ここから本文です
Faccia Di Cane / likiの足跡
アルファロメオ155、VTR1000Fの6輪生活

書庫全体表示

記事検索
検索

全403ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

自分でも意外でしたが、レクサスは乗った事がありませんでした。

そんな私がひょんな事から乗る機会に恵まれました。

イメージ 1

いつものように中部国際空港から羽田空港へ。

最近、江戸に行くのに新幹線使わなくなりましたね。

まぁそんなに行く機会もありませんが。

雲の上は良い天気ですが、今年の江戸は変な天気ですね。

1時間弱で羽田空港到着。

ここから国際線ターミナルへ移動するのですが、飛行機を降りたところで私を待ってる方が居ました。

「liki様ですね。お待ちしておりました。」

「レクサスでお送りいたします。」

最近そんなサービスが始まった様です。

チェックインカウンターでそんな事を言われたのですが。。。

実は私、その対象ではありませんでした(滝汗

どうやらカウンターでスタッフさんが間違えて案内を出してしまったらしく。

私が羽田空港に付く前に間違いだったが判明したのですが、

一度案内した事なので、ご厚意で乗せて頂ける事になりました。

※一応、一度は断りましたよ。電車でもイイよと。
 本音はレクサス乗りいけどね。

普段は一般の人が入れない通路から外に出ると、

イメージ 2
オッス!おらレクサス!よろしくな!!

とは言ってくれませんでしたが、真っ白なレクサスがお出迎え。

当然運転手付きです。

なんだか申し訳ないなぁ〜。

と思いながらも誤乗車。

イメージ 3
なんだか凄い内装です。

イメージ 4

LS600h L-Select Escape Journey 仕様だそうですが、私にはよくわかりません(汗

何せ田舎モンですから。。。

お父さんもなんとなく快適そう。

お父さん、また贅沢なイヌと呼ばれるよ!

イメージ 5

おしぼりとお水はサービスです。

おしぼりは紙おしぼりでは無く、ちゃんとしたタオル地?のおしぼりでした。

おしぼりは温めてありました。

イメージ 6

イメージ 7

普段あまり見られないアングルからB787スターウォーズ仕様と通称サバ仕様を眺めます。

キョロキョロしまくりであっという間に国際線ターミナルに到着。

もっと乗っていたかった。

イメージ 8

今回私はLS600hでしたが、他にもRXもあるようです。

とても良い経験が出来ました。

マイルで乗る飛行機だからお金払ってない+スタッフさんの間違いなのに

こんなサービス受けて良いのだろうか???

まぁ今回だけだからヨシとしましょう。

ありがとうございました。

この後そそくさとラウンジへ流れ込みました。

だって普段は入れないラウンジですからね。

ではでは。。。

鯛航空のお食事その2他

ホテルではほとんど眠れず、結局う💩ちをしてからとシャワーを浴びただけで、早朝空港に戻りました(汗

空港に着いたら専用ゲートを通り、またまた電動カートでラウンジへ。。。
イメージ 17
超快適。。。

ラウンジに着いたら、真っ先にマッサージを要求。

60分の無料マッサージが付いていたので、このために朝早く出てきました。

マッサージはオイルマッサージをチョイスしました。

歩いてスパへ。
イメージ 18


イメージ 19
とても広い更衣室。

奥がトイレで手前がシャワールーム。

ここでパンイチ(備え付けのパンツ)になって、鯛航空の女性スタッフ(おばちゃん)からオイルマッサージを受けました。

さすがにここは撮影できませんでした。

とても気持ちよかったです。次もオイルマッサージにしよっと。(次あるの?

あっという間の60分で、その後シャワーを浴びてラウンジに戻りました。

昨日の機内で喰ったものしか食べてなかったので、ラウンジで軽く朝食

ipadのメニューから適当にチョイス。

日本語メニューは無いのか?と聞いたら、写真を見て判断しろ!と言われました。

イメージ 7
まぁ普通に美味しかったです。

搭乗時間ギリギリまでラウンジでまったりしたら、スタッフさんが呼びに来てくれました。

電動カートでは無く、歩いて搭乗口へ。

ちなみに離陸前に故障が見つかり、駐機場へ逆戻りしました。

30分ほどで修理して離陸。

さようなら鯛!

そしてまたまたお食事タイムです。

イメージ 1
朝なのでお茶とオレンジジュース?をチョイスしました。

うん、お茶とオレンジジュースだ。(当たり前!!

イメージ 8前菜はフレッシュなフルーツから。

綺麗にカットされたフルーツ。

今回はスイカがありました。

別にスイカはすきではありませんが。。。

腹減ってたので一気に喰らいました。

イメージ 2
パンとバター

蜂蜜もありましたね。

蜂蜜は一瓶全部喰ったりました。

体に良さそうだったから。それだけの理由です。

イメージ 3
これまた前菜のヨーグルト。

日本の物と比べると少々食感が違いますね。まぁどっちでも喰らいますが。。。

イメージ 9
引きで撮るとこんな感じ。

イメージ 4
主菜はこちら。

当然今回も鯛料理をチョイスしております。

アワビ雑炊です。

アワビ大好き!アワビ最高です!!

