河信基の深読み

読者各位様:本「河信基の深読み」は順次、北朝鮮投資開発戦略研究所(2019年4月〜所長・河信基)の公式HPへ移行して参ります。

全体表示

[ リスト ]

 天安艦沈没は「北朝鮮の重魚雷によるもの」と結論付けた韓国軍主導の軍民合同調査団責任者(海軍中将)は「衝突説を主張した調査委員も調査結果に同意しているのか?」とCNN記者に聞かれ、「そうだ」と答えたが、これは事実に反する。
 合同調査団に民主党推薦で参加したインターネットポータルサイト・サプライズ'代表のシン・サンチョル委員は今も「天安は座礁し、脱出する過程で衝突した」との主張を曲げていない。
 合同調査団の結論には内部で異論があったことが明らかになったわけである。
 
 私もネット中継を午前10時から昼近くまで観ていたが、首を傾げざるを得ない初歩的な矛盾点が多く、調査委員全員一致は難しかろうと思っていた。
 例えば、「決定的な証拠」とする魚雷片の「1번(番)」なる表記だが、北朝鮮では호(号)や固有語のチャレ(차례)を使い、韓国と異なり日本式の「1번」はほとんど使わない。油性ペンでの後書も不自然である。
 今後検証を重ね、真実を明らかにするのは当然であろう。
 
 ところが、驚くべきことに、海軍は反対意見を述べたシン氏を「流言卑言(デマ)流布による名誉毀損」で検察に告訴し、検察公安部が捜査に乗り出したという。
 21日付けの韓国紙報道によると、「ソウル中央地検は沈没の原因が明らかとなった以上、それに反する主張は名誉毀損などの疑いで刑事処分できると判断し、国家の安全保障に直結した重大性があるので公安事件とみなして厳正捜査する方針を固め、事件を国家保安法違反容疑などを担当する公安1部が担当することになった」という。
 さらに、「ネット上で合同調査団の結論に反する意見が飛び交っていることに対しても名誉毀損事件としてハイテク犯罪捜査第2部が捜査を強化する」という。
 
 日本ではありえないことで、すぐさま言論弾圧として問題となろう。 
 韓国では、6月2日の統一地方選挙前に検察が野党有力政治家を次々と捜査対象にし、公安政局と批判されている。さらに、カネで捜査に手心を加える「スポンサー検察」が問題化し、検察改革が俎上に上がっている。
 そうした中、検察が青瓦台(大統領府)に媚を売るためシン氏を捜査対象にしたとの見方も出ている。
 
 これまでにも、「政府が国民に公開していない沈没原因に関するデータを米国が持っている」と明らかにしたバク・ソンウォン)前青瓦台統一安保戦略秘書官を国防部が名誉毀損として訴えた事件もソウル地検公安1部が担当した。
 
 「座礁・衝突の海難事故」ということになると国防部幹部の管理責任が問われるので、「責任回避のために、何かと挑発的な言辞をしている北朝鮮のせいにした」との見方が野党では有力であり、国会でも真相究明委員会が遅まきながら始動する。
 その矢先の口封じのような動きは、真相隠しと疑われても仕方があるまい。

閉じる コメント(76)

顔アイコン

6カ国協議の破綻示唆か=「同じやり方ではいかぬ」−米国務長官

クリントン米国務長官は21日に行った日米外相会談後の共同記者会見で、北朝鮮の核問題への対応について「これまでと同じやり方ではいかないだろうし、同じであってはならない」と述べた。韓国政府が哨戒艦沈没事件を北朝鮮による魚雷攻撃と断定したことを踏まえ、核問題を扱ってきた6カ国協議が事実上破綻(はたん)したと示唆したとも取れる発言で、波紋を広げそうだ。
同長官は「北朝鮮は脅しの政策をやめ、非核化の約束を果たし、国際法を守らなければならない」と強調。その上で「地域だけの対応ではなく、国際的な対応が必要だ」と指摘し、国連安全保障理事会などの場で実効性の高い非核化措置を追求すべきだとの認識を示した。
6カ国協議の議長国である中国は早期の協議再開が重要との立場を示しており、同長官の発言は中国の反発を招く可能性もある。 (2010/05/22-00:02)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010052200007

2010/5/23(日) 午前 8:40 [ kib**ibi2* ] 返信する

顔アイコン

韓国、武器の完全禁輸を検討 北朝鮮追加制裁案で

【ニューヨーク共同】韓国海軍哨戒艦が北朝鮮製魚雷の爆発で沈没したとの調査結果を受け、韓国政府は22日までに、武器完全禁輸の導入、資産凍結や渡航禁止の対象の拡大を主な内容とする国連安全保障理事会の対北朝鮮追加制裁決議案の検討に入った。複数の国連外交筋が明らかにした。

