過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

180°

イメージ 1


君が待つバス停までは
ちょっと歩いては行けない
後ろ180°今日も来た道を引き返す一人で散歩
すれ違う人がこっちを見てる
どうやら僕は泣いているようだ
気付かれないようにすると
余計涙の粒がデカくなる

いつの日かそっと話した
あの約束は守れそうにないね
前に進む事に決めた
もっと強くなりたくなったから
愛した昨日に別れのキスを
それで強くなれる涙なら
明日笑ってこの手を振るよ君の為に

置いてかなきゃいけない恋を
綺麗なまま終わろうとしたんだ
そうじゃなきゃきっと邪魔になるから僕から去るよ
弱さや痛みも強さに変えて
歩いて行こうと決めたんだ
溢れ出した涙心から君へありがとう

改札口でよく似た人を見た
ここにいるはずがないのに
胸が不思議と踊りだす
覚えてるんだね優しい日々
あの人は全然悪くないのに
勝手に口をとんがらし
ヘタクソな口笛をふく
あの頃を懐かしんでいるかのように

悩んで出した答えが
正しいかなんてまだ解らないよ
素直になって声聞いたら
今度は戻れなくなっちゃうから
大切な日々に別れのキスを
それで強くなれる涙なら
僕は笑ってこの手を振るよ二人の為に

終わらせなきゃいけない恋を
傷つけないまま終おうとして
中途半端に優しい言葉が君を傷つけた
そんなの男らしくないって
自分でも解ってはいるけれど
突き飛ばした言葉が言えない
卑怯者ですね・・・

置いてかなきゃいけない恋を
綺麗なまま終わろうとしたんだ
そうじゃなきゃきっと邪魔になるから僕から去るよ
弱さや痛みも強さに変えて
歩いて行こうと決めたんだ
溢れ出した涙心から君へありがとう

いつだって笑顔で支えてくれた人
誰よりも優しく僕に愛をくれた人
さよならさよなら大切だって想えた人
さよならありがと僕が愛した人

イメージ 1

どうして大切な物って儚くうつろう
優しさや微笑みさえ色を変えてゆく

尖(とが)る言葉並べてぶつけあった感情(キモチ)は
投げつけたぶんの激しさで僕の胸を切りつける

愛してるのに、愛せない
澄んだ瞳がなおさらに眩しすぎて苛立ちが募る
抱きしめたくて、抱けなくて
行き場無くす僕の手から零れ落ちてく
ねぇ君の事を愛してる

いつから迷ったのかなはぐれた二人
求めれば求めるほど愛を見失う

どこにいるの教えて欲しいものはなかった
迷いもなく好きだと言えば君の元へ行けるかな

戻りたいのに、戻れない
無邪気すぎてたあの場所は記憶のなか陽射しに揺れてる
判りたいのに判らない
もがきながら傷つけてた伝えたい言葉
ねぇ君の事を愛してる

Ah叶うならどうか名前も知らないままの二人から
もう一度出逢って辿りなおしてみたいキミと

何も言わず君を抱いてしまえば良いのかいねぇ
涙色に染まる頬も照らせないまま濡れる心
間違いと間違いが交わり拗れてく
せめてあの日までの巻き戻し方をねぇ教えて

愛してるのに、愛せない
澄んだ瞳がなおさらに眩しすぎて苛立ちが募る
抱きしめたくて抱けなくて
行き場無くす僕の手から零れ落ちてく
ねぇ君の事を愛してる

花束

イメージ 1

どう思う?これから2人でやっていけると思う?
んんどうかなぁでもとりあえずは
一緒にいたいと思ってるけど
そうだねだけどさ最後は私がフラれると思うな
んんどうかなぁでもとりあえずは
一緒にいてみようよ

浮気しても言わないでよね
知らなければ悲しくはならないでしょ
信用ないなぁ僕は僕なりに
真っ直ぐに君と向かい合いたいと思ってるよ

僕は何回だって何十回だって
君と抱き合って手を繋いでキスをして
思い出す度にニヤけてしまうような想い出を君と作るのさ
そりゃケンカもするだろうけど
それなら何回だって何十回だって
謝るし感謝の言葉もきっと忘れないから
ごめんごめんありがとうごめんくらいの
バランスになる危険性は少し高めだけど
許してよ

