イメージ 1





つい 先日の事件ですが
中国のメディアはじめ イギリスのメディアも
大きく取り上げています。

インドの著名女性キャスター
カンチャン・ナス(Kanchan Nath)さん58歳、
ムンバイのチェンバーの
ヨガ教室から帰宅途中
強風で飛んできた椰子の木の直撃を受け
病院に運ばれたらしいのですが
死亡が確認したと言う事故です。


まあ お国に依って
事故は色々ですが
椰子の枝が折れて強風に飛ばされるなんて・・・
よりに依って この方に当たるなんて・・


日本のTVでも 強風の日は外出を避けて
と呼びかけていますが

不可抗力のような気もして不運としか
言いようがないですね・・・・
気の毒です

ニュースは 「环球网」さんから
お借りしました。
(「环球网」さんは2014年 日本人の私の事を 
メディアに紹介して下さった
会社です。)












この記事に

開く コメント(0)



イメージ 2




今年は 梅雨明け前から ムシムシ暑くて
雨も降らないし、
普段なら 梅雨明けと同時に
真っ青で暑そうな空が望めるのに
感慨のない 梅雨明けになりました。

暑中お見舞い申し上げます。

中国には
暑中見舞いと言うのはありません。

しかし 暑いことには変わりないので
私は 毎年自分で撮影した
日本の写真に文字を入れて

 暑中見舞いめいたカードをブログに
貼りますが 中華のブロ友の皆さん
ちゃんと返事を返してくれます。

親しいブロ友などは 氷の上に座りなさい と冗談のコメントをくれます。

東京都立川市・昭和記念公園
イメージ 1





何年か前、四川卧龙基地の飼育員の男性が
パンダの幼崽を 軽く叩いているのを
たまたま 撮影に訪れていた
メディアが それを撮影して
パンダを虐待している などと報じたものですから
その男性飼育員は 減給だけではなく確か
解雇だったような気がしたのですが

その方は 5.12汶川大地震の時
基地で貢献された方だったのに
なんだか 中国は不思議な国ですよ。

叩かれたパンダっ仔は
現在韓国に貸与されて
大豪邸に住まって 人気パンダです。




さて、 問題の成都基地の動画
まあ、パンダたちは 一応中国の国宝ですから
丁寧に 取り扱わないと・・・

乱暴に取り扱われているパンダっ子ですが
一頭は 日本から帰国した梅浜の仔 「梅兰」 メイラン

もう一頭は园园の仔の 「园满」 ユエンマン
どちらも 2016年生まれ、もうこんなに大きくなりました。

2頭は基地では「肉肉」ロウロウちゃん
 と「满满」マンマンちゃんと
呼ばれています。オデブちゃんです。





この記事に

開く コメント(0)


イメージ 5



近年は 雨が降ると
我々日本人が 過去経験したことのないような
大雨になるし

雪が降ると これまた 経験したことのない
大雪になるし

風が吹くと
突風 竜巻になって
中庸がなくなってきた地球のような気がしますね。


明日は土用丑の日ですが
wikipedia によると
土用(どよう)とは、五行に由来する暦の雑節である。1年のうち不連続な4つの期間で、 四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつである・・・
と説明がありますが
さて

中国には 土用というのは
ありません。
その代わり
「三伏天」言われる習があります。

7月12日頃から40日間
一年で一番暑い盛りで 全てにおいて養生をしましょうと 言う意味です。


これから 日本では 
各地で花火大会など催しが行われますが

天変地異が先行する地球環境
お互いに 十分に配慮し ご自愛をお願い致します。


イメージ 1





この時期 日本各地の動物園でも動物達を労って
氷の中に果物を入れて与えたりするようになりました。

中国の各地の動物園でも同様なことが行われています。

四川・都江堰基地と
成都基地の国宝たちへの工夫をこらした プレゼントです。

イメージ 2


イメージ 3

イメージ 4



イメージ 6


氷の塊を ダッコして大喜び!!!!
ウレチイネェ!!

