全体表示

[ リスト ]

京都のまつ邸

3度目のまつ邸訪問です。
イメージ 1

初めは、もう20年も前にDWs’の関西行客、京都〜大阪〜神戸の宿場として会長始め5,6名でお邪魔したと記憶してます。
二度目はそれから数年後に、短期泊まり込みでマルチアンプの修業に行きました。
いずれも、ほぼ素の4350を鳴らしていたと記憶しています。

その後、ホーンを載せたり、ミッドウーハ-をオリジナルユニットに換装し4350の発展はWEB上では見ていましたが、聴くタイミングを逃しておりました
時が過ぎて、まつさん構想数年、着手からも多くの年月を費やした完全オリジナルのSPを聴く機会を得ました。

イメージ 2

ストーン・スピーカーということで、「STS-Limited」と命名されました。

ミッドレンジは、国内の茨城県産の白川石で、ウーファー部は中国山西省の黒御影石(山西黒)をなっています。
イメージ 3

構想と設計図面の作成で上下それぞれ約1年、製作に6ヶ月で、システム全体では、3年の歳月と6名の関係者がかかわっています。

ユニットは、全てドイツThiel&Partner社製でウーファー(AS-250)、ミッド(C173-6-096E)、ツィータ(BD-30 Cell-Consept)です。

イメージ 4
それぞれの1台の重量は、概ねミッドレンジは32kg(15.6L)、ウーファーは165kg(80L)、ツイーター6kg 合計203kgです。

長い構想期間と、多くの人間が関わった、まつさん渾身のシステムです。
チャンデバ、アンプ類はアキュフェズの現行新製品を投入されております。

第一印象は、月並みの表現ですが桁外れのハイファイサウンド
静寂感が並みじゃないです。
規定演技の44.1 2chで各ソフトを聴かせて頂く。

理知を突き詰めていくと、なにか喜びの世界が広がるようです。
SPが視界から、ふっと消える様はノーチラスを彷彿とさせるものがあります。
低音も歪なく伸びやかに広がって行きます。
精巧でしかし、人を魅了するサウンドは、あの田中邸を想い起こすもの。

良い音が体に沁み渡っていきます。

torinnovを導入されれおり、ON OFFの状態も聴かせて頂いた。
以前はプロセッサーが効いた状態が圧倒的によかったそうだが、
各種チューニングを進めていくうちに、寧ろtorinnovを外したサウンドが勝り始めたとのことでした。
確かに、torinnov OFFでの音の鮮度、力感は引き込まれる部分があります。
低音の量感、サウンドの贅沢さにおいては、torinnovに軍配を上げたいところで、総合的な評価は時間を有するところだと思います。

イメージ 5
持ち込みのCDを聴かせて頂いた。
ベルリンのカヴァレリア・ルスティカーナ
京都のまつさんの音だ

DWsの面々へ、関西方面に出向く事あれば、ぜひ聴きに行くことを勧めます。


帰路、蕎麦をごちそうになった。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

帰宅して、カヴァレリア・ルスティカーナを聴いた

そうだ、まつさんの音は最高の水を使った、ハイエンド蕎麦の音

拙宅はフランス料理だ
イメージ 9

閉じる コメント(8)

リベロさん

遠路の訪問、有難うございました。
前回の訪問から随分時間が経って、お互いシステムも様変わりしました。

JBL-4350の改造システムを経て小生の目指す新たなコンセプトで製作した、オリジナル・システムのサウンドを聴いていただく機会を持つことが出来て、大変良かったと思っています。
また短時間にも関わらず、ブログに的確な訪問レポートを掲載されるなど、そのバイタリティーにも感心しています。

リベロ幹事長の訪問を皮切りに、DW'sのメンバーの訪問もお待ちしています。

2019/6/25(火) 午後 6:27 [ 京都のまつ ]

まつさんの会心の作品堪能させて頂きました。
音の記憶が薄れないうちに、急いでアップしました。
TORINNOVのオンオフであれだけ変化の少ないシステムは初体験でした。ソースによってはバイパスさせた方が、良い音がするのは驚きました。それだけ、STS Limitedの素性が高いのだと思います。真鶴とは対極のシステムですが、手法は違えど山の頂を目指す登山家、お互い頑張りましょう!

2019/6/26(水) 午前 5:43 [ lib*r*_jbl ]

素晴らしい音を出されていることが伝わります。
トリノフ超えた音はYさんのところでも聞かせていただきましたが、長い時間をかけて追い込んだようです。

最終的にはオプティマイズの結果を見ながらにしても、トリノフ無しで既にほぼ完成されていたとは驚きです。ぜひ訪問させてください。

2019/6/26(水) 午前 7:22 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ]

顔アイコン

そうですね、関西行脚の時に寄らせていただき4350を聴かせていただきましたね。
あの完成された4350からこの石のスピーカーに踏み出すまつさんのエネルギーは、穏やかな性格からは想像も出来ません。
この石のスピーカーはたいへん興味深いです。
想像するにヒロアコースティックの音が出てきますが、リベロさん、どうでしたか?

2019/6/26(水) 午前 9:58 [ nazo_otoko ]

アクトンとガチガチの鳴かない箱が好きな私にとって涎モノのスピーカーです(笑)。間違いなく凄まじい音なのでしょうね!
ちなみにこのスピーカーは密閉なのでしょうか?

2019/6/26(水) 午後 5:23 [ umzw ]

> デビルJyajyaoの秘密基地さん

まつさんのところは、チャンデバ機能やタイムアライメントはアキュフェーズで行なって居るので、TORINNOVの機能をフルに発揮させて居る訳ではありません。次回の訪問では、フルTORINNOV も聴いてみたいて思いました。

是非訪問を勧めます。

2019/6/26(水) 午後 9:50 [ lib*r*_jbl ]

> nazo_otokoさん
会長、じつは私はヒロアコースティックの音を聴いた事ありません。
是非、聴きに行ってください。

2019/6/26(水) 午後 9:52 [ lib*r*_jbl ]

> umzwさん
ウーハーBOXの後端に縦にスリットが入ってます。

2019/6/26(水) 午後 9:53 [ lib*r*_jbl ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事