行

とめてくれるな、おっかさん。 行かにゃならん、史記の国へ。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

わたしたちが渋滞を抜け出して、この夜のホテル「銀河賓館」へ向かうころには、時刻はもう9時をまわっていた。
銀河賓館は空港(当時は虹橋空港)に近く、街からはそうとうに遠い。わたしたちは上海の夜遊びをあきらめるよりほかはなかった。
翌日は朝から帰国のために飛行場へ向かうので、これで上海の市街地は見納め、そしてわたしたちの中国の旅もこれで終わりということである。
銀河飯店からの夜景はなかなかきれいだったが、わたしはもうさっさと寝ることにした。
イメージ 1
そんなわけで、これが1992年の、わたしの初めての中国の旅のてんまつである。
ほんとうは最後の晩になって、わたしは下痢をしてしまい、ほうほうの体で帰国の飛行機に乗り込んだのだけど、ま、海外で下痢の洗礼をうける人は少なくないと聞く。
これもいい経験だと、下痢がなおったあとはまた前向きの考えにもどってしまった。
 
このときの旅はなれない土地をかけ足で、おもしろい体験も深い洞察も少なかったけど、以後に続く旅の下見のつもりだったから、こんなもので満足しておくことにした。
わたしはこのあと、すでにブログで公開したシルクロードの旅や、台湾、香港を含めれば、20回も中国を旅している。
おそらくこの20年ほどのあいだに、中国ほど劇的な変化をした国はないだろうから、幸か不幸か、わたしはその変転をこの目で観察し続けてきたことになる。
商社の社員や研究者ではない、ただのしろうとが見つめた旅としては、これはなかなかの僥倖ではないだろうか。
わたしにはさらに、蘇州や無錫、西安、開封、洛陽など、まだ書いてない旅の記録や写真がたくさんあるので、また機会があったらこのブログで発表するつもりでいる。
 
えっ、いっしょに行ったAちゃん?
彼女は人妻だから、いまでもよその家庭で人妻をしているはずだけど。

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事