お客さんが少ない事をイイ事に、下品かつ一気に喰らいました。

イメージ 5
アワビ雑炊と一緒に出てきた謎の器。

イメージ 6
開けてみると辛いヤツがたくさん。

試しに雑炊に入れたら・・・・辛〜〜っ!!

ちなみにどちらも辛かったです。

朝だったのでお食事はとても軽めでした。

イメージ 10
日本着の前に少しだけ喰らいました。

スモークハムとピクルスのサンドイッチ。

これは塩辛くて大失敗でした。

イメージ 11
コーヒーで塩分を中和(汗

イメージ 12
窓から見えた日本最南端の有人島「波照間島」

ここのニシ浜ビーチは私の中で一番好きなビーチです。

イメージ 13
桜島は漫画のようにそこだけ曇ってました。

イメージ 14
開聞岳と池田湖。イッシーは見えませんでした。

そんな感じで関西国際空港に到着。

10年ぶりくらいの関空でした。

関空からはこちら。

イメージ 15

鉄人28号もどき、南海特急ラピートβです。(難波駅で撮影)

実は初乗車。当然スーパーシートに乗りました。

というより普通席は満席だったんです。

イメージ 16

先頭車両の前から2列目だったので、かぶりつき。

無駄に広い運転席ですね。

爆走する事はありませんでしたが、なかなか快適に過ごせました。

難波からは諸事情で電車に乗れないトラブルなんかもありましたが、何とか帰宅。

ストップオーバーを堪能(要するにお仕事)しました。

鯛航空のお食事など

こんにちは。ご無沙汰しております!!

鯛航空でバンコクに行ってきました。

そのときのお食事です。

イメージ 1
アミューズはミックスナッツでした。

正直ナッツはあまり好きではありません。

半分以上残してしまいました。

そして右手に見える飲み物は・・・

ド〜ンペリニョン

それも2006年のヴィンテージ物です。

私にふさわしいドリンク・・・では無い事はよ〜く知ってます。

なんとなく飲んでみたかったんですよね。

飲んだ感想は・・・コーラの方が美味い!!

すんません。こういう人なんです(汗

イメージ 2
主菜は、鯛風ディップナムブリック と 茄子のサラダ

すんません。よくわかりませんでした。

でも美味しく頂きました。アロイ。

イメージ 3
パンとバターとニンニクです。

ニンニクの食べ方がわかりませんでした。

なので、一個ずつホジホジして食べました。

ニンニクとっても美味しかったです。

イメージ 4
ガイヤーン登場!

要するに焼き鳥ですね。

日本の焼き鳥とはちょっと違いました。

この味もアリですね。

イメージ 5
キャベツのピクルヌとタマゴの炒め物

日本語訳が微妙で何の食べ物かよくわかりませんでした。

一つ言えるのは・・・辛いです。とっても。。。

イメージ 6
ジャスミンライスです。

メニュー見るまでジャスミン入りとは気付きませんでした。

日本の米とは違いパサパサしてますが、後出のカレーとの相性はとても良いです。

イメージ 7
ポークのパネンカレー

プーパッポンカレーのような食感でした。

辛みも抑えてあって、私好みの味でした。

イメージ 8
食後のフルーツ

絶対スイカがあると思ってたのに、ありませんでした。

別にスイカ好きというわけではありません。

イメージ 9
デザートはマンゴーパンナコッタ

鯛ティーアイスクリームと大福もあって全部勧められましたが、

お腹がいっぱいだったのでパンナコッタだけにしました。

甘みが抑えてあって上品な味でした。

イメージ 10
カフェラテを飲んでごちそうさま。

この後、シートをフラットにして映画鑑賞。

イメージ 11
実際はもう一つ前の席でした。

A380は2度目の登場でしたが、前回はエコノミーでした。

前回とは疲労度が全然違いました。(当然か)

イメージ 12
一番驚いたのはトイレですね。

とても広いです。

イメージ 13
ていうか無駄に広い(笑

イメージ 14
う💩ちしてからまったりするスペースまであります。

私にはまったりする理由が見当たりませんが・・・

長距離路線だとお着替えがあるので、そのときは便利だと思いました。

イメージ 15
スワンナプーム空港到着後は、電動カートに乗ってイミグレまで移動。

結構早いです。

空港が広いだけにとても快適でしたが、少々恥ずかしいですね。

イメージ 16
カートを降りるとそこにはファストトラックが。

入国もスムーズでした。

この後、手荷物まで鯛航空のスタッフさんが出してくれました。

空港内のサポートはとても素晴らしいです。

オールマイルでお金払ってないのに、申し訳ない気持ちでいっぱいでした(汗

到着が午後11時過ぎ。

ホテル着が0時30分頃。

ホテルは午前5時にチェックアウトしました。

なにせ出発は朝8時過ぎなんです。

だから空港に6時までには着きたい。

そして8時過ぎの飛行機(またまた鯛航空のA380)にのって日本にとんぼ返りです。

続く・・・

謹賀新年2017

謹賀新年
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

今年も日帰り日本一周してきました。

昭和92年もよろしくお願いします。

155、大陸に立つ

みなさんこんばんは。

155乗りのlikiです。

正月以来のUPです。よろしくお願いします。

夏休みを利用して、155でロングドライブ。

行き先は。。。

キムチ!

