河信基の深読み

読者各位様:本「河信基の深読み」は順次、北朝鮮投資開発戦略研究所(2019年4月〜所長・河信基)の公式HPへ移行して参ります。

全体表示

[ リスト ]

 アジア、いや、世界的にも日本の親米度は抜きん出ている。大義なきイラク戦争をいち早く支持したのは小泉首相(当時)であったが、その極め付きの対米追随姿勢は自民党の宿命だろう。
 何故なら、自民党がテロ特措法延長などで金科玉条に掲げる「日米同盟の強化」は1960年の日米安保条約に基づくが、それに調印した岸信介首相(当時)が米CIAのスパイだったからだ。

 A級戦犯容疑者として巣鴨拘置所に収監され、死刑を覚悟していた岸が突然、釈放され、旧敵国に忠実な親米派に変身し、十数年後に首相にまでなったのは戦後日本憲政史上最大の謎とされてきた。
 その謎解きをしたのが、ピュリッツアー賞を受賞したニューヨーク・タイムズのティム・ワイナー記者の『灰の遺産 CIAの歴史』だ。
 http://www.amazon.co.jp/Legacy-Ashes-History-Tim-Weiner/dp/038551445X/ref=pd_bbs_1/249-2549327-6969909?ie=UTF8&s=english-books&qid=1192059936&sr=8-1

 さわりの部分を時系列で整理すると以下のようになる。
 
 CIAは自民党を取り込むため、情報提供に対する報酬の形で将来性のある自民党政治家に資金を与えた。金の運び屋は米人実業家が担い、その中には再建中の自衛隊に武器を納入したロッキード社重役が含まれていた。
 岸は1955年に自由民主党を結成し、幹事長に収まるが、CIAの工作を利用して保守勢力を糾合した。そうして政権トップを目指した岸は、安保条約の改定を米国に約束した。岸との連絡役になったのはCIAのケース・オフィサーであるクライド・マカヴォイであった。
 1957年3月、岸が首相になる日、国会では安保条約に反対する動きが顕在化していた。それについてマカヴォイは、「岸と私はその日のクーデターを流産させた」と次のように語った。
 「米国と日本は合意に向かって動いていたが、日本共産党は投票が行われるこの日、国会で反乱を起こす計画を立てた。それを社会党本部職員の通報で知った私は、天皇に謁見する予定だった岸に緊急秘密会談を申し入れ、モーニングにシルクハットの装いで現れた岸に、共産党が国会で反乱を企てていると伝えた。国会では午前10時半か11時に食事などのため審議を中断させ休憩することになっていたが、岸は休憩を取るなと自民党議員に命じ、自民党以外の議員が退席したすきに法案を採決した」
 
 1957年6月に岸は訪米し、新任の駐日大使に決まっていたマッカーサー将軍の甥・ダグラス・マッカーサー2世と会って、米国が権力基盤強化を助けてくれれば、日米安保条約は成立し、左翼を押さえることができると語った。そうして、内密の支払いではなく、CIAによる恒久的な財政支援を求めた。
 アイゼンハワー大統領は自民党有力者へのCIA資金提供を承認した。相手によっては米企業からの献金と思わせ、少なくとも15年間、4代の大統領にわたって資金提供は続いた。
 岸と同じA級戦犯容疑者であった賀屋興宣も、CIAのスパイであった。賀屋はCIAの秘密作戦で1968年の総選挙で中軸の役割を果した。

 以上が要旨だが、日本の戦後憲政史を書き換えかねない衝撃的な内容を含んでいる。
 GHQ司令官のマッカーサーが対日政策を民主化からソ連との冷戦に対抗する反共の保塁として再編成する方針に転換し、岸らA級戦犯を次々と釈放し、CIAのスパイにしたことは一般論としてはこれまでも知られていた。
 『灰の遺産 CIAの歴史』は、岸と接触していたCIA要人の赤裸々な証言を通して岸スパイ説を裏付けたと言える。
 
 自民党は米情報機関の出先機関であり、それを通して戦後日本の政治は操られてきた、と言われても反論しがたいだろう。
 チリのアジェンデ社会主義政権を倒したピノチェトらの軍事クーデターの背後にCIAがいたように、CIAは世界中で政権転覆、操作に介入してきた。
 西側先進諸国で旧敗戦国であるドイツ、イタリアでもその影響力が強く残るが、日本ほど露骨ではない。

