TONEWOOD BLOG

ギタークラフト及び古楽器全般

バイオリン

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
1台目のネックは半加工品でヘッドの出来ていたものを使いましたが、、、
2台目はブロックから、自身で削りだしました。
たいしたものですよ、、、。感服します。
力強いサウンドです。これから、どんどん変わっていきます。
楽しみですね。このように、、、やれば、、、できるのですね。
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
Aくんへはトップ板とバック板は加工済みの物を
使用します。 
といっても荒削りで厚いので薄く再加工しなくてはなりません。
平均4mmで荒削りしてあるので、3ミリ弱まで薄くします。
2.5mmから3mmまでです。
もっと薄くすること可能ですが小学生ゆえここで止めます。
次回はバック板をつけます。            
Aくんへはトップ板とバック板は荒削りですがほぼ出来上がった物を
使ってもらいます。厚さが厚いのですこし薄くします。
また出来上がったサイド板との整合性を整えます。
 
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
さあ、これでサイド板が出来上がりました。
次からは
トップ板とバック板の加工です。
 
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事