全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

LOVE SONG

無防備な顔して 君が笑うたびに
思わずどうしようもなく 胸に溢れる I love you
ありふれたコトバを 並べるだけじゃなく
迷いのない真実を 伝え続けていたい

過ぎて行く 日常(ひび)の中・・・

その瞳に 今僕らの未来が映った
”アイシテル”とあきれるくらい いつも言って抱きしめるから
汚れのない風吹く空を 見上げた瞬間(とき)
君が思い浮かべる人が きっと僕でありますように

出逢った春の夜 生まれたあの恋は
僕らが触れ合うたびに 絆へと変わっていた

そしてまた 朝が来て・・・・

もしも君が京都いう日を嘆いたのならば
僕は必ず平気な顔で 君のためにうたっていよう
痛みさえも悲しみさえも愛だと信じて
差し伸べた手を 君は必ず 強く強く掴んで欲しい

祈るように 庇(かば)うように 守るように
幸せを奏でながら 歩幅合わせ I sing this love song

その瞳に 今僕らの未来が映った
”アイシテル”とあきれるくらい いつも言って抱きしめるから
汚れのない風吹く空を 見上げた瞬間(とき)
君が思い浮かべる人が きっと僕でありますように

もしも君が京都いう日を嘆いたのならば
僕は必ず平気な顔で 君のためにうたっていよう
愛の詩(うた)を うたっていよう

開く コメント(0)

HOME

今更帰れないよ あの場所は
どんな素敵な思い出も
心にしまっておくべきなのさ
今でも思い出すよ それでいいんだ
心配ないよ まだ歌えるよ 
いつか帰るよ 僕だけのHOME

急な通り雨
募る苛立ち心に掃き溜め
あれからいくつの季節を越え
でもまだ聞こえてくる故郷の声
格好つけて飛び出した
別れ惜しむ人達裏切った結果になった
こんなボロボロの夢 1人じゃどうしようもなかった
そんな時に出会った人々
きっと人はそんなに強くない だから
嫉妬やエゴに飲まれてしまいそうになるよ
でもそんな僕を優しく抱きしめた 悲しくて泣いた
自分の弱さがそのおき理解った
でも夢叶った 少しそんな気になった

そして僕はHOMEができた
まるでマイホームみたいなでかい支えが
明快に見えた 世界変わった
息をするのが楽になった
1秒1秒成長してくみんな
だから出会えてよかった こうなれてよかった
だから僕は何もかもを話した
心安らげる場所 誰にでも1つはある筈だよ
僕は同じ日々生きた仲間達や
隣にいてくれた恋人や
それを失ってでも かなえたい夢
それも失って、でも また思い出させてくれた
新しい僕のHOMEがここにある でもまだ思い出す

今更帰れないよ あの場所は
どんな素敵な思い出も
心にしまっておくべきなのさ
今でも思い出すよ それでいいんだ
心配ないよ まだ歌えるよ 
いつか帰るよ 僕だけのHOME

なかなか寝付けず
同じ夢繰り返し見てる僕
あの頃自分を受け入れてくれた場所 全てそれが最初
払う代償の大小に関わらず
愛情にはもっと敏感でいたいな
痛いやって思わせたくないから
リタイヤなんてさせたくないから

そうやって見つけた生きてく術
偏見にまみれた常識崩れ
突付けば壊れそうな程脆くて、
でも何故か笑顔が絶えなくて
そんな風に思えたのきっと
初めてで でも惨め けど綺麗で
何もない空が輝いて 瞬いて
その瞬間僕らはまた泣いて

今更帰れないよ あの場所は
どんな素敵な思い出も
心にしまっておくべきなのさ
今でも思い出すよ それでいいんだ
心配ないよ まだ歌えるよ 
いつか帰るよ 僕だけのHOME

これまでを振り返れば
浮かぶ笑顔や涙
こんなに震えるほど映し出す
それが僕自身の未来へと繋がると
信じている 僕だけのHOME 信じているから

今更帰れないよ あの場所は
どんな素敵な思い出も
心にしまっておくべきなのさ
今でも思い出すよ それでいいんだ
心配ないよ まだ歌えるよ 
いつか帰るよ 僕だけのHOME