ただ、北朝鮮は「韓国のでっち上げ」と関与を否定し、金永春人民武力相は同国が派遣する調査団を無条件で受け入れるよう韓国側に要求するなど反発。拒否権を持つ安保理常任理事国で北朝鮮寄りの立場を取る中国も安保理での協議自体に難色を示しており、実現するかは不透明だ。

外交筋によると、韓国は、哨戒艦沈没をめぐり韓国への全面支持を表明している米国や日本などと決議案を共同提出することを想定。

2010/5/23(日) 午前 8:41 [ kib**ibi2* ] 返信する

顔アイコン

昨年5月の北朝鮮による2度目の地下核実験を受け、翌6月に採択された制裁決議1874の強化を目的とし、決議案では、沈没の調査結果を引用して「北朝鮮による攻撃」と強く非難。

さらに「小型武器、小火器、これらの関連物資」を含めたあらゆる種類の武器輸出入を禁じる「武器完全禁輸」の導入を検討する。

2010/05/22 17:09 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010052201000430.html

2010/5/23(日) 午前 8:43 [ kib**ibi2* ] 返信する

顔アイコン

国連追加制裁は無理でしょう。韓国がどれだけ騒いでも無駄なことです。軍事先進国のロシア、中国の軍当局がまじめに検討したら、魚雷攻撃ではなかったとすぐ判断されるし、出された証拠はとても納得がいくものではないと一目瞭然だからです。

常任理事国の中、露があのような調査結果で追加制裁決議には同意することなんかあり得ない。

日本の感覚で考えると、さぞかし韓国では北朝鮮糾弾国民大集会、デモがあって当然だと思うだろうが、そうではない。

韓国全土のどこでもデモも集会も何にもないのだ。

今韓国で起こってるのは、発表が正しかったのなら、無能な国防を全世界にさらけ出して、それを誇ってる馬鹿なMB政権だと呆れてるのが大多数で、
特にMB政権の北風よりも、非業の死をとげたノムヒョン前大統領の1周期の反MB政権批判の風が北風を完全に圧倒しているのが現実です。

MB政権は帰ることが出来ない”ルビコン河”を渡ってしまったと。
韓国の株価が急落し、戦争状態の緊張が続くようになると、外資がどんどん去っていき、韓国経済は大打撃を受けるとささやかれてる。 削除

2010/5/23(日) 午前 9:49 [ 読者X ] 返信する

顔アイコン

ルビコン川とは

イタリア北部を流れる川で、リゾート地として開発されているガッテーオ・ア・マーレでアドリア海に注ぐ川。
ルビコンとはラテン語での呼び名で、現在イタリア語ではルビコーネ(Rubicone)と呼ばれている。

共和政末期の古代ローマにおいては、本国である「イタリア」と属州ガリア・キサルピナの境界線の役割を果たしていた。軍団を連れてこの川を越え南下することは法により禁じられており、その南下行為はすなわち共和国に対する反逆とみなされた。

紀元前49年1月10日、ローマ内戦においてユリウス・カエサルがルビコン川を渡ったことで知られる。

『ルビコン川を渡る』は、以後の運命を決め後戻りのできないような重大な決断と行動をすることの例えとして使われている。 削除

2010/5/23(日) 午前 9:58 [ 読者X ] 返信する

顔アイコン

6チャンネルで辺真一さんがでているが、「錆び付いたなあ!」
重村さんもあっちへ行ってしまったが、辺さんの情報源も怪しくなったものだ。
日本の評論家の恐らくほとんどが韓国支持に傾いているようだ。
疑問を呈しているのはここの河さんだけか・・・?
河さんも、私たちが問題提起していなければ、やっぱり韓国の発表を支持するしかなかったのではないか・・・・?
みんな自分で考えるという作業をしていないんだなあ・・・・・
だから日本国民が愚かにも誘導されてしまうのは、しょうがない事であるのかも知れん・・・・・
確かに情報源がこぞって正当性を主張すれば、それに疑問を呈する力というものは相当のエネルギー量を要するし、多くは変人扱いされて埋没して、されてしまうであろう・・・・
それこそ、あちらこちらからホンの僅かの疑問点の数々をカキ集めてきて、集合させる努力をしなければ、多くの体制側の主張を覆す事などできぬ。

2010/5/23(日) 午前 10:05 [ ara*2*66 ] 返信する

顔アイコン

ただ救いは、アメリカ自体の世界に於ける影響力は減衰しているであろう事実があるから、果たして中国が、アメリカの持参するおいしい話にどこまで乗って行けるのか?行くのか?は、クリントンさんの訪中以後の展開を待つよりないであろう・・・・

