シュレディンガー猫の天球儀探索

♪ Let it go Let it go 星が点に写らなくても〜♪

全体表示

[ リスト ]

長らく部屋の片隅で、大型果実酒びんに擬態していた”青タンク”の再戦力化を試します。
すでにある程度の段階までテストを進めているのですが、これまでの経過を記しておきます。


1.はじめに
私が初めて買ったまともな天体望遠鏡はLX200-25GPSです。

このときは天体写真は全く考えてなくて、眼視オンリーで機種選定しました。光害地(今も昔も・・・涙)なので、とにかく口径と自動導入を必須条件として選びました。口径は言わずもがな。自動導入を必須項目とした理由は、導入できてないのか、見えないのか、明確にしたかったためです。(星空迷子も避けたかった・・)

この望遠鏡で色々な天体を眺めて、ため息をついたり、感動したりして、私にはとても思い出深い望遠鏡です。
しかし、あるとき電気系を壊して?しまい、架台が動かなくなってしまいました

その後手放すには惜しくて、ずっと遊休機となっていましたが、一体型だった架台から鏡筒を取り外して、こんなテストも実施したりしました。

このときのテスト結果を鑑みて、10Kg程度で1600mmのガイドは充分に可能と判断し、GS-200RC購入に踏み切りました。

その後のLX200-25は、さすがに鏡筒単体で重量が約14kgもあるので、スカイエクスプロラーⅡ(HEQ5)赤道義では安定して運用することは困難と判断し、ふたたび遊休機として眠りについていました。

しかし本年年始より、ある計画的犯行により赤道義の搭載重量問題は解決・・・ ^-^;
満を持して、再始動です。

2.現状の確認
3年ほど前にHEQ5に搭載してガイドテストをしただけて、この鏡筒ではほとんどまともに撮影したことがありません。まず現在の状況を把握するため、テスト撮影を行いました。
赤道義は小回りの利くHEQ5を使いました。

機材はこんな感じ。
イメージ 1

撮影結果はこちら。(四隅と中心:虫眼鏡でピクセル等倍)
イメージ 2
LX200-25GPS鏡筒+MPCC3
HEQ5改 PHD2 TSOAG9+SX-LodeStar 
FUJIFILM X-M1 ISO1600 180s×44枚 総露出時間 2h12m

短縮筒のシュミカセなので、コマ収差が多く残ります。ニュートン用のコマコレクタMPCC3を既定の光路長で取り付けています。
う〜ん・・右側の星像が放射状に伸びてますね。反対の左側は大丈夫そうですが・・・

ついでに全体の画像もUPしておきます。
星像確認用にコンポジットして簡単に調整しただけの画像ですので・・クオリティは気にしないでください。
LX200-25によるM51
イメージ 3

焦点距離が2500mmもあると、さすがに大きく写りますね・・・しかし、F10・・星像はどうしても大きくなります。
最近思うのですが・・・解像度を上げるために、結局F値を短くしなければならないのでは??
その上で拡大率を稼ぐために、大口径化する道をたどるのか。
または、そこそこの焦点距離の超絶シャープな工学系に、微細ピクセルの小面積カメラで撮る??
どちらが良いのでしょうか??

書き疲れたので、続きは後日・・

閉じる コメント(6)

さすが25cm!星像確認用に処理しただけでも、綺麗に撮れてるじゃないですか(^^)

風もなく、シーイングも良く、ガイドも上手くいっていた、ということなら、これ以上はF値を下げるために、口径大きくするしかないのではないでしょうか?^^;

2017/5/10(水) 午後 11:15 [ リュウ ] 返信する

顔アイコン

25cm砲の威力はすごいですね!大きく撮れるのはもちろんですが、細部まで良く撮れていますね。

25cm砲は無理ですが、ガイドの安定化と軽量化を兼ねて、私もオフアキに挑戦しようかと考えております。

2017/5/10(水) 午後 11:39 [ やまぎり ] 返信する

顔アイコン

リュウさんに感化されて、うちの青タンクも引っ張り出してみました。(^^) なんとか写真で使えそうなら、しばらくこの鏡筒で遊んでみるつもりです。今回はSE2に乗せたのですが、グラフ読みでおよそ3〜4秒角も暴れてました。なんせ超過積載ですから。^-^;

お金も無いしじっくり悩むのですが、やっぱり将来的には大口径化でしょうか・・ニュートン反射がニガテなのが痛いです。

2017/5/10(水) 午後 11:46 [ kaien ] 返信する

顔アイコン

やまぎりさん
この重たい鏡筒をHEQ5で2時間ガイドしました。(^-^;
さっすがに2500mmもあるので、大きくは撮れますが・・なんだか「拡大しただけ」感がありますね。あとは口径の暴力かな?

2500mmぐらいになると、星域によってはオフアキで星が見つからないときがありますが・・・これは特殊ケースですね。オフアキ良いと思いますよ!

2017/5/10(水) 午後 11:59 [ kaien ] 返信する

顔アイコン

M51,素晴らしい解像だと思います。
星像は焦点距離が長いので、重たくなるのは仕方ないかなーと思います。

>焦点距離の超絶シャープな工学系に、微細ピクセルの小面積カメラで撮る??

これ、悩ましいですよね。扱いやすさからニュートンが好きなのですが、画素ピッチが細かくなると、センサー側に余裕がないのが見えてくるし・・

あと、デジカメの場合、面積があるので、強拡大した方が見栄えがするなぁと感じたことがあります。どう写したいかにもよるとは思いますが・・・
そこそこ焦点+高精細デジカメより、たぶん、こちらの2500mmで撮影した方がプリントでは迫力が出ると思います。
ただ、星像をキリッとしたいとなると・・前者かなぁ。

2017/5/13(土) 午後 9:40 [ UTO ] 返信する

UTOさん
ありがとうございます。目標はもっと銀河の微細構造を写したいんです。暗黒帯の形とか、腕の中に点在する輝星とかをもう少しパキっとならないかなと思います。
UTOさんの作品はどれも凄い解像度で、いつも感激してしまいます。ここまで出来るのかと・・・

反面自分で撮ったのを振り返ると、FS60CBで撮ったのと、GS-200RCで撮ったものを、モニター上でそれぞれ同じ大きさになるように、それそれ拡縮して見てみると・・それほと差が無い、口径の差ほどの違いが感じられない気がします。

そこでシャープな光学系vs口径で疑問を感じ、さらにF値の悩み・星像と撮影時間もまぜこぜになって、本当に悩み中です。

軍拡資金も欠乏してますし、修業も積まなけれはならないのて、暫くは今の鏡筒の力を引き出す方向ですが、目標に向けてどのようなロードマップを引いてゆくのか・・めちゃ悩んでます。

2017/5/14(日) 午前 10:38 [ kaien ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事