リリウムの会 ブログ

東海第2原発のある村で、立ち上がった女たち。もう男たちだけには任せていられない!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

日本の人口:26万人減 総務省調査

毎日新聞 2013年08月28日 22時02分(最終更新 08月28日 22時48分)

 ◇増加は8都県のみ

 総務省は28日、住民基本台帳に基づく今年3月末時点の人口動態調査を
発表した。
全国の人口は、前年同期より26万6004人(0.21%)少ない
1億2639万3679人。
4年連続で減り、減少数・減少率とも過去最高となった。
出生者数が死亡者数を下回る「自然減」が22万6118人となり、
これまで最多だった前年同期の20万6572人を更新したことが
大きく影響した。
 出生者数は過去最低の102万9433人だった。
一方、死亡者数は125万5551人だったため「自然減」は2年連続で
20万人を突破した。
海外への転出者数が転入者数を上回るなどした場合の「社会減」は
3万9886人となった。
 都道府県ごとに見ると、39道府県で前年同期よりも人口が減っていた。
減少数が最も多かったのは北海道(2万9909人)で、福島県(2万723人)、
新潟県(1万6309人)と続いた。「社会減」が全国最多だったのは福島県
(1万971人)で、同省は「東京電力福島第1原発事故による影響が続いて
いる可能性がある」と説明した。次いで北海道(9545人)が多かった。
 人口が増えたのは8都県。
最も増えたのは東京都(5万8174人)で、愛知県(9840人)、
神奈川県(6764人)と続いた。増加率も東京都(0.46%)が
最も高かった。
 また東京、関西、名古屋の「3大都市圏」の人口は6430万5988人と
過去最多を記録。全国の50.88%を占め、7年連続で50%を超えた。
ただ、名古屋圏は減少に転じて8479人減り、関西圏も4年連続の減少だった。
 年齢別では0〜14歳の「年少人口」の割合が13.13%、
15〜64歳の「生産年齢人口」が62.47%と調査を始めた1994年以降で
最低となる一方、65歳以上の「老年人口」は24.40%と最高となった。
全国の世帯数は5459万4744世帯で、42万3269世帯増。
1世帯の平均構成人数は2.32人(前年2.34人)で過去最低となり、
核家族や単身世帯の増加を裏付けた。
 今回から調査対象となった定住外国人住民198万200人を合わせた人口は
1億2837万3879人だった。【犬飼直幸】
転載終了
この図を見ると、原発事故の影響?と、どうしても思うほど
急激に人口数が減ってますね・・・・・

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

東海村の原研施設放射能漏れ:ジェイパークの改善計画「妥当」 有識者会議が答申書 /茨城

毎日新聞 2013年08月28日 地方版
 東海村の加速器実験施設「J−PARC」(ジェイパーク)の放射能漏れ事故を
検証する有識者会議は27日、同施設が示した改善計画を「妥当」とする
答申書を、施設を運営する高エネルギー加速器研究機構(KEK)と
日本原子力研究開発機構(JAEA)に提出した。
両機構は今後、改善計画を住民に説明する予定。
 改善計画には、安全に関する全責任をJ−PARCセンター長に集約し、
安全統括の副センター長も新設する組織改革を明記したほか、放射性物質の
漏えい防止のための設備強化策を盛り込んだ。
 答申書を手渡した有識者会議の矢野安重委員長(仁科記念財団理事)は
「答申書の内容を早く実施し、地元住民の理解を得て再開にこぎ着けてほしい」
と話した。
KEKの鈴木厚人機構長は「答申書を真摯(しんし)に受け止め、
安全管理強化とその組織作りをやっていきたい」と述べた。【杣谷健太】

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

原子力規制委員長が東電に苦言 「根拠ない推論多過ぎ」2013年08月28日

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は28日の記者会見で、
東京電力福島第1原発の地上タンクから大量の高濃度汚染水が漏れた
問題をめぐり
「東電の発表には根拠のない推論が多過ぎる。データ収集の計画や
手法などを踏み込んで指導したい」と述べ、
規制委として関与を強める考えを示した。

 東電は19日にタンク周辺で見つかった水たまりの大きさから、
漏れた量を当初は「少なくとも120リットル」と発表したが、
タンクの残量を調べた結果、「300トンだった」と翌日に訂正した。
また、本来は別々に扱うべきベータ線とガンマ線を合算して現場の
放射線量を説明していた。(共同)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新潟知事「東電、破綻処理も選択肢の一つ」