2010/5/23(日) 午前 10:06 [ ara*2*66 ] 返信する

顔アイコン

一斉を風靡した全盛時代の評論家たちが、いつか何処かの地点から、ドンドン錆び付いて行ってしまうのはどうしてなのだろうか?不思議でならない。年齢が増すほどにこれらは充実して行くのが普通であると思うのに、情報源が次第に離れて行く様な事態でもあるからなのだろうか? 元々は、薄い洞察力しかなくて、情報だけが頼りであったとすれば、それもむべなるかな?・・・・と思えるが、洞察力や展開力といったものは、年毎に鋭くなって行くものである筈であるから、あまりに情報に頼り過ぎてしまうと疎かになるやも知れぬな・・・

2010/5/23(日) 午前 10:15 [ ara*2*66 ] 返信する

顔アイコン

北朝鮮寄りの発言をすると、TVに出られなくなるからですよ。
また、ノースコリアトゥデイでは以前、辺さんのことを取り上げて、彼は韓国人ではなくて、日本人だと上のウェブに載ってましたよ。 削除

2010/5/23(日) 午前 10:22 [ 都民D ] 返信する

顔アイコン

北朝鮮寄りとか何とかではなく、真実を語るかどうかが重要です。
ネット時代にはテレビ・新聞もメディアの一部でしかない。

2010/5/23(日) 午前 10:31 [ 在ソウル ] 返信する

顔アイコン

うがった見方をすれば、老朽による沈没が一番ありえるのですけどねえ。
トップヘビーの船だし、恥ずかしいから魚雷が原因としたのではないかしら。 削除

2010/5/23(日) 午前 10:47 [ ななせ ] 返信する

顔アイコン

バカな意見の書き込みが多いですが、引き上げ船体を見れば、船底の破壊状況を見れば素人でも明らかなくらいのゆがみ具合ですね。

2010/5/23(日) 午前 11:35 [ 一陽来復 ] 返信する

顔アイコン

反省!そして訂正・・・
辺真一さんは、もしかしたら、TBSに衝突は話さないように念を押されているのかも知れない・・・・?これはあくまでも私の推測だが、一連のマスコミ報道とかの流れから見る限り、マスコミの思惑方向性は決まっているのであり、それから逸脱はご法度と思えるのだ。
やはり政治評論家は、マスコミが上得意さんであって、権力を仰ぎ見るしかないであろう・・・・それが陳腐な韓国報道のただの受け売りとなってしまうのだ。自民党からの官房機密費によって動かされる評論家もいれば、このようにマスコミの思惑ひとつで考え方を左右されてしまう評論家もいる・・・・とは言えないが?・・・いるかも知れない?・・・・今はまだ河村さんが持ち逃げした官房機密費があるだろうから、自民党支持の応援団評論家やプロデューサーも多数いるが、参議院選挙後は、今度は民主党の官房機密費が暗躍する事になる。あの人が、民主党にそんなことはさせないと、煙幕を張って行状を晒したが、民主党もそれを大きく取り上げるでもないところを見れば、これから平野さんが選挙に向けて配り始めようと画策するのでなかろうか・・・・?

2010/5/23(日) 午前 11:41 [ ara*2*66 ] 返信する

顔アイコン

国民の考え方が、マスコミ頼りであれば、マスコミ対策を有用に、と考えるのも自然で、ではそのマスコミの権力は、意外と報道やワイドショー関係のプロデューサー辺りが握っていたりする訳だ。おいしい部分はプロデューサーの力量に掛かっているし、出演者選定もほどほどある事を思えば、彼らへの応援は党としては必須なのだろう・・・・

2010/5/23(日) 午前 11:42 [ ara*2*66 ] 返信する

顔アイコン

一期一会さんは、どっちを言っているんでしょうか?
ここのブログではほぼ99%衝突説なのですが・・・・・
私も最初は、金正日さんがやる訳は99%ない!と断言し、多分,ハネッ返りがやったんだろうと一番最初に言ったのですが、読者Xさんの米原潜の沈没があるという事で、、全ての不思議の謎が解けたのです。
その「不思議な謎」というのは、私でも、真っ二つなら、魚雷だろうと推定したのに、どうも米韓は否定し、あらゆる選択肢を考慮している、と音なしの構えであったのです。と言うのは、最初から魚雷説は否定されていたからです。それが何を意味するかと言うと、米韓とも最初から原因を分かっていた、と思うしかないのです。
合同訓練中に撃ち落されたか衝突かの区別ぐらい、わからない筈はないのです。普通は烈火の如く怒り狂うのが普通です。アメリカ国民や韓国国民をその方向に誘導して行く筈です。ところがそうはならず、粛々と遺体や船体の引き揚げ作業をしている姿をどのように捉えたら良いのでしょうか・・・・

2010/5/23(日) 午前 11:59 [ ara*2*66 ] 返信する

顔アイコン

>2010/5/23(日) 午前 11:59[ ara*2*66 ]

