民間救急移送の軌跡 〜海外患者医療搬送の足跡〜

国際患者医療搬送・外国民間救急・海外患者移送搬送の仕事紹介と日記です

リーベンの日々

すべて表示

外国患者医療搬送 西アフリカ・マリからの帰国 検.汽丱鵐覆旅

アディスアベバから更に6時間半、
眼下の風景はエチオピアの高地からサバンナ地帯へと変わってきた。

マリの首都バマコ国際空港に着陸、
首都の空港であるはずなのに民間機は1機のみ、
後は全てUNマークの機体ばかり、
ここが如何に「世界のはずれ」であるかが伺える。

空港には今回の移送に関わる政府の関係者とボディーガードが出迎えに来ていた。
人を救う事が人を殺める銃に守られなければ始まらない矛盾と、
守られなければ移動すらできない安全レベル4の現実。
その国で邦人帰国支援が始まる。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7









.


みんなの更新記事