では無く、韓国です。

まさかの韓国に155で行ってきました。

行き方はネットで検索して下さい。

結構簡単ですが、書くと長くなるので割愛します。

イメージ 1
イメージ 2
後ろの車は、日本を堪能した韓国の方ですね。

韓国の国際ナンバーが付いてます。

関釜フェリーに155を搭載し、いざ韓国へ。
イメージ 3
翌朝釜山港へ到着です。

ここから入国手続きに2時間ほどかかりました。

いつもはそこまでかからない様です。

イメージ 4

ナンバープレートはそのままで良いのですが、155の場合、助手席側の窓に

このステッカーを置いておく必要があります。

コレが韓国のナンバープレート代わりになります。

港の道路へまず出てから、3周ほどローリング。
イメージ 11

韓国は右側通行ですからね。久々だから慣らし運転。

慣れたところで道路デビューです。
イメージ 5

おぉ〜っ、街も車も韓国語だらけだぁ〜。(当然です)

韓国の運転マナーは・・・日本と変わらないですね。

信号ルールが若干違うので、そこは注意が必要です。

例えば、

信号が赤でも右折が出来る。(出来ない所もある)

左折は信号が青でもしてはいけない。(矢印信号に従う)

突然Uターンレーンが出現する。

って所が印象的でした。

周りの視線を感じながらのドライブ。
イメージ 6

ちなみにナビは全でした。

家までのルート検索もエラーになりました。

日本では禁止されているながらスマホで地図を見ながらのドライブ。

マニュアルトランスミッションでこの行為はオススメ出来ません。

イメージ 7
高速道路を快走。当然ですが日本のETCは使えません。

なので通行券をお取り下さい。
イメージ 9

通行券、日本の物とよく似てます。
イメージ 8

トンネルではお約束のガオガオ(笑

155のBGMは「釜山港へ帰れ」です。

イメージ 10

日本で言うサービスエリア。

韓国もかなり充実してます。

サービスエリアだけでほとんど事足ります。

ここでドリンクを購入し体を冷却。

車線も多いし高速道路は日本よりも走りやすいかも。

写真は2車線が多いですが、高速道路は4車線とか普通にあります。
イメージ 12

せっかくなので給油もチャレンジ。

韓国にはハイオクが無いのか、ガソリン(揮発油)と軽油、2種類しかありませんでした。

日本のガソリンはオクタン価が低めなので、155はハイオク指定になってます。

でも韓国で走ってるBMWやワーゲンも普通のガソリン入れてたので、

155も普通のガソリンを20000ヲン分給油。
イメージ 13

ハングル文字オンリーなシステムに戸惑いながらも何とか給油完了。

変なノッキングも出なかったので、OKとします。

ガソリン価格は日本と変わらなかったです。

日が暮れる前に釜山駅付近の宿に入り、夜は地下鉄で移動。
イメージ 14

と言うのは、ヘッドライトが左側通行仕様だから。

以前日本で155に右側通行仕様のヘッドライト付けたら、

歩行者が全然見えなかったので、夜間走行は避けました。
イメージ 15
イメージ 16

海の街釜山という事で、アワビのビビンバとアワビ粥を喰らいました。

運転が楽しすぎて、この時間までご飯食べるの忘れてました(爆

なお、キムチは無料です。

誰に会うわけでも無いので全部喰らいました。

早めに宿で寝て次の日も運転しまくりです。

あっ、ホテルの無料朝食にも普通にキムチが出てきます。

それも複数種類出てきます。

流石に私は朝からは遠慮しました。

イメージ 17

ナンバーを記録して料金を計算する駐車場では、表示されないトラブルも

ありましたが、駐車場のおばちゃんが普通に日本語で対応してくれました。

結構日本語、通じます。

イメージ 18

午後3時にフェリー乗り場に戻り、155を制限区域に移動。

夜の便で日本に戻りました。

韓国滞在は1泊2日の強行スケジュール。

でも刺激強過ぎな2日となりました。

やっぱ右側通行の国で、左ハンドルの自分の車を運転出来たのはとても良い経験。

やって良かったと実感してます。

日本に戻った翌日。

155はトランスポーターに乗せられ入院しました。
イメージ 19

真夏の日韓ドライブは155にはかなり負担がかかったようです。

韓国で壊れず、家まで戻ってから壊れた155

現段階で修理可能かは不明ですが、出来るなら直してやりたいです。

いや、直るはず。

ではでは。。。

全403ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事