生活2

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

いよいよ解体

家の解体というのは、事前作業が山ほどある事んですね。
金属、ガラス、木材、その他種別してからの本格解体になります。
その事前準備に2週間ほど要しました。

そして、本日いよいよ重機が入りました。
イメージ 1

玄関口です。
イメージ 2

オーディオルーム
イメージ 3

オーディオルーム反対側より
イメージ 4
1階は母親の住居スペースで
2階に新オーディオルーム&テラスを造ります。



開く コメント(4)

再塗装打ち合わせ

Fujiyama 、知人の埼玉の倉庫で待機しております。

15年の歳月、ユニットや砂を引っ換え取っ替え入れかえましたからね。
かなり痛んでいます。
イメージ 1

家具屋と塗装の打ち合わせを重ねています。

塗色は基本ホワイト系でいくことに決めました。
巨大な躯体なので、原色にするとインテリアに存在感が強すぎると判断したためです。
新居オーディオルームのテーマは、修行部屋にする事なく家族や友人達とのリラックスした環境です。

イメージ 2


塗装屋にサンプルを依頼しました。
イメージ 3
写真では分かりずらいですが、向かって左が5分磨き、右が3分磨きです。
ピアノフィニッシュは10分磨きという事です。

イメージ 4

この写真は分かりやすいですね。
イメージ 5

磨きを強くすると、素材の凹凸が目立つのでリスキーだという事でした。
Fujiyamaは正直、グランドピアノのような完璧な面を出して居ません。
眺めると微妙な凹凸があり、今回はウレタン塗装で裏打ちをするのですが、それでも反射板のアール面を完璧には仕上げられないとの事でした。
さらに、ライトでFujiyamaを照らすような環境にする場合は、磨きの度数を落とす必要があるとの事でした。

密に打ち合わせを重ねたいと思います。

開く コメント(2)

オールホーン システム

イメージ 4


ONKYO GS1を鳴らし切って居ると評判の、T中邸を訪問しました。セプターと言えば、80年代初頭片側100万の値札を下げたフラッグシップ。オールホーンの構成で非常に鳴らし難い、いや、誰も鳴らせないとの評判を思い出します。
そのセプターのネットワークを外し、マルチ駆動。アキュフェーズのDF45とおなじくアキュフェーズのパワーアンプを中心としたラインナップに、ダイヤトーンの15インチウーハーを利用した、オリジナルサブウーファーBOXを左右チャンネルに宛てがっています。ハイエンドはGOTOのツイター。

部屋中にウーハーやドライバー、ホーンが所狭しと置かれていて、殆どが国産のユニットで、綺麗に整頓ラッピングされており、その時点でサウンドの期待が高まります。

オールホーンの利点欠点は、皆様良く知るところですが、T中氏は難馬セプターを完全に調教されており、トランジットの高い、極めて過渡特性の優れた音色です。こんなに爽やかに伸びきった低音はなかなか体験出来ません。

オーケストラでは、各楽器の定位が素晴らしく、眼前にコンサートホールの映像が浮かびます。

イメージ 1

写真は自作のDCアンプです。

中学生の頃から秋葉原でパーツを集めて盛んにアンプ作りをして居たという氏は、大変な理論家、勉強家で、舶来の文献を引き合いに丁寧にシステムの説明をしてくださいました。

イメージ 2


同じくオールホーンのFUJIYAMAにも興味を持って頂きまして、先日のラストフジヤマにも足を運んでくださり、Project Fujiyamaにも参画して頂く事になりました。

イメージ 3

開く コメント(4)

解体直前

解体に先立っての養生がほぼ終わり、いよいよ重機が入ります。
イメージ 1

イメージ 2

母親は20年近く住み慣れた家が破壊されていくのを見るのが忍びないらしく、立会いに来ません。

イメージ 3

イメージ 4

解体でなく、リフォームでよかったのでは?
と、一瞬思いますが、ここは初心貫徹です(金も払いはじめてるし、、)

開く コメント(2)

フルエピ遂に降臨

会長邸のオーディオルームは、早いもので11年目を迎えたようです。
入れ替えをしながら、常に7、8セットのシステムが駆動していますが、
その中でも、わたしはエピローグ1の音色が好きでした、

会長宅にお邪魔するたびに、フルエピローグ欲しいですね、フルエピ探しましょうよと、他人の財布をいい事に、ささやき続けていたのです。

そんな私の怨念が通じたのか、昨年の夏頃に会長からフルエピが出ると連絡が入りました!

その後それこそ毎週のように、フルエピの納期のお尋ねをしていたのでした。

当初は遅くとも、年内には納品されるとの事でしたが、前オーナーの都合で年越しになってしまいました。
そして2/4に遂にフルエピ降臨。

あれだけのシステムですから、それなりの音出しには1、2ヶ月を要するはずですが、何とその週末には雑誌の取材を受けたの事でした(今回その誌面をみせて戴きました)
恐るべきスピード感です。

そして、かねてから実現したかったヒデトラとの贅沢なコラボレーション企画を自前で立てたのでした。

フルエピ詣での際は、ネクタイ着用とドレスコードを決めていました。
日本に4台のフルエピです。
イメージ 1
ジャジャオさん、T中さんも合流。

フルエピを聞くのは、10年以上前のステラの特別試聴会以来ですが、
さすがの凄みのあるサウンドにたじろぎました。

オーディオショップで、フルサイズのスピーカーが並んでいると、どれが鳴っているのか迷う事があるのですが、このエバンゲリオンは即座に判りますね。
同席した3名が異口同音に「別格」

とにかく音の豊かさが桁違いで、その中でも定位の仕方が半端じゃないです。
あれだけの物量とサイズで、イコライザーも使わずにこれだけシャープな音像を結ぶのは信じられません。
本気の低音では、あれだけ頑丈な部屋のあちこちが鳴ってしまいます。

発表から20年が経過するスピーカーですが、ハイエンドオーディオショウなどで、数千万クラスのSPを散々聞きましたが、こんな音を出すのは無いです。

会長宅の今後の問題は、居並ぶ4番バッター達が霞んでしまう事ではないでしょうか。

いや凄かったです。





開く コメント(12)

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事