 日本の特殊性は、ドイツ、イタリアでナチスやファシストの追放が徹底したのと対照的に、岸を先頭にした旧軍国主義者がCIAの支援で政界復帰を果たし、戦後政治の主導権を握ったことにある。
 それが戦後の日本政治を歪ませたのだが、例えば、CIAのスパイであった岸が「対米自立、自主憲法制定」を掲げ、自民党是になったことは一見して矛盾する。それが岸の“悲願”と庇う見方もあるが、正体を隠し、国民を欺く偽装であった側面があったことは否定できまい。
 岸自身が「満州国は私の作品」と述べたように、満州国産業部次長・総務庁次長として関東軍参謀長であった東條英機と近く、東條内閣の商工大臣、軍需次官(軍需大臣は東條兼務)として国民を「鬼畜米英」相手の戦争へと煽った張本人がかつての敵のスパイになる劇的な変節については、A級戦犯として生殺与奪の権をマッカーサー元帥に握られていた岸が生き残るには、それしかなかったと弁護する見方もある。

 そのDNAが二世、三世の世襲政治家を通して自民党に受け継がれ、保守系右派(ジャパニーズ・ネオコン)を形成し、「ブッシュの戦争」に過ぎない反テロ戦争に埋没する小泉=安倍政権という極端な対米追随政権を生んだ。
 安倍前首相が掲げた「戦後レジームからの脱却」が、実質は親米ながら憲法を押し付けと否定するなど反米的要素も混じり、舌足らずで分かりにくいのは、尊敬する祖父・岸の屈折した心情を受け継いだからとみられる。
 
 ブッシュ大統領にテロ特措法延長を誓いながら僅か4日後に政権を放り出した安倍首相の頓挫は、そうした忌まわしい過去にケジメを付けよとの、歴史からの警鐘とも読める。
 参院選で厳しい民意の審判を受けた自民党は、この際解党するか、最小限、党名変更で再出発する必要があるのではないか。
 もっとも、黒白をはっきりさせる原理原則論からはそれが筋とは言え、既得権益を後生大事に抱え、グレーゾーンを好む日本的風土では、賛反入り混じった複雑な潮流を引き起こし、現在の政局にも微妙な影を落としているように見える。

 恐らく、米国に操られる外交に異論を唱えた最初の日本国首相は、田中角栄であった。
 田中は日中国交回復を仕掛けてキッシンジャー国務長官を怒らせたし、対北朝鮮外交でも新基軸を打ち出そうとしていた。ロッキード事件で失脚するが、『灰の遺産 CIAの歴史』によると、ロッキード社はCIAの運び屋であった。ロッキード事件が田中角栄追い落としを狙ったCIA陰謀説を補強すると言える。

 角栄の薫陶を受けた小沢一郎氏が、自民党幹事長まで務めながら自民党の解体を主張して党を割り、細川政権樹立の原動力になった背景も、そこかしこ浮かび上がってくる。
 民主党代表となって国連中心主義を主張し、インド洋での海自艦の給油活動は「憲法違反だ。ブッシュの戦争に加担できない」としているのは、一種の意趣返しかもしれない。
 あるいは、CIAに操られた日本憲政史にケジメを付けようとしているのだろうか。そうだとしたら、後世の「対米自主外交史」の1ページを飾ることは間違いなかろう。

閉じる コメント(41)

顔アイコン

私が沖縄の公文書館で調べた際には、
▼1960年、アメリカ日米安全保障条約【解約の意向】
▼が、日本側の【岸信介】が、強行【更新】以降10年毎。

安全保障条約は締結の「2国間」で「世界の平和と安全について
ともに協議し強調する」と云った内容です。
どこにも【アメリカが日本のために、いつでもどこでも軍隊を出す】
などとは記されていません。

寧ろアメリカは【世界初のテロ指定国の日本】を監視しつつ
指示しなければならないと考え【日米安全保障条約】を締結した
ものと私は考えます。

2008/2/25(月) 午前 10:07 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

ところが、国際的テロ犯の岸信介は、
一方でアメリカに「ウソかマコトか」分からぬ「赤狩り情報」を流し、
アメリカの救済者!?のように「身方ずらをし、金を受け取りつつ、