東京電力柏崎刈羽原子力発電所が立地する新潟県の泉田裕彦知事は28日、
東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し、東電が同原発の再稼働に
向けて安全審査を申請する方針を示していることについて、
「目先のお金を優先して安全対策を怠るなら、破綻処理を
するのも選択肢の一つ」と厳しく批判した。
 東電の広瀬直己社長についても
「頭の9割は福島の賠償と資金調達。安全な原発を運営できるのか
疑問を感じている」と述べた。
転載終了
本当に、新潟知事 素晴らしい!!
まともな意見です
こうやって自分の頭で考えて、自分の言葉でものを語れる人にぜひ
知事になって欲しいものですね
「国の意向を・・・」ばかり言っているような知事では、どうしようも
ありません!!本当に羨ましいです!!
新潟知事の存在を、都合が悪い、邪魔だと感じる人々が、意図的に
泉田知事は「変わっている人」「変人だ」などという様な
情報を流しているらしい
嫌がらせか??まっとうな意見を言っている人間を、世論操作により
変人に仕立て上げるネガティブキャンペーン
いろんな裏事情が見えてくると、あまりにもあからさまで笑っちゃいます

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

8月5日の記事なので、少し遅くなりましたがUPしていなかったので
改めてUPします

2013年8月5日(月)
http://ibarakinews.jp/image/listmark_red.gif東海村長選で議会会派、山田氏めぐり綱引き
東海第2再稼働「中立」反応さまざま
http://ibarakinews.jp/photo/13756271019053_1.jpg
【写真説明】東海村長選への出馬表明会見で報道陣の質問に答える山田修氏(中央)=1日、県庁

任期満了に伴う9月3日告示、
同8日投票の東海村長選で、
村上達也村長が後継指名した
元副村長の山田修氏(52)が
立候補表明した。
日本原子力発電(原電)東海第2原発(同村白方)の再稼働問題で強調
した
「ニュートラル(中立)な位置」
について、村民の反応は
さまざま。告示まで1カ月を
切り、山田氏が有力候補となるのは間違いない中、従来の村長派、
反村長派が相乗りの形で支持するとみられる村議会会派は
“綱引き”の様相だ。

■第一関門合格

「あくまで私は真ん中。ニュートラルな位置で村民の意見を聞き、
判断したい」

県庁で1日開かれた出馬会見。
山田氏は再稼働問題に中立の立場を表明し、原電に対しては
フィルター付きベント工事の中止や、原子力所在地域首長懇談会に
よる「周辺地域への権限拡大」の要求を継続していく姿勢を示した。

東海第2の廃炉と脱原発を主張しながら、道半ばで引退表明した
村上村長は
「東海第2は村だけの問題ではない。周辺住民の安全に関わる問題
との認識が見えなかった」と指摘する一方、

「村内外から注目されている中、妥当な発言。第一関門は合格」
と評価する。

中立のスタンスについても
「現時点で結論を要求するのは酷だ。(脱原発についても)理解する
能力を持っている人と思う」と、後継者として変わらぬ
信頼を寄せた。

■期待感と危機感

山田氏に出馬要請した村民有志の一人で、山田氏の会見にも
同席した照沼政直村商工会長は
「まちづくりに地元の店が果たす役割は大きい。広角的なまちづくりをリーダーとしてやってほしい」と、原発問題にとらわれすぎず
村内商工業の振興に取り組むよう期待する。

だがやはり、原発問題の根は深い。

村内の女性(44)は
「中立なら、両方の意見を聞いてもらえる。村長の後継指名に
こだわらず、新しい風を吹かせてほしい」と好意的に受け止める一方

、再稼働に反対する女性(42)は
「村上村長はニュートラルとは言わない。後継者とは思えない発言」と危機感を募らせた。

■主導権争いで火花

山田氏は無所属で選挙戦に挑む意向だが、村議会6会派のうち
少なくとも3会派は山田氏を支持するとみられる。

村上村長に近い「光風会」の照沼昇村議は
「村長派以外が推すのは苦し紛れ。当選すれば懐柔できるとの
読みがあるのだろうが、村長の後継と何度も確認している」

と山田氏を強く信頼する。

これに対し、村長と距離を置く最大会派の「新政会」の鈴木昇村議は

「村長が後継と言うのは勝手だが、私たちは認めない。先に山田氏を推したのは私たち。脱原発ではないと聞いている」と強調する。

共産党の大名美恵子村議は
「再稼働問題を抱える村の村長候補として、中立はひどい」と批判。党独自で対立候補を擁立すると明言した。

今後の村政の主導権をめぐり、火花を散らす各会派。
ある村関係者は
「両腕を引っ張られている状態。山田さんは大変だ」
と気遣った。

転載終了

「新政会」の鈴木昇議員のこの発言は、「自分は原発推進派です」

と言っているようなものですね

原子力問題調査特別委員会(原特委)では、一切「原発推進・容認」

であるような発言は意図的に避けて、原特委内では

まったく議論する態度を示さなかった!!(難癖だけはつけたけど)

本当にずるいの一言

福島のあれほどの原発事故を見せられても、原発推進という

意見を変えないという事は、原発立地自治体の議員でありながら

同じような原発事故や原子力災害が東海村であった場合の影響

などに関して、何も考えていないに等しい!!

経済経済!ってそればかり、安心安全で持続可能な東海村を

作って行く為には、今何が必要なのか?真剣に考えて欲しい

今現在でも、大量にある高レベル放射性廃液をはじめ核廃棄物の

数々をどうしていくべきか?

まず、その事から考えなければ何も始まらない



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事