ここから本文です
藤城清治ファンのページ
藤城先生の美しい世界をご紹介しています。少々マニアックな内容ではありますが、お楽しみいただければ幸いです。

書庫全体表示

今回は「南三陸町の防災庁舎」に描かれている"波"に至るまでの、
その表現の移り変わりに注目してみようと思います。
 
藤城先生は、これまで作品の中で"波"を、ある種のパターンで表現することが多かったようです。
それは写実的というよりもむしろ様式化された印象を受けるもので、
特徴としては、白抜きのみで描かれ、波がしらの部分が人の手のように枝分かれしています。
 
(もう少し突っ込んで言うと、アニミズムを感じさせる表現かもしれません。
アニミズムとは、生物・無機物のあらゆるものの中に霊魂や霊が宿っているという考え方で、
早い話が、"波"がまるで生き物のように見えるということです^^;
ちなみにアニメーションという単語も、アニミズムという言葉から生まれました。
生きていないはずの絵が動いて、生き物のように見えるからです。
そもそも藤城先生の影絵劇や人形劇も、アニミズムそのものですよね)
 
それではそんな文字通り生き生きとした"波"の作品を、いくつかご覧ください。
 
◆生きるよろこび
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 
 
◆光る海
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
 
 
◆四季のよろこび
イメージ 9
 
イメージ 10
 
 
 
◆ねずみの海賊船
イメージ 11
 
イメージ 12
 
 
 
◆虹
イメージ 13
 
イメージ 3
 
 
 
◆猫の相撲とり
イメージ 19
 
 
 
このような様式化された"波"の表現は、
先生のモダンな画風の中ではちょっと意表を突いていて、
江戸時代末期の浮世絵に、そのルーツがあるように見受けられます。
その頃に描かれた"波"も、様式化されつつも、まるで生き物であるかのように見えませんか?
 
◆葛飾北斎作品
"波"だけでなく、様々な描写にアニミズムを強く感じさせる作家です。
イメージ 4
 
イメージ 20
 
 
 
◆歌川国芳作品
アニミズムは北斎ほどはっきりしていませんが、
それでもやはり、様式化の中にその影を見ることができます。
イメージ 5
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
 
 
◆一魁齋芳年(月岡芳年)作品
この作品の"波"にはアニミズムをほとんど感じません。
けれどその様式化のパターンには、藤城先生の作風との共通性を思わせるものがあります。
イメージ 16
 
 
 
そして、藤城先生が震災を描いた作品。
ここではこれまでの様式化され、生き物のように見える"波"は見当たりません。
まったく違った、新しい”波"が生まれたのです。
 
◆陸前高田の一本松
荒れ狂いながらも幻想的で、あたかも亡霊のような"波"。
津波を描くことは、半ば暗黙のうちにタブー視されている雰囲気さえありますが、
そこにあえて挑み、凄惨さよりも希望を描き抜くことに成功した藤城先生に、
芸術家としての計り知れぬ強靭さを感じます。
イメージ 17
 
 
 
◆南三陸町の防災庁舎
幻想的でありながらもいっそう激しさを増し、猛り狂う"波"。
只ならぬ描写は見る者に恐れを抱かせずにはおきません。
この"波"から、鬼気迫る藤城先生の思いがひしひしと伝わってきます。
(どうか画像をクリックして、拡大して見てみてください)
イメージ 18
 
 
藤城先生がこれまでの"波"を描かなかった理由は明らかでしょう。
津波という尋常ではない自然現象を描くにあたって、
より真に迫り、人々に強く訴えかける表現を求めたからではないでしょうか。
これまでのご自分のスタイルを封印してでも、震災への思いを描き切りたかったに違いありません。
 
この2作は、未曾有の大惨事から目をそむけることなく、渾身の思いと祈りを込めて描かれた作品として、
きっと人々の心にいつまでも残ってゆくことと思います。
 
 
 
※末筆ながら、今回の「南三陸町の防災庁舎」画像は、総小判さんから頂戴しました。
すばらしい作品の画像をいただき、本当にどうもありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
 

  • 顔アイコン

    これまでとは違った波ですね。陸前高田は教文館で見てきました。

    [ ゆく川の流れは ]

    2012/10/28(日) 午後 0:12

    返信する
  • 『南三陸町の防災庁舎』は
    これまでの穏やかで可愛らしい先生の作品とは違い
    迫り来る大津波の怖さが描かれていて 胸が痛くなります。
    画像を大きくクリックして見ると その迫力は更に大きく…。
    先生は被災地を熱心に廻られ たくさんの作品を制作されていたんですね。ナイス!