もう一方では国民へ、
「アメリカはオレの後ろに着いている」
「アメリカには悪いようにはさせない」
「戦争は日本が負けたんじゃない」
「だからオレは民主主義者で、今も生きている」
「オレが犯罪者なんかじゃなかった証拠だ」
と、犯罪のパラドックスを成立させるために、
【民主主義の正義の身方】として【象徴が必要】であった。
それが、【アメリカが日本のために、いつでもどこでも軍隊を出す】
ための【日米安全保障条約】となったと、私は考えます。

この岸の【妄想の非現実的構想】の念押しが、安保【更新】でしょう。
なんとしても【犯罪者が正義の身方へすり替わる】ための、国民向けの
物的証拠のようなものです。

もう1つ、岸信介は、同じく【テロ首謀者の昭和天皇】と共謀した姦計を
実行しています。
(昭和天皇も、近衛文麿の自決により、テロ犯罪を国内向けには
闇に葬りました)

2008/2/25(月) 午前 10:08 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

【岸と裕仁】の共謀「犯罪のパラドックスの成立」は、
日本国憲法の【第1条のみ】に明確に露出しています。
URL: http://blogs.yahoo.co.jp/shion1082001/30398151.html

天皇の肉声が、「最上階に設えた宮」から陛下たらんとして、
「聞こえて来るかの様」な文面です。
「第1条」の文面に、語りかける相手(国民)の存在を私は見い出しません。

前提として【天皇は日本国の象徴である】と書き出されています。
私の祖父母も両親も「象徴」について、アンケートをとられてはいません。

戦争体験者の父は嘗て、天皇も岸も【鬼畜】であると言いました。

無事帰還したこの父や、他の人々からも【戦死者の最後の声】は
▼【天皇万歳でも、岸万歳でもありません】
▼【母親や恋人の名を呼び、死んで行った】と私は聞きました。

先ず【象徴】って何でしょ??
極めて曖昧な表現で以て【国の統治機構】は【本人不在体制】
を布いて来ました。
なぜなら、もともと【テロ犯罪者が生き延びるためだけにつくらたもの】
ですから。

2008/2/25(月) 午前 10:09 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

日本列島を、他の代名詞へ換えて呼ぶとき「だれが天皇と言いますか?」

この意味不明の【象徴】たるを、冠した天皇は、
司法立法行政の上に立ち「最高機関」の【人間機関】として国事行為を
行い【権能】します。

天皇が国事行為を拒否しても【国政ストップのまま】何も手だては
ありません。
経済大国を自認する国で、他に、いったいどこにこんな馬鹿げた国が
ありますか?

1192年以来、日本の統治体制は、
1)宗教面(実権ナキ):帝・天皇と
2)実際面(実権をもつ):将軍・首相との2人が並立して統治して
来ました。
相互に責任転嫁のシステムです。

現在も、「象徴(天皇)」が「実権者(首相)」を任命します。
しかも自民党は、諸外国から「カルト集団」認定の新興宗教団体と
連立しています。

こんな旧態依然の神懸かりの国を、どこの国が認めていると思われますか?

2008/2/25(月) 午前 10:09 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

私は幼い頃に家族の会話の中で「世界初のテロ指定国日本」を岸信介が
「国家機密」にしたことを聞きました。
しかし、諸外国大使や、諸外国新聞記者らが知る「公然の事実」です。

もと首相小泉純一郎当時(当時22〜3歳)は、1965年に私(当時17〜8歳)
とともに初デートをした相手です。
彼が決めた12月14日、泉岳寺近くの品川で、私は会いました。
私の連絡先を知っている「もと首相小泉純一郎」は、担任でもない「私の恩師」を、
▼陰でスパイ行為により探し出し、授業の一環であった「登山」大菩薩峠へ
同行していました。

そこで「私の恩師」の口から【彼の名は小泉純一郎。慶応出】と強調させま
した。

▼しかし【1964〜6年】頃「もと首相小泉純一郎」は、
▼【浦賀・久里浜行き】の【京浜急行線、始発品川駅】ホームへ、
【毎朝8時5分】に、【学帽学生服】姿で、ぼーっと立っていました。

2008/2/25(月) 午前 10:23 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

▼「もと首相小泉純一郎」が、当時かぶっていた学帽は【慶応のペンのマークでは
なかった!】ですね。
私は、「もと首相小泉純一郎」へ、当時「鮫洲の都立高専の紀章に似ている」と
言っています。

つい最近、文科省で知りましたが、
1986年辺りから20年前まで遡った卒業生の成績は抹消されているとのこと
でした。
都道府県により違いがありますが、東京はもっとも卒業生人口が多いので
高校の成績表は抹消し卒業証明だけは残しています。
この方法であれば、在籍の証拠がなくとも卒業証明だけで在籍を証明できますね。

犯罪者の心理とは?