今までの僕は
曲がった事ばっかだった気がするんだよ
だからせめて君のとこには
まっすぐにまっすぐに走ってくよ

僕は何回だって何十回だって
君と抱き合って手を繋いでキスをして
甘い甘いこの気持ちを二人が忘れなければ
何も問題はないじゃない
ケンカもするんだろうけど
それなら何回だって何十回だって
謝るし感謝も言葉もきっと忘れないから
君とならどんな朝も夜も夕方だって
笑い合って生きていけるんじゃないかと
思うんだよ

どう思う?これから2人でやっていけると思う?
んんどうかなぁでもとりあえずは
僕は君が好きだよ

イメージ 1

僕の世界は君を中心に
回っていると言っても過言じゃない
これから生み出す全てを
捧げても構わない

これにはあのクレオパトラでさえも
ご納得いただけるクオリティの
ご提供となるはずだったのにな
いらないって言われりゃそれまで

僕は君の事が好きだけど
君は僕を別に好きじゃないみたい
答えがあまりにシンプル過ぎて
もうね何も言えないね
ぐうの音も出ないってこの事だね
でも気が済むまで
好きでいるけど
あんまり気にしないで

嫌われないように生きる僕では
君には好かれないって一体何なんだい
フラれてからずっと考えてるけど
謎は深まるばかり

これにはあの少年名探偵でさえも
途中で泣き出して家に帰ります
誰より大事にしたいと思う
僕じゃなんでダメなんだろうな

僕は君の事が好きだけど
君は僕を別に好きじゃないみたい
彼氏がいるわけじゃないみたいだし
そうか好みじゃないのね
絶望って言葉がぴったりだね
押しても駄目なら引いてみようかな
いやきっと気付かれもしない

本当に僕が欲しかったものは
ちゃんと言えたんだって記憶でも
明日の強い自分でもなくて
君なんだ君が欲しかったんだ

僕は君の事が好きだけど
君は僕を別に好きじゃないみたい
それなら仕方ないってならなくて
今日も行き場の無い想い
身体中に詰め込んでパンパンだぜ
もうやけくそだって
バカなフリして
来週また言ってみようかな

毎週言ってみようかな


クリスマスソング

イメージ 1

どこかで鐘が鳴って
らしくない言葉が浮かんで
寒さが心地よくて
あれなんで恋なんかしてんだろう

聖夜だなんだと繰り返す歌と
わざとらしくきらめく街のせいかな

会いたいと思う回数が
会えないと痛いこの胸が
君の事どう思うか教えようとしてる
いいよそんな事自分で分かってるよ
サンタとやらに頼んでも仕方ないよなぁ

できれば横にいて欲しくて
どこにも行って欲しくなくて
僕の事だけをずっと考えていて欲しい
でもこんな事伝えたら格好悪いし
長くなるだけだからまとめるよ
君が好きだ

はしゃぐ恋人達は
トナカイのツノなんか生やして
よく人前で出来るなぁ
いや羨ましくなんてないけど

君が喜ぶプレゼントってなんだろう
僕だけがあげられるものってなんだろう

大好きだと言った返事が
思ってたのとは違っても
それだけで嫌いになんてなれやしないから
星に願いをなんてさ柄じゃないけど
結局君じゃないと嫌なんだって
見上げてるんだ


あの時君に
出会ってただそれだけで
自分も知らなかった自分が次から次に

会いたいと毎日思ってて
それを君に知って欲しくて
すれ違う人混みに君を探している
こんな日は他の誰かと笑ってるかな
胸の奥の奥が苦しくなる

できれば横にいて欲しくて
どこにも行って欲しくなくて
僕の事だけをずっと考えていて欲しい
やっぱりこんな事伝えたら格好悪いし
長くなるだけだからまとめるよ
君が好きだ

聴こえるまで何度だって言うよ
君が好きだ

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事