シュレディンガー猫の天球儀探索

♪ Let it go Let it go 星が点に写らなくても〜♪

全体表示

[ リスト ]

これも先月、CCDT67レデューサーのテストの時に撮ったものです。
またまた薄明まで残り時間が少ない時に、今回は短時間でもそこそこ撮れそうな対象を狙ってみました。

NGC4565 かみのけ座
イメージ 1

GS-200RC+Astro Physics CCDT67 0.67x Reducer
Reducer後端から撮像素子までの距離:88mm
FUJIFILM X-M1 ISO1600 180s×33枚 総露出時間1h39m
赤道義 大きい方(^^♪
RAW FILE CONVERTER → StrllaImage8 → 諸々適当処理

有名なEdge-on(横から見た)銀河ですね。
地球からの距離は3〜5000万光年も離れていにもかかわらず、とにかくビックリするくらい大きくて、およそ満月の半分ぐらいあるみたいです。

明るさは10等級ですが、眼視でもよく見えて8等級ぐらいに感じます。写真でも短時間でもはっきり形が分かるぐらい良く写ります。10等級でも面積当たりの光が強いのかもしれませんね。
眼視で見ると非常に細く見えるので、まさにNeedle Galaxyです。見ても撮っても面白い銀河だと思います。

やっぱり露出不足ですね。なんとなく形は撮れてますが・・・画像処理の方も、もう少しやるべきこともあると思います。まあ絶対的に露出が足りてないし、残った色カブリも絵的にそう悪く無さそうなので、とりあえずこのままとします。
技術が無いとか、色が変とか、飽きたんだろうとか、諦めたとか・・・鋭すぎる突っこみをいただきそうですが。
今回は疲れたのでここまで。(/・ω・)/

※ 3/16 更新  カテゴリが「練習用」になってました。(T_T)  天文カテに訂正しました。 

閉じる コメント(13)

アバター

Edge-on銀河なかなか素晴らしいですね!
満月の半分もあるんですか?
1時間半でこれだけ撮れればナイスです。
私も撮ってみようかな(^ ^)

2017/3/14(火) 午前 5:39 MrJDIS

顔アイコン

いぁ素晴らしいーーー。GS200の星像はスゴイですね〜。
ガイドもバッチリで羨ましいです。
私の非力な機材で、トライしてみたくなりました。

2017/3/14(火) 午後 0:41 [ ペルペル ]

顔アイコン

大きい方の赤道儀なら、180秒じゃなくて300秒以上いっちゃいましょう。
Xシリーズなら、多分その辺がちょうど良い露出時間だと思いますよ。

2017/3/14(火) 午後 2:58 アイちゃんです!

顔アイコン

MrJDISさん
初めて撮った時には大きさに驚きました。フェイスオン銀河みたいに淡い広がりは少ないのですが、中央の暗黒帯が特徴的です。
たまには、こんな銀河も面白いですね。

2017/3/14(火) 午後 9:38 [ kaien ]

顔アイコン

ベルベルさん
GS-200RC気に入ってます。しかしここ一番の解像度なら、F値の小さいニュートン反射のほうが優れているかもしれません。
GS-200RCの良いところは軽いこと。素の状態で7Kg以下です。
筒も短いので、ベルベルさんの赤道義でも大丈夫じゃないかと思いますよ。

2017/3/14(火) 午後 9:45 [ kaien ]

顔アイコン

アイちゃん
じつは・・今の状態のGC-200RCなら、大きいほうでも小さい赤道義でも、精度も安定性もほとんど変わらないんですよ。小さいほうはカリカリにチューニングしてますので。!(^^)!
カメラの方もアイちゃんおすすめのXシリーズですので、300秒でももちろん行けちゃいます。
・・・しかし、当地は3等星限界の光害地。300秒だとヒストグラムが右寄りになってしまって、SNが悪くなるみたいです。
ほんとうは300秒まで伸ばしたいっす。(T_T)

2017/3/14(火) 午後 9:56 [ kaien ]

顔アイコン

GS-200RC良いですよね。スパイダーも細くて光条が綺麗ですし。
VC200Lがなければ買ってました。(VC200L2台あるし...💦)
4565ガイドも完璧ですね。

2017/3/15(水) 午後 7:42 [ のんた ]

顔アイコン

のんたさん
えっ、VC200L 2台もお持ちだったのですか!それならもう一台ぐらい同じようなのが増えても・・(^^)

VC200Lはスポットダイヤグラムだと、フルサイズの隅っこでもエアリーディスク内に収まる超絶性能。2本同架してLとRGBと同時に撮ったりしたら、すごいの量産できそうですね。

GS-200RCは接眼部以外の部分は剛性もあり、光軸がずれないので、とても扱いやすいと思います。
どうせなら、30センチカーボン筒のはいかがですか?30センチからは、本体とバンドが分かれますので、本体だけなら18Kgですよ!

2017/3/16(木) 午前 1:00 [ kaien ]

こんにちは😃

GS-200RCってレデューサーで約1000mmの焦点距離になるんですね!今回のエッジオン銀河も前回の銀河団も良く写ってると思いますし、長い反射より随分と扱いやすいと思います!
あ〜、欲しい物ばかりが増えいくぅ〜。。。

2017/3/16(木) 午前 7:24 [ やまぎり ]

顔アイコン

やまぎりさん
上の画像を元にから計算してみますと、焦点距離は1067mm/F5.34となりました。スペック的にはとっても良さそうなのですが・・このレデューサー、周辺がちょっとグルグル状に甘くなるようです。フォーサーズサイズなら、許容できるかもしれませんが・・
そのあたりは、メタルバックを変えて撮った画像がありますので、後日フルサイズでUPしてみますね。

GS-200RCは、軽くて、短くて、光軸が狂いにくい。しかも温度変化のピントずれが少ないみたいです。
ガイドもオフアキが使えますし、20cmF5ニュートンよりも扱いやすいのでは思います。
レデューサーと接眼部が泣き所ですが、TOA-35レデューサーで実績豊富な方がいるので、最終的にはなんとかできるはずです。

いかがですか?GS-200RC とりあえずポチっときましょう。(^^)

2017/3/16(木) 午後 11:21 [ kaien ]

顔アイコン

> kaienさん
2年前2台同架させて同時撮影を目論んでいたのですが、1800mmの鏡筒同士の光軸を合わせるためのプレートの制作に頓挫してそのままお蔵入りとなっています。カメラも2台要りますし...
F9の欠点を補う為にはこれしかないとは思いますけどね。(未だ諦めきれず売らずに持ってます)

2017/3/18(土) 午後 3:29 [ のんた ]

顔アイコン

のんたさん
やっぱりツインを検討されていたのですね。私もGS-200RC二連を妄想したことがありますが・・設置・撤収が一番の問題になりそうです。
のんたさんのスライディングルーフならその点は大丈夫だと思いますが、1800mmの光軸合わせは確かに難しそうですね。
私も双眼望遠鏡を計画しましたが、目幅・光軸調節機構が問題で、挫折したことがあります。(T_T)
いつかのんたさんのVCが二連砲になったら、ぜひ見学にお伺いさせてもらいたいですね。

2017/3/19(日) 午後 3:56 [ kaien ]

顔アイコン

> kaienさん
並列同架いつになることやらですが、何とかしたいですね。
原村の帰りにでも寄って下さい。

2017/3/20(月) 午前 8:09 [ のんた ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事