生活2

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

二刀流

DS MASTER 1 カートリッジ&イコライザーアンプの設置が完了しました。
MCカートリッジと同じ土俵でベース&アームも同型。
比較検討にはこれ以上無い環境です。
同時に針を落としておけばプリの切り替えで瞬時に比較可能で、耳の記憶の悪い小生には助かります。
イメージ 1

対照MCカートリッジはライラのタイタンです。
拙宅のエースカートリッジ
同一価格帯でのエントリーです。

試聴のソースは前回とほぼ同じです。
イメージ 2

一聴して、低音が全く違いますね。
低音求道者としては、早くも勝負あった感があります。

さらにソフトを聞き進めていきますが、タイタン、音の切れ味、鮮度は流石です。
しかし、MASTER1と比べると腰高感が否めません。
そして決定的なエビデンスを確定させたのが、
visual hyper low frequency system と命名した、スーパーウーハーのコーン紙の揺れ幅が、明らかにMASTER1の方が大きい。
低音の量感、聴感上の印象は主観的な面が大きいですが、視覚的に見せつけられてしまうと説得力があります。
豊かな低音に加えて全体として、暖かみのあるサウンドになります。暖色系と言ってもスローな音ではなく、音のレスポンスやステージ感は申し分ありません。
ウキウキするサウンドです。

DS Audio代表のA氏に、何でこんなに低音が出るんだ?と問い合わせたところ、
丁寧な図式添付の回答が寄せられたので、紹介します。

MM/MC型は速度比例型カートリッジで光カートリッジは振幅比例型というカートリッジになります。速度比例型というのは読んで字の如くで速度に比例して出力電圧が上がっていく=周波数が上がるにつれて出力電圧が増えていきます。すなわち速度の低い動き=周波数の低い低域に関してはカートリッジ自身がほとんど発電できないためフォノイコライザーでとても大きく増幅してなんとか低域を再生しています。カートリッジ自体ほとんど検出できていない信号(赤色の部分)を無理矢理増幅している(青色のカーブ)のが実情です。
しかし振幅比例型は速度に比例することなく低域から高域までフラットに再生するため特に低域の解像度が速度比例型(MM/MC型)より圧倒的に高くなります。

※そもそもMM/MCカートリッジと光カートリッジのフォノイコライザーカーブが異なるのは光カートリッジとMM/MCカートリッジの発電方式が異なる(=出力が異なること)が理由です。
図を見て頂ければわかるかと思いますが、MM/MCカートリジは低域と高域の出力が大きく異なるためフォノイコライザーカーブも大きな補正が必要になってしまいます。しかし光カートリッジのフォノイコライザーはとてもシンプルな補正で済むため電気回路自体もシンプルになり音の鮮度が保たれます。
イメージ 3


イメージ 4

何より衝撃を受けたのが、10年来の付き合いでこれ以上は無いと秘かに確信していた
ZANDEN CD 2000 transportの音が、神経質で楽しくないと思えてしまった。。。
こりゃ、手持ちのCDはすべてダンボール箱行きなのか。。

開く コメント(12)

昨今話題のDSカートリッジ
拙宅でも4,5年前に視聴機を設置しました。
その時の印象としては、大変にハイファイであるけれど
タイタンや光悦のハイエンドMCに比べて、艶が無いと言うか正直愉しい音ではなかった。

拙宅でアキレス腱の一つがアナログです。
デジタル機材に比して端的に言って音が悪い。
音が悪いと聞かなくなります。

DSAudioのA社長と個人的に会う機会があり、
このたび再度の、設置視聴をお願いしました。

イメージ 1

まず、各種デジタル音源を試聴。
唯一無二のサウンドだと、購買意欲をそそる意見をもらった。笑

早速、光の装填。
針圧は1.8
イメージ 2

イコライザーアンプは三段重ねで比較
詳細は省きます
イメージ 3

カートリッジ二本、アンプ三台
各種レコード、CDの比較試聴
数十の順列組み合わせで2時間近く聴いていたかな〜
イメージ 4

結局、「一番高いの置いてけ」となりました。
想定では、カートリッジはハイエンドにしてアンプはケチろうと考えていましが、
ハイエンドと次点との差が、カートリッジとアンプそれぞれ驚くほどあるんです。
ヘンデルのメサイヤ
教会のホールトーン、輝く澄んだ賛美歌、全く違うではないか。。

社長の、これほど差の出るシステムは初めてだ。というクロージングも効きました。笑
北の信者の爆買いも追い風?になってます。

ジャスやロックは何とかなってましたが、クラシックはデジタルとの見劣りが激しくて
投げて居ましたが、光もここまで来たか。。

結局、スペックを極めていくと趣味性の高い造詣の深い音になるんだと思います。


開く コメント(7)

MJ 無線と実験誌 参上

明日発売のMJに大きく取り上げて頂きました。
6ページぶち抜きです。
大変よくまとめられて居ます。

必ず購入してください。
イメージ 1

イメージ 2

開く コメント(8)

天然色沐浴

前回訪問したのが震災前ですから、7〜8年ぶりに浴びて来ました。

昨日、大宮にて大学同窓会の集まりがありまして、大宮と云えばと単騎ジャジャオ宅に立ち寄った訳です。
イメージ 1
体験者にはお馴染みのシステムですが、未経験者には写真では想像もつかない密林です。

ジャジャオさんの自作イラスト
イメージ 2
これでも判らないと思います(笑)

イメージ 3
300を超えるユニットと100のパワーアンプを奏でる祈祷師ジャジャオ
もはやシステム構成は聞かないし、彼も語りません。。

まずホテカルから掛けていただきましたが、イキナリ躰を揺さぶる低音に仰天しました。

なんと、ルコルビジェのフレームに低周波振動発生装置が設置されて居ました。
イメージ 4

これは小生が先日発表したVHLFS視覚的超低音装置より遥かに効能が大きいと感じました。
この装置もただポン付けという訳ではなく、ハイカットやゲインの塩梅が重要であるという事でした。
こういった、ある意味キワモノ的なアイテムをいち早く発掘:導入し、システムの発展をさせ続けているのがジャジャオイズムの真骨頂だと思います。

震災前からユニットもアンプの数も(かつては22chほどだったと記憶してます)数倍に達しており、
よくまあ、ボーカルを定位させ、楽器を並べてくるものです。
圧倒的な物量からくる余裕も半端じゃないですね。

カラダに良い音なので、不覚にも寝落ちしそうになりました。

とにかく没入感が凄いです。

休日の昼下がりの沐浴を堪能致しました。

ありがとうございました。


開く コメント(10)

北の音と味

 
北の大地に仕事とスキーに行きました。

途中、定例の信者詣でを入れました。
イメージ 1

cello Performance を惜しげもなく投げて投入したという独逸製の管球
私は管球アンプと言うとノスタルジックな暖かみのある音だと思い込んで居ましたが
そんな事は全く無くて、躍動感と切れ込みの深い音に感心しました。
サウンドが大変に緻密で、シンバルの鉄の響きに驚きました。 
イメージ 2

信者の散財は続きます
イメージ 3

この度、拙宅にも導入したPASSのモノラルをごっそり新型に入れ替えていました。
元来、静寂で透明感のあるエールのドライバーがキラキラと輝く音色に変貌していました。

こちらは、主にクラシック音楽を楽しんでます。
こちらもフルートやシンバルの鉄の音が特に印象的でした。

しかし、このアンプの延命も短いと思われます。。

前後しますが、信者詣での前に寄った寿司屋
イメージ 4

こちらもハイエンドでした

開く コメント(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事