今更帰れないよ あの場所は
どんな素敵な思い出も
心にしまっておくべきなのさ
今でも思い出すよ それでいいんだ
心配ないよ まだ歌えるよ 
いつか帰るよ 僕だけのHOME

開く コメント(0)

DREAM

君がいるなら
どんな夢も叶うような
気がしてるよ
君がいるから
諦めない ありがとう 君に会えてよかった

1人ぼっちLonely
あの頃の事思い出して
どうしようもないくらい
寂しくて 切なくて
あたりまえの日常が
ただ淡々と流れていった
Fly・・・Fly・・・どこか遠く
そんな事ばかり考えてた

そして君と出会い
生まれたのは小さな願い
この人ともっと一緒にいたい
この人とずっと笑っていたい
”守りたい”そう思った
生まれて初めて強くなれた
Fly・・・Fly・・・どこか遠く
そんな事考えなくなった

どんなにボロボロになってもいい
ただ君と一緒に生きていたい
君の笑顔を見る為に 僕は歌うよ

君がいるなら
どんな夢も叶うような
気がしてるよ
君がいるから
諦めない ありがとう 君に会えてよかった

君がいるなら
君がいるから

もっと強くTell you
時には君を傷つけて
胸にこみ上げる何かが
涙に変わってゆく
少年が大人になる
蕾だった花が咲き始める
そうさ、歩いてゆこう
君となら何も怖くないよ

誰かに馬鹿にされたっていい
ただ君の為に夢を叶えたい
何度間違っても躓いても 僕は歌うよ

君がいるなら
どんな夢も叶うような
気がしてるよ
君がいるから
諦めない ありがとう 君に会えてよかった

君がいるなら
君がいるから

どんなにボロボロになってもいい
ただ君と一緒に生きていたい
夢が叶うその日が来るまで 僕は歌うよ

君の傍で・・・

君がいるなら
どんな夢も叶うような
気がしてるよ
君がいるから
諦めない ありがとう 君に会えてよかった

君がいるなら
どんな夢も叶うような
気がしてるよ
君がいるから
諦めない ありがとう 君に会えてよかった

ありがとう 僕に出会ってくれて

開く コメント(0)

ビリーブ

たとえば君が 傷ついて
くじけそうになった時は
かならずぼくがそばにいて
ささえてあげるよ その肩を
世界中の 希望のせて
この地球は まわってる

いま未来の 扉を開けるとき
悲しみや苦しみが
いつの日か 喜びに変わるだろう
アイ ビリーブ イン フューチャー
信じてる

もしも誰かが 君のそばで
泣き出しそうに なった時は
だまって腕を とりながら
いっしょに歩いて くれるよね
世界中の やさしさで
この地球を つつみたい

いま素直な 気持ちになれるなら
憧れや 愛しさが
大空に はじけてひかるだろう
アイ ビリーブ イン フューチャー
信じてる

いま未来の 扉を開けるとき
アイ ビリーブ イン フューチャー
信じてる

開く コメント(0)

告白

突然 僕の前に現れた春 全てを巻き込み 優しく包む
それと気付くまで 時間はかからないよ 頭の中はあなたばかり

いつから片思いなんだろう どうやって伝えればいいんだろう
どんなに好きかも把握できないままで 眠れぬ夜はあなたの夢を見ていたい

あなたにこの気持ちを伝えるために 選んだ言葉を
精一杯の気持ちを込めて ずっとあなたの事が好きだった

気持ちを伝えるには電話じゃなくて メールでもなく もちろんあなたの前で
幾度となく 心の準備をするけど 傷つく事が何よりも怖い

大切にしてきた想いは 行き場のない 渡り鳥のように
彷徨ってその扉を 開いてこの心を 今なら伝えきれるかな?

恋という魔法にかけられて 僕の心の冬がほらとけだした
そこにあなたを想うだけの種を蒔いた きれいな花が咲くといいな

どんなに想いを募らせても 伝えなきゃ意味がない
答えが全てじゃなくて 自分の気持ちに答えて 確かめて 前に進もう

あなたにこの気持ちを伝えるために 選んだ言葉も
目の前では何も言えなくて こんなにあなたが好きなのに

気持ちが言葉を超える時 なぜか涙がこぼれてしまうんだろう
あの日から温めてた想いを 今 僕はあなたに告白をするよ

開く コメント(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事