過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

Project New FUJIYAMA 9

イメージ 1
さて、いよいよマルチチャンネルのマッピングです。

まず、Fujiyamaの縦マルチ4Wayプラススーパーウファー3D
2.1chの調整
やはり、ここに多くの時間を要しました(4時間ほど)
試行錯誤の結果500、3500、7000クロスオーバーの4way
スーパーウーファーは60クロスに落ち着きました。

これ以上高い100Hz以上に上げると量感は増しますが、低音の被り、濁りを感じます。
この周波数だと、試しに他のすべてのアンプを落としてスーパーウーファーのみで音源を鳴らしてみると、コーン紙が振動して居るのは目視出来ますが、音としては殆ど感じずに深いウネリのような気配を覚えます。
イメージ 4




今度は、試しにスーパーウーハーのアンプのみを切ってみると、音がキツく荒々しい感じになりますね。
オーケストラなどでは、スーパーウーファー付きの方が音にコクが出ます。
閲覧者においては、巨大なインフラソニックにより、さぞかし図太い低音が得られたと思う方もいるとかと思いますが、量感を感じる低音はあくまでFUJIYAMA本体から出ています。

しかしながら、再びスーパーウーハーを切ると音が素っ気なくなります。
イメージ 2

CDとレコードを掛け比べましたが、予想通りレコードの方がスーパーウーハーのコーン紙は深くストロークするのが目視できます。CDは20Hz以下は切っている影響だと思います。
聴感的には低音の量感の違いは殆ど感じません。

今回、インフラソニックスーパーウーハーを導入しみての第一印象としては、巨漢を発揮して部屋を揺るがす低音が噴出するというわけではありません。
3D環境という事も相まって、あまり高い領域まで出すとチャンネルセパレーションの問題も出て来ます。
あくまでも低音の主役はFUJIYAMAのクワトロウーハーですね。
システム全体の味わいを深める、利尻昆布のような役割かと感じました。

ロック系の再生では、コーン紙が時に底付きするほどの激しいストロークを見る事が出来ます。
これはなかなか楽しく、視覚から脳内イコライジングで低音がより盛大に出ているような効果を覚えます。

オーケストラ再生においては、後戻り出来ない感動を覚えました。

イメージ 3

次回は横マルチなる10.1chマルチサラウンド再生について
いよいよトリノフの本領発揮です

開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事