全体表示

[ リスト ]

会長邸

久しぶりの会長宅、半年ぶりくらいかな?
駅までラングラーの出迎えを受けました。
90年代当時は大きな車だと思ってましたが、今となってはむしろコンパクトに感じます。
イメージ 1

今回の試聴のお題目はChord Hugo M Scalerと、
ビクターのMC-L1000&MC-L10の試聴です。
イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4

Blu Mk IIからトランスポートを除き、アップサンプリング機能だけを搭載したHugoM Scalerが発表され、会長は早速導入した訳です。

アップサンプリングはバイパス、LowMidHighとあって、Divaに繋がれスケーリングが細かくなるにつれ、確かに音の艶が増している様がはっきり分かります。
ここのところHigh705.6kHzにほぼ固定で聴いているのはちょっと恥ずかしいと会長が語ってましたが、これだけの差を見せつけられては、仕方ないのでしょう。

しかし、これは明らかなドーピングなので、公式競技ではもちろん失格となります。

昨夜は、私の他にこさとう君とオーディオライターのO氏、S氏も同席し
デジタル音源で各システムを楽しんだ後に、会長宅では久しぶりのレコード試聴となりました。
ネットワークオーディオ オンリーになり、一切のディスク再生装置が取り去られた環境で、アナログ音源がどんなサウンドを聴かせてくれるのか、興味深々でしたが、ビクターの針が落とされた瞬間から目の覚めるような、鮮度の高い音が広がったのは驚かされました。

私は従来から、アナログの方がデジタルより音が良いという状況は好きではないのです。
オーディオショウの音源もアナログばかりです。
CDプレイヤーがリリースされてから30年強で、今なおレコードの方が音が良いというのは、オーディオ技術の進化歴史を否定しているようで、釈然としませんね。関係者出てこ〜い。

イメージ 5

Linn LP12内蔵のUrika IIからのデジタルデータをTOSケーブルでHugo M Scalerに送ってあり、
Linn LP12Urika IIから出るデジタル信号をLinn Klimax DS/3Exakt linkで送るのと、Hugo M Scalerに光伝送や,レコードからリッピングした音源を聴かせて頂いたり、各種実験を体験させて頂きましたが、P3からの完全生アナログの音が断然よかったです。
音のフレームが取り払われ、伸びやかに広がるサウンドはたまりませんね。

打ち上げは、お好み焼きです。
私は初めて行きました。
会長自らの執刀で焼きを入れます。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

完璧な鉄板の温度管理と、焼き時間、油の使い回し、
ハイエンドお好み焼き、
感服致しました。
イメージ 9

閉じる コメント(11)

顔アイコン

リベロさん

初めから…打ち上げまで・・・超々ハイエンドでしたか!!

ビクターのMC-L1000&MC-L10の出音は紫の光にも負けてなかったんですか??
その昔の日本のオーディオ技術は超イエンドだったんですね!!
只、その音をユーザーが気付かずに再生できてなかった??

ビクターのカートリッジの技術は、今のテクニカのカートリッジに生かされているようです。

2019/6/28(金) 午前 10:35 [ ヒデ ] 返信する

顔アイコン

リベロさん、昨日は楽しかったですね。こんなに短期間にアナログに火が付いたのは真鶴での光カートリッジのお陰です。一生懸命に調整していくとアナログはいいんですよね。もちろんファイル再生の便利さ、音質の良さはわかっているのですが、アナログは何というか密度が濃いんですね。これは比較するものではなくて、天丼かカツ丼かという比較のできない次元なのでしょう。頑張ればどっちも美味い。

2019/6/28(金) 午前 11:01 [ nazo_otoko ] 返信する

顔アイコン

> ヒデさん
はい、ハイエンドの夕べでした。
カートリッジは光との比較がなかったので何とも言えないですが、かなりの美音でしたよ。
わたしがMC-L1000を買って比較すればよいですね。

2019/6/28(金) 午後 5:33 [ lib*r*_jbl ] 返信する

顔アイコン

> nazo_otokoさん
昨日はお世話になりました。
ネットワークとレコードはある意味対極のシステムですが、
突き詰めれば、同じ頂に到達するのではないかと考えながら、お好み焼きを楽しみました。
Oさんの豚玉もなかなかでしたね。

2019/6/28(金) 午後 5:36 [ lib*r*_jbl ] 返信する

顔アイコン

リベロさん、今、ヤフオクにL1000出ていますよ。

2019/6/29(土) 午前 0:09 [ nazo_otoko ] 返信する

アップサンプリング良いと思います。会長のいろいろ試してみるアルティメット・ファイティングオーディオ、ルール、制限が少ないのが私は好きです。そこを縛ると組み手のような、見ていてつまらないと私は感じてしまいます。

2019/6/29(土) 午前 7:55 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

顔アイコン

確かにアップサンプリングすると音が緻密になります。
まあ、目的は「出音」ですから何でもアリでしょう。
例えは違うかもですが、その昔菅野先生もdbxの圧縮伸展機能を使ってました。

2019/6/29(土) 午前 9:34 [ mat*u*tsu1 ] 返信する

顔アイコン

> nazo_otokoさん
ウオッチリスト入れましたが、結構お高いんですね。。

2019/6/29(土) 午前 11:55 [ lib*r*_jbl ] 返信する

顔アイコン

> デビルJyajyaoの秘密基地さん
アップサンプリングであそこまで音が変わるのは、初体験でした。
会長宅の機材のポテンシャルが高いからでしょうね。

2019/6/29(土) 午前 11:56 [ lib*r*_jbl ] 返信する

顔アイコン

> mat*u*tsu1さん
うちのTORINNOVが192までしか受けないので、負け惜しみもあります。

2019/6/29(土) 午前 11:57 [ lib*r*_jbl ] 返信する

顔アイコン

> lib*r*_jblさん
今のカートリッジの法外な値段を考えれば安いと思います。オーディオテクニカのART1000が60万ですが、あれはこのビクターの真似っこですから、こっちが親分です。

2019/6/29(土) 午後 0:28 [ nazo_otoko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事