ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全115ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

1⃣
 FOP 172 「スター・ウォーズ」叙事詩組曲パート 2
フル・オーケストラ・クラシック・ベスト
Alfred/Rocket(輸入・オーケストラ譜)/G4/T:4:55

2⃣「タイタニックメドレー」
MFOP フルオーケストラ輸入ポピュラーベスト
Hal Leonard
1.航海へMr.マードック 
2.ネヴァー・アン・アブソルーション 
3.サウサンプトン 
4.トラブル発生 
5.マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(全5曲)
編曲者John Moss(ジョンモス)
作曲者James Horner
編成
Flute / Oboe / Clarinet / Bassoon / Horn
Trumpet / Trombone / Tuba / Perc
 Violin / Viola / Cello / C.Bass

この記事に

開くトラックバック(0)

レッスン日記

四月にまとめる曲を昨日のレッスンで決めました。

3番ソナタLargoとAllegro assai 明るい曲で
先生がオススメするのと、好きな感じの曲だとか。

好みで言えば1番ソナタのAdagioとPrestoの方だったのですが、
敢えて得意ではない方で決めました。

原譜を見てボーイングを修正したり、などいつものように。

花フェスタ記念公演の演奏会は合間に1時間半ほどの休憩があり、
その間、ベテランのプロ奏者がずっと次に弾く曲を練習していましたが、
コツコツゆっくり確認するかのようにずっと弾いている。

上手い人でもさぼらない、地道な練習が基本だということが
よくわかり、参考になりました。

この記事に

開くトラックバック(0)

次の曲探し

四月の発表会の為に曲を変えること

一人持ち時間が5分くらいなので短い曲にしなければならないこと

シャコンヌは三年くらい温めてから披露すべき作品だということ

バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータは
とにかく沢山の曲があるので、やるべきこと沢山、

候補曲を2曲づつ挙げられたので、今週はその譜読み

ソナタ1番のAdagioは音譜割りが難しい。Prestoはよく弾いていた曲だ。
ソナタ3番のlargoはかわいらしい。Allegro assaiはこれも明るい。

1番の方が魅力的に感じられるけれど、少しどちらも弾いてみて考えよう。

この記事に

開くトラックバック(0)

桜を待ちわびる

練習日記が止まりましたが、さぼっている訳ではなく、かえって熱心にやっていました。


4月16日 発表会 バッハパルティータ二番から Allemanda Sarabanda Giga

5月22日 アンサンブル会

ホルンアンサンブル
四季 春

10月の定期演奏会の曲


この記事に

開くトラックバック(0)

鱒 violin再トライ

以前は鱒に取り組んだのは2010年か。あの時は純粋なメンバーに恵まれ、どこか素直さがあったり、面倒見のよい先輩がいたり、なかなか楽しい練習ができたし、私も練習時間も取れたり、余裕があった。

一度本番をしたということで、大枠問題はないのだか、もっと完璧を目指さなければ意味がない。

適当に弾けてるふりをせず勢いで飛ばしているところを冷静に見直して確実に鳴ることを目標に作り直します。フィンガリングの見直しも、ありました。音程についても同じ。

また目標にしたい演奏を見つけ、いくつか違う曲奏にもっていきます。

同じ映像を以前にも見ていたけれど、当時はその特色を掴むには至らず。少し成長したのかも。今度のメンバーはどんな発見を見せてくれるのだろうか。楽しみです。


この記事に

開くトラックバック(0)

全115ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事