衝突して真っ二つなら・・・やっぱ老朽でしょ。
無理があるよお。ごちゃごちゃと武器積みすぎなのよ。
肝心の対潜戦はおそまつだし。境界付近にソナー
入れとけばいいのにねえ。 削除

2010/5/23(日) 午後 0:38 [ ななせ ] 返信する

顔アイコン

中国広州市の男性血液より新遺伝子を発見
http://news.sohu.com/20100513/n272087491.shtml
广州市血液中心昨天向媒体公布一项新发现:该中心血液专家在一份无偿献血样本中,发现影响免疫排斥的基因“MICA”在原有69个等位基因的基础上,还藏了一个从未被发现过的人类新等位基因,该基因已于4月30日被世界卫生组织正式命名为“MICA*061”。 发现该新等位基因的广州血液专家叶欣表示,这是移植领域的又一突破,它对于预测移植器官者的抗排斥治疗以及指导实施术后免疫治疗具有重要的临床意义。
《意訳》広州市の輸血研究所が新遺伝子を発見。発見した新遺伝子は、免疫拒絶反応に影響する「MICA遺伝子」のうち、従来の対立遺伝子のほかに、新発見の対立遺伝子を隠し持っており、WHOより「MI-CA*061」と命名された。発見した叶欣副所長は、「新遺伝子は移植分野における画期的な発見で、臓器移植者の拒絶反応の予防治療と術後の免疫治療で、重要な臨床学的意義あり」と述べた。

2010/5/23(日) 午後 2:18 [ jzo*li ] 返信する

顔アイコン

また彼は、同研究所は昨年末、広東籍の無償献血者からランダムで取り出したサンプル100本を選び、約1カ月の研究の末、今年初めに広東省梅州市の男性(23歳・学生)のO型血液サンプルのMICA遺伝子に「他との違い」を発見。
■1.小生はかって鉄人を新人類に分類し半島民族は雪男の落胤と推定し人類進化過程の再定義を提案したが、突然変異と思われる潜在的対立遺伝子なる新遺伝子が発見された事により、雪男DNAからの変異過程は興味深いものがあり。人類未来の希望の星であり貴重種に当たるわけで新人類諸君は拒絶反応の予防治療と術後の免疫治療において献体として奉仕をすること等が肝要、今後の研究が待たれる。

2010/5/23(日) 午後 2:19 [ jzo*li ] 返信する

顔アイコン

2.さて、現在の日朝関係を思い起こすと古代の渤海国(現在の北朝鮮と中国東北地方にあった国家で高麗国の後継)との交流が当時の東アジアの置かれた国際関係(唐、新羅、渤海)の厳しい環境下ながら34回の交易があり、いたづらに現実を無視した空想かつ夢想論陣をはる河氏他諸氏の考えには首を傾げざるを得ない。遣唐使の15回の派遣に比べても遜色ない。「文化秀麗集」を紐解くと文学的交流や詩の贈答が盛んであったことが分かる。坂上今継から王考廉に寄せた詩には「一面相逢う事、旧式の如く交情は自ずから故人に斉しい」。酒を酌み交わし、別れには落涙の親密な交流もあった訳で現在の日朝関係を考えるに誠に残念かつ感慨深い。外交的には当時の政治感覚から東アジア(唐、新羅、渤海)のおかれた軍事的バランスを考慮しての交流であり、文化的側面から底流には時代精神、即ちツワイトガスタとも云うべき漢字文化が基調となっている。最近ドイツの教授が将来、世界の中国化の懸念を示しているが天安事件を巡って科学的根拠どころか中国の邪(よこしま)議論横行を懸念する。

2010/5/23(日) 午後 2:21 [ jzo*li ] 返信する

顔アイコン

3.天安事件の原因を巡って韓国側報道を巡って原因が紛糾する暗部もチラホラ散見される。恐らく日本側がかって不審船を引き上げた時、使用材料や製法・寸法・材料分析データ等を得るために行ったように韓国でも魚雷に使われている各種材料の分析データ(ICP他による)を丹念に比較したと推定。つまり天安に付着した魚雷の爆発時に付着した材料データ「魚雷の爆発物質であるアルミニウムパウダー他」の元素スペクトルを取得して比較し結論づけたもの思われる。
しかしこの種の軍事機密を詳らかにすることは韓国側にはマイナスになることはあったもプラスにはならない。北朝鮮を追い詰め緊張を高め相手の自尊心を踏み潰し自暴自棄に堕ちることだけでなく、自国の安全保障技術を晒すからである。暫くの冷却期間なる間合いを考慮しながら制裁すべきであろう、
*1:ICP:溶液化した試料を霧状にしプラズマに導入。励起発光したその光を入射させ、各元素特有のスペクトルに分光、その分光された光を測光し得られた出力から換算して各元素の含有量を算出。

2010/5/23(日) 午後 2:26 [ jzo*li ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事