シュレディンガー猫の天球儀探索

♪ Let it go Let it go 星が点に写らなくても〜♪

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

先日の謎箱を開梱いたしました。まずその前に言い訳から。

1.当初の目的:トップリングを付けたかった。
イメージ 1

SE150Nの改造を行っていたのは概報のとおり。1.6mmの鉄板で補強したので、鏡筒厚は合計2mmを超えています。そのため、元のトップリングが取り付けできなくなってしまいました。SE150Nのトップリングはなんと樹脂製!(一応結構硬い)このトップリングが気に入らなくて、計画では金属で作り直すつもりでした。しかし、すでに現状でガチガチなため、トップリングは不要と思われます。
でもこのままだと、筒先のキャップが付けられなくて不便です。なんとかキャップを作り直すか、見栄えの改善も含めてトップリングを付け直したいたいところ。剛性は充分なので材質は樹脂でもOK。ですが、元のトップリングを加工するのは(器用さ的に)かなり難しそう。

2.過程
金属で作るのは作業が大変。元のトップリングを加工するのは肉厚が足りない。もう樹脂でもかまわないので、なんとか作れないかな?樹脂ならば・・ 樹脂ならば・・ ぐふふ、なんだか楽しくなってきた。(この段階で手段が目的と入れ替わってしまいました)後悔はしないぜ!

2.結果
ここで前回まで封印されていた謎箱につながります。さて開梱〜
イメージ 2

箱の中身はアヤシイ物体が・・・喜々として組み立てました!
イメージ 3

はい!3Dプリンターでした〜
イメージ 4

とりあえずテストプリントちう。これから使い方をマスターしなければ・・
天体用の機材を作るための機材は・・・天体機材なのか??さすがにコジツケが無理ヤリでした。

さっそくスライスソフトの設定でハマりました。こっちも沼だったかにゃ。あとプリント中けっこううるさいです。

開く コメント(12)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事