岸信介は「アメリカのCIA」も利用したと私は考えます。
岸信介らが流した情報はガセネタか否か、私は知りません。
しかし、アイゼンハワー大統領以降、約15年間、報酬として金を受け取って
いた国際的テロ犯岸信介と、そのテロ犯継承の自民党は「自分たちさえ都合良ければ」
の金で、国内を統治して来たのです。

犯罪者による 犯罪者のための 犯罪者の政治!

2008/2/25(月) 午前 10:26 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

アメリカ政府も米軍上層部も、実際には、日本の貢ぎ外交について、陰では、

▼【いいの?ほんとにいいの?こんなことまでして呉れちゃってー】
と言っています。

犯罪者の恐怖から発した【妄想】は、国内至るところへ蔓延していますね。

2008/2/25(月) 午前 10:27 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

吉田茂がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書
(1949年8月末から9月初旬ころのものと推定される)

朝鮮人居住者の問題に関しては、早急に解決をはからなければなりません。
彼らは総数100万にちかく、その半数は不法入国であります。
私としては、これらすべての朝鮮人がその母国たる半島に帰還するよう期待するものであります。
その理由は次の通りであります。

(1)現在および将来の食糧事情からみて、余分な人口の維持は不可能であります。
米国の好意により、日本は大量の食糧を輸入しており、その一部を在日朝鮮人を養うために使用しております。
このような輸入は、将来の世代に負担を課すことになります。
朝鮮人のために負っている対米負債のこの部分を、将来の世代に負わせることは不公平であると思われます。

(2)大多数の朝鮮人は、日本経済の復興に全く貢献しておりません。 削除

2008/2/25(月) 午前 10:52 [ 456 ] 返信する

顔アイコン

(3)さらに悪いことには、朝鮮人の中で犯罪分子が大きな割合を占めております。
彼らは、日本の経済法令の常習的違反者であります。
彼らの多くは共産主義者ならびにそのシンパで、最も悪辣な政治犯罪を犯す傾向が強く、常時7000名以上が獄中にいるという状態であります。
戦後の朝鮮人による起訴犯罪事件数は次の通りです
[詳細省略、1948年5月末までで、9万1235名の朝鮮人が犯罪に関与したという数字をあげている]。
さて、朝鮮人の本国送還に関する私の見解は次の通りであります。

(1)原則として、すべての朝鮮人を日本政府の費用で本国に送還すべきである。

(2)日本への残留を希望する朝鮮人は、日本政府の許可を受けなければならない。
許可は日本の経済復興に貢献する能力を有すると思われる朝鮮人に与えられる。
上述のような見解を、原則的に閣下がご承認くださるならば、私は、朝鮮人の本国帰還に関する予算並びに他の具体的措置を提出するものであります。
敬具 吉田 茂 削除

2008/2/25(月) 午前 10:53 [ 456 ] 返信する

顔アイコン

祖父には戦前の植民地支配への反省が全くありません。

私もそれを踏襲し、麻生炭鉱での朝鮮人徴用者の未払い賃金を踏み倒すことにしました。 削除

2008/2/25(月) 午前 10:59 [ 麻生太郎 ] 返信する

顔アイコン

現役のニューヨークタイムズ記者のウィナー氏の著書。

二十年という歳月を費やした『LEGACY of ASHES The History of the CIA(灰の遺産 CIAの歴史)』へ、私は敬意を表します。

が、〈米国がリクルートした中で最も有力な二人のエージェントは、日本政府をコントロールする
というCIAの任務遂行に協力した〉他に、さらに歓ばしからざる副産物を産み落としたと、私は考えます。
(有力な二人のもう1人は、日本テレビの正力松太郎!?)