    きらり

    2012/10/28(日) 午後 9:54

    返信する
  • 顔アイコン

    トンチキプーさん、すごすぎます(@@)

    [ わくわく玉 ]

    2012/10/28(日) 午後 10:06

    返信する
  • 顔アイコン

    じゅんさん

    陸前高田と相次いでの防災庁舎、驚きました。
    先生の震災への思いは、僕たちの想像をはるかに超えていますね。
    僕も陸前高田を、そして防災庁舎も、ぜひ見てみたいです。
    最近の藤城先生を見ていると、
    画狂老人と呼ばれた北斎にも並ぶのではないかと思われるほどの、鬼気迫るものを感じます。

    トンチキプー

    2012/10/28(日) 午後 11:42

    返信する
  • 顔アイコン

    きらりさん

    なんだかんだ書きましたが、これまでの波はかわいくて、
    メルヘン調の作風によく似合っていましたね。
    そして一本松や防災庁舎の作品では、メルヘン調ではなくなってきたた作風に合わせ、
    波も迫力あるものに変わりました。
    これは、今までメルヘンというオブラートに包んでいた思いを、
    一気にありのままさらけ出したのかもしれません。
    初めて目にする先生の圧倒的な画風は、
    実はこれまで気付かなかった藤城先生の本当の姿なのかも?って、最近感じています。

    ナイス!いただき、ありがとうございました。

    トンチキプー

    2012/10/29(月) 午前 0:18

    返信する
  • 顔アイコン

    わくわく玉さん

    今回は作品の迫力に感化され、つい力んでしまいました^^;
    それでもお楽しみいただけたのでしたら、
    こんなにうれしいことはありません^o^

    先生の底力は、はかりしれませんね(汗)

    トンチキプー

    2012/10/29(月) 午前 0:22

    返信する
  • 顔アイコン

    午後3:11の内緒コメさん

    先生は、おそらく鎮魂の思いもあって作成されたんだろうと思います。
    亡くなられた方への鎮魂と、生き延びた方への希望。
    その両方の祈る気持ちが、心に伝わってきます。

    トンチキプー

    2012/10/29(月) 午後 3:53

    返信する
  • 顔アイコン

    コメント遅くなりましたが、さすがトンチキプーさんすごいですね。
    浮世絵との関連を見出されるとは美術への造詣が深いです。
    私には思いも浮かばなかったです。

    一本松の波は幻想的な面がありますが、防災庁舎の波はより現実的な波ですね。
    何とかして生き残った一本松に比べ、ほぼ完全に破壊された防災庁舎には、より
    強い波を表現したかったのかもしれません。

    この防災庁舎はいずれ取り壊されるかもしれませんが、影絵作品としていつまでも
    後世に伝えられていくことでしょう。

    [ 総小判 ]

    2012/11/1(木) 午後 10:34

    返信する
  • 顔アイコン

    総小判さん

    お忙しい中コメントをいただき、ありがとうございます。

    今回は言いたいことが大き過ぎて、ちょっと力んだ記事になってしまいました^^;
    にもかかわらず意を汲んでいただき、大変ありがたく思います。

    一本松で波の表現が大きく変わったことに驚いていたのですが、
    総小判さんに大きな画像でこのさらに一変した波を見せていただいたときは、
    息を呑む思いで見入ってしまいました。
    まさかここまで圧倒的な波を描かれるとは、想像もしませんでした。
    鬼気迫るかのようなこの異様なまでの雰囲気には、
    やはり晩年の北斎に通じるものを感じます。

    このあと先生は、どこへ行くのでしょうか。

    あ、すみません。また熱くなって語ってしまいました。
    どうも先生の作品に引きずられて、ついつい力が入り過ぎてしまうようです^^;;

    トンチキプー

    2012/11/1(木) 午後 11:16

    返信する
  • ふゆさん

    ナイスいただき、ありがとうございます。

    トンチキプー

    2015/11/22(日) 午前 10:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事