過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

禁断の全部鳴らし

前置きは省略します。

イメージ 1

GS−1の音場補正をお願いしました。

今回はステラ社長のH氏直々に来訪いただきました。
実は彼の横浜の自宅からは都内の本社より、真鶴のほうが近いとの事でした。

写真にあるように、これだけ左右チャンネルを離して設置したので、センターSPの追加も検討していたのですが、H氏曰く、TRINNOVの補正を掛ければセンターはむしろ無い方が良いとの事でした。
マイク測定&補正を終えて(ものの数秒)のサウンドは、芯が出た厚みの加わったものでした。
確かにセンターの必要性は全く感じられない、これならば高価で性能の落ちるサウンドスクリーンから開放される日が近いと感じました。

さて、今回の主な題目はあっけなく終了してしまったので、
アンコール作業と題し
FUJIYAMA GS-1 マルチサラウンドSPの「全部鳴らし」のモードを作成しました。

部屋を縦横無尽に駆け抜けるSP、ユニットを数えると48の振動板数でした。
イメージ 2

これだけ大量の音源測定となると、さすがのTORINNOVでも演算処理に相当な時間を要します。
何度か測定に失敗し、ようやく出てきたサウンドは奇想天外なものを想像してましたが、実際は鷹揚で至極楽しいものでした。
H氏も「これはこれで相当楽しいですね〜」と膝を打っておりました。

FUJIYAMA本体の津波の押し寄せるような音圧に加えて、各種食材、調味料が見事にアレンジされています。仏料理ロブションを彷彿とさせます。
おいしい。。

わたくし、Torinnovの機能をフルコースしゃぶり尽くしているのではないのでしょうか。

高価な機材ですから、使い倒さないとなりません。


イメージ 3
GS-1に使用しているアンプですが、単体で鳴らしているとメーターの針は常識の範囲で往復していますが、FUJIYAMAとアンサンブルを組むと、かのように振り切り状態が続きます。
いかにFUJIYAMAの音圧が凄いかですね。

やはり振動板数至上主義は正しいと確信しました。
チャンネル数、まだ余ってるのでもっと増やそう。
社長の家も近いことだし。
イメージ 4

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事