この【協力】は、両者の意図とする処を離れて、
アメリカも日本も、もっとも決着をつけねばならなかった「日本の敗戦箇所」でもある、
▼「人間神格化」の、その天皇へ「望外の土産:天皇の地位」を確保させたと、遺憾ながら、私は受け止めています。

2008/2/27(水) 午後 2:54 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

史上最長在位64年(1926〜89年)の昭和天皇「裕仁」は、1947年日本国憲法により、
「象徴」天皇とはなりましたが、「権能は自明の理」

現政府も「性善説」を勝手にうちたて、天皇の国事行為拒否の例を考慮せぬ日本国憲法。
こんな頼りない情動的な国法があるでしょうか?

前述の通り、天皇「裕仁」逝去後、彼の手帳から「王制復古を最後まで望んでいた」と
宮内庁侍従から発表されました。

2人のエージェントの功績!?は、計らずも、事実上は、
・日本が王制を維持のまま、
・自らは「国際的テロ犯」の存命を成功させたーーと、私は受け止めます。

・CIAVS岸信介(+正力松太郎)。岸信介VS天皇。→CIA>岸信介>天皇「裕仁」。

今日【人間】最高機関として権能する“象徴”天皇。“象徴”はトリック!、無意味です。

2008/2/27(水) 午後 3:02 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

「もっともっと愛子に会いた〜い」と、昨年、

国民プラザへ向け、グチった日本の天皇“陛下”“さまさま”は、
日本大使館を通じて、08年2月24日、【就任祝賀メーッセージ】を、
韓国【李明博】大統領へを送った!ようですね。
韓国側では、歓んでいたのやら?びっくり「シャットル」していたのやら?
「異例で前回はなかった」と説明の様子。

これは、天皇?宮内庁?外務省?の「御」名案!?

三智子皇后が数年前に、用心して注意深く警告を発したマスコミ。
そこへ、息子の生活を披露してしまったことは「一般人の親でも最低!」
人間関係で、もっとも「信頼」を損ね、嫌悪感を抱かせる行為。この公罪は大!

息子家族への心配りよりも「自らの願望である、会いたい!」を先んじたその人物が、
今度は何としたことか?韓国の大統領「親戚?故郷へ心配り!?」

首相を任命する天皇は、日本統治機構の最高機関、しかも人間機関。
天皇はいつも「首相と一対」
やはり「国を代表して!」と、云うことでしょうか。

天皇の出自が秘められた「朝鮮半島」へは、さぞや格別の念いを致していることでしょう

2008/2/27(水) 午後 3:04 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

岸信介という「従米!?」政治家を、
日米安保条約を仕上げた「勇気ある政治家だ」と、褒め讃えてきた「脳天気な」自民党。

テロ犯の岸信介が、東京裁判で殺されず巣鴨から出所し、「民主主義者」として
「生き返る」ためには、テロ首謀犯昭和天皇の【象徴】書き換えと同等の『トリック・マジック』が是が非にも必要だった!と。

日本を、平和へ協調させるためのアメリカ監視・保釈期間の【安保】へ、
テロ犯の岸信介は、国民向けに「新たな妄想による、効力」の添付。

岸信介がアメリカに協力する意向に見せかけた【安保更新】は、【岸だけの、エイリアン出産】が、かかっていた!

安保条約は、「アメリカが日本の為に、いつでも、どこへでも、軍隊を出す約束」だから、絶対に解約してはならないーーと党内へ流布したことが、
「アメリカと日本の礎が築かれたですって!?」「岸が勇気ある政治家ですって!?」、この“アンポ”ンタンの自民党が!

日本を【世界初のテロ指定国】にし、この世界周知の事実を【国家機密】にした【国際的テロ犯岸信介】が、国民や世界の安全と平和を考えられると思われますか?

