シュレディンガー猫の天球儀探索

♪ Let it go Let it go 星が点に写らなくても〜♪

全体表示

[ リスト ]

銀河を撮影するためには、やっぱり大口径化が有効・・・
今年度の目標・「ニュートン反射・再入門」のためのスタディモデルとして、一度は挫折を味あわされた、SE150Nの再改造に取り組んできました。
写真初心者が手を出してはイケナイ鏡筒の代表格?のSE150Nは、ニュートン反射・スタディモデルとして生まれ変わるのか・・・それとも、じゃyじゃ馬の本性は変わらないのか?!

その後の経緯まとめておきます。

まず、鏡筒の補強に使うために、厚さ1.6mmの鉄板を曲げていたのは既報の通り。
イメージ 1

こんな感じ2本作りました。鏡筒の長さの鉄板を曲げるのはかなり困難だし、重量の問題もありますので、鏡筒の前後のみを鉄板で補強して、中間部は丈夫なアリミゾによる外骨格で補強する作戦です。
イメージ 2


接眼部も悩みましたが、結局GS-200RC用に温存していたTS-Vpower接眼部を使ってしまうことにしました。
接眼部の大きさに合わせて、鏡筒の穴径を広げてゆきます。この工程ではおよその寸法でやってます。
イメージ 3

さて、SE150Nのオリジナル鏡筒を、前記の曲げ鉄板で補強するわけですが・・この接着剤「アラルダイト」で接着してしまいます。アラルダイトはほとんど収縮しないし、固まるとやすりで削らなければならないぐらい硬くなるので、このような用途には最適です。硬化時間も長いのでうってつけです。理系の人には結構お馴染みかな?
イメージ 4

実際の接着はこんな感じ。内側に支持材(ベニア板)を3枚ほど入れて、外側は鏡筒バンドで軽く締めています。
この状態で丸一日以上放置します。
イメージ 5

はみ出してますね。やわらかいうちなら拭けますけど、固まるとナイフでは削れません。
イメージ 6

接着後の内側はこんな感じ、鏡筒の前後に曲げ鉄板が接着されています。いろいろはみ出したりしてますが、接着不足よりマシと言うことで・・・
イメージ 7

鏡筒パイプだけでなく、斜鏡スパイダーにも鉄板を張り付けて補強します。
これは接着前ですね・・オリジナルの部品と補強用の鉄板。
イメージ 8

接着が終わって、完全に一体化してから、再度接眼部やスパイダーの取り付け穴をあけてゆきます。
厚い鉄板なので大変です。
イメージ 9

穴あけが終わったら、内面を塗装します。今回もアサヒペンのストーン調スプレーを使ってます。ざらざらになって少しざらざらが落ちますけど、けっこう真っ黒になるのでまたこれにしました。
イメージ 10

主鏡のツメ隠しも作りました。
イメージ 11

組付けた状態での内面反射・・いかがでしょうかね?
イメージ 12

外骨格となるアリガタと鏡筒バンドはこんな感じ。上のビクセン規格はGS-200RCの部品を流用しています。
イメージ 13

さて、1.6mmの鉄板で補強した鏡筒ですが、気になる重量はどうなったのか?
見えますか〜 結局7.6Kgになりました。オリジナルのカタログスペックが5.7Kgですから、約2Kgほど重たくなってます。
イメージ 14

結局、総重量は・・じゃん!ちょうど10.0Kg ぴったり計算通りでした。(^o^)
イメージ 15

ウチのチューンドSE2赤道義なら、なんとかギリギリ搭載できる予定です。さて、実際はどうなるのか・・

まだトップリングが出来ていませんが、この状態で原村に持ち込みます。
生まれ変わった、「SE-150NSM」 (ニュートン・スタディ・モデル)
全景と、ファーストライトは原村で!

みなさ〜ん、ニュートン反射の光軸調整、教えて下さ〜い。原村で声かけてくださいね。
おねがいします。

閉じる コメント(6)

顔アイコン

こんばんわ。
やっと出来上がりましたか\(//∇//)\ご苦労様でした。
ここまで強化出来たら大丈夫でしょうd( ̄  ̄)
あとは光軸合わせて撮るだけですね。

原村、ウチからは787bさん、にどすけくんが乗り込みます。彼は30cm砲使いなので、出会えれば光軸聞いてみてください。
あと、関西からは六甲山の天体写真さんも、ルーフテント積んで行ってるはずですよd( ̄  ̄)

2018/8/3(金) 午前 3:46 [ こたろうさん ] 返信する

顔アイコン

いいですねー!こういう工夫、好きです。
自分のオライオンも、接眼部はせめて交換しないと・・

2018/8/3(金) 午前 9:03 [ UTO ] 返信する

こたろうさん
ありがとうございます。ようやく形になってきました。色々と忙しかったので、随分と時間がかかってしまいました。
途中で斜鏡の大形・オフセット化を考えたり、主鏡を交換してF4化しようかとも思いましたが、出来るだけオリジナルの状態を残すことにしました。
あとは光軸・・じつはちゃんと合焦するかも未確認です。
いま原村の会場にいます。どなたかとお会いできると良いのですが・・

2018/8/3(金) 午後 1:38 [ kaien ] 返信する

UTOさん。
なんとかここまで形になりました。まず、ちゃんと合焦するかどうかなのですが・・原村は今とんでもなく暑くて・・光軸はもう少し涼しくなってから調整してみます。
なんとかニュートン反射、マスターしたいです。

2018/8/3(金) 午後 1:41 [ kaien ] 返信する

顔アイコン

すいません、仲間内は明日のようです。六甲山さんは現地入りしてるはずです\(//∇//)\

2018/8/3(金) 午後 6:19 [ こたろうさん ] 返信する

こたろうさん
いろいろとありがとうございます。
昨日はけっきょくのんたさんにレクチャー&確認をしてもらって、最低限の確認はできたと思います。今日も原村にいますが、こちら日差しが痛いほど暑いです。主鏡の角隠しがポリプロピレンなので、熱で歪みそうです。
夕方に機材紹介があったら、この鏡筒を出すつもりです。皆様にもよろしく。

2018/8/4(土) 午後 0:58 [ kaien ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事