2008/2/27(水) 午後 3:10 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

GHQ退出後の1960年、ものの見事に、旧態依然へ教育制度もひっくり返りました。
社会全体の体制も、実は「復古調へ回帰」したと、私は受け止めます。

それまでの私が体験した公立小学校の「専門4教科」は、ア−ティストにより指導され学習させられました。
主要教科は、研究発表を主体に自主性と創造性を養われました。
5組まであった学年には、ひとクラスに必ず「肢体不自由児」や「脳性薄弱児」が数名いましたが、
運動会でも発表会でも行動は、クラスメートと共にしました。

・他には、靖国へ、新たに、「テロ犯」や戦犯他中央軍部の名が、福井県の神官(もと軍部)により、ひと晩で記名された事件も、この頃でしたね。

・アメリカと、格別友好的だと云われた首相らは、真逆に、国内では【靖国神社と親密】でしたね。

2008/2/27(水) 午後 3:13 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

在日米軍基地は【治外法権の日本自衛隊化】

1955年【国際的テロ犯岸信介】により建設された自民党!
統治機構と憲法第一条に「事実上の王政復古」は盛り込まれています。

日の丸をつけ、満艦飾の自衛隊機が、子供のオアソビのように飛び回る!
▼この首都圏住宅街の低空は、「アメリカ航空隊の飛行ルートだ」と断言した防衛省!

・諸外国とともに、アメリカ自らが認定した【世界初のテロ指定国日本】の、
・そのテロ犯者と認めた【岸信介】を、【アメリカとCIAは、なぜ使ったのしょうか?】

・なぜ、【昭和天皇】を、最後まで裁けなかったのでしょうか。

▼昭和天皇と岸信介を、戦勝国が「東京裁判」において裁けなかったことは、
アメリカの1番の手落ちでではありませんか?

世界の警察と誇るアメリカとCIAの任務へ、私は抗議します!!

2008/2/27(水) 午後 3:16 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

第二次世界大戦の大惨事を体験しながら、無意味に終わった無惨な結果へ!

そして迷信と祈祷政治が残った。【伊勢神宮や靖国神社】

2008/2/27(水) 午後 3:18 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

「天照大神」の役柄と「天皇制」の確立。

天皇は「現在の天皇家が朝鮮出身である」ことを知っている!と、私は受け止めています。

出自を再認識した【明治天皇】は、改めて、公式【伊勢へ“初”参宮】
それまでは、どの天皇も公式には参拝したことがない、とー

民族の交替、弥生人の拡大した時期が581年のころではないかと、私は考えます。
▼反乱!?を起こした【蝦夷】の首領、三輪山の都(大和)へ連行さる。
そしてその反乱!?の禊ぎとして、儀式「節分」の「鬼やらい」が誕生。

しかし、実際は大和へ「新勢力確立」のための【イベント】:「節分」の「鬼やらい」

律令的天皇制と、指導者、新【天皇】と【官僚】の誕生。

その祭、土着の信仰「日神」と「月神」とその「母親神」といった【三神を合体】させ、オラトリオならぬ【神トリオ】が誕生!

▼ただの「天照神」から、わざわざの国内統一の神「天照“大”神」の「御仕立上がり」→神最高【皇祖神】へ。

2008/2/27(水) 午後 3:21 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

伊勢神宮、巫女が神の声を聞き、神の代理として「予言」や「吉凶」を告げる 「お水取り」儀式今も健在!

・8世紀前半ころ、【斎宮】と【天皇】の間に確立した様式が、形骸化した【伊勢神宮】
・幕末、【斎宮の復興】の建議。明治から昭和にかけて多くの復興運動。

▼斎宮=天皇制ならびに伊勢神宮を維持するための組織と制度=宮廷儀式のための斎戒の場。

・伊勢神宮・正宮の写真撮影禁止←が、法令に制定されてはいません!
・隠すことで、なお一層崇めさせる「神格化の妄想効果」を狙っているだけです。

▼破れた尊王攘夷の勤王の志士らを、靖国へ祀る(記名)よう発したのも【明治天皇】
(尊王攘夷運動:天皇の権威の絶対化、開国反対主張⇔天皇の勅許無視で西洋諸国と条約締結の幕府。神官:真木和泉、坂玄瑞らが中心/幕末)

▼他力で日本は開国!しかし統治体制は閉鎖的な【王政復古】へ戻っていました。

2008/2/27(水) 午後 3:24 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

大変、勉強になりました!
アメリカルマ(ロックフェラー)やらCIAやらが、どんっっなに卑劣な連中で、そのCIAに金を貰ってたアメポチ売国奴が如何に糞たわけか。
本当に理解できます!!(怒)(怒)

日本の為に動いたら殺された政治家達の、無念さよ・・(涙) 削除

2014/3/15(土) 午後 4:26 [ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事