この記事に

開く コメント(2)



イメージ 4





7月10日
四川成都基地で 赤ちゃんパンダが誕生しました。
おめでとうございます。

このチビちゃんの
お母さんは
北京五輪の時の 5頭のマスコットパンダの一頭です。

北京五輪のマスコットキャラクターパンダについて
簡単に ご紹介しますと

「福娃」
 吉祥をもたらす5人の童子と言う意味(ラッキーチルドレン)で
北京オリンピックのとき 2005年、2006年生まれの
国宝のパンダ達がマスコット キャラクターとして選ばれ

北京オリンピック開催の1000日前にあたる2005年11月11日に 晶晶が
公表されました

貝貝(魚をイメージ)晶晶(森林)歓歓(聖火)迎迎(チベットカモシカ)と妮妮(北京の燕)
それぞれのマスコットには、繁栄、愉快、激情、健康と幸運という願いが込められています

5頭は 現在夫々が 元気で暮しています。

今回は この中の 晶晶(森林)ジンジンちゃんのお目出度です 


イメージ 1



イメージ 5


晶晶ちゃんは 五輪の黒の輪のキャラクターです
原型は 2003年生まれの 毛毛(晶晶の姉)の幼名が福娃
と言い、この仔がモデルです。


上野動物園の「真真」も この年うまれ。同期です。
五輪のキャラクターではありませんが。

イメージ 2



イメージ 3

この記事に

開く コメント(4)



イメージ 2





お取り込みの時期かと存じますが
皆様の
一日も早い復興を
心よりお祈り申し上げます。


イメージ 1


この記事に

開く コメント(2)





イメージ 4



2本のビデオを ご紹介します。

中国・山西省・太原市
龙潭公园

先月のこと
地元の市民の話では
公園で十数年、このような現象を見たことがないとといっています

「不思議!数千の錦鯉の
長い行列ができ、同じ方向に向かって回って
壮観 驚きました」

山西太原龙潭公园というのは
かっての 太原市动物园

イメージ 1


イメージ 2



イヤイヤ風光明媚な美麗中国ですが・・・
こうなっちゃいますからねぇ・・
美麗中国なのに
残念ですよ・・

イメージ 3






Weiboのブロ友から DLしました。
フクロウが ウツラウツラしているところを
すっかり 起こしてしまい
ご機嫌わるそうです





この記事に

開く コメント(0)


イメージ 1




何度か このブログでもご紹介している
アジア象

雲南では野生象たちが
農家に押しかけて
倉庫の食料を食べつくし散らかして
山に帰って行く・・・

まあ 大体がこのようなパターンなのですが

今日の チビ象ちゃんは 2年前、その発見時、
臍帯はついたまま 感染していて 瀕死の状態だったそうです。

保護センターの職員さん達に
助けられ

すっかり 太って元気になった様子を
中国国家林業局で ビデオが紹介されました。

このオチビちゃん お名前が
“羊妞” ヤン・ニイウ ちゃん
(羊の女の子)

いたずらっ子で
畑の泥道をお滑り台にして
ザーザー 滑ってくるんですが
これが 又可愛い 可愛いと
林業局の職員さん達の感想です。

チビちゃん面白いらしくて
何度も何度も 繰り返しているようです。
可愛いですよね。
视频分享感謝(Lily_sakuracat)


微博・中国国家林業局




この記事に

開く コメント(0)


イメージ 3


今月26日
成都基地で 双子の赤ちゃん誕生しました。
生まれたのは
龍鳳胎児

以前にも説明したことがありますが
男女の双子の赤ちゃん
(男)龍と(女)鳳の意味で
とても目出度いことなんですが

パンダは双子は大体普通に生まれますが
龍鳳胎というのは 
そんなに多いわけではありません。

男の子だけとか 女の子だけとか
は双子であっても 龍鳳胎とは言わないのです。

イメージ 1



母亲「成大」 チオン・ダーは
2011年成都基地生まれ。

この「成大」も 双子で こちらは下に弟がいます。
繁殖前は 姉弟で杭州動物園に行っていました。

だけど
中国は広いから ネット人口も異常に多くて
私のこのカードを 昨日 weiboの私のブログに載せたら
たった一日で
8000人くらいのユーザーが閲覧しているので
驚きました。



イメージ 2



私は
「成大」ちゃんは 特別 人気パンダだとは思っていないのですが。

ブロ友のコメントの中に面白いのがありました。
杭州動物園に残っている弟(成小といいますが)は
「姉ちゃんの子供のミルク代を稼ぐために
頑張っている」 ・・なんて
お口が悪いのも困ったものです・・・


昨日 アップされた動画

この記事に

開く コメント(0)






イメージ 2


月日の経つのは早いもので
あっという間に一年が経ちます。

今年度のお産の情報はまだ
ぽつぽつ ですが
近年 林業局や基地では
直ぐに発表しないケースが多くなってきました。

昨年の「愛浜」 (日本からの帰国パンダ)のとき
大急ぎで 発表して
その夜 死亡した例もあって
慎重をきたして 居られるのだと思います。

いい傾向だと 私は 考えています。




2岁誕生日おめでとう!
6月25日が誕生日の 2頭ですが

チョット この2頭のオスの幼崽たちには
うまれて 7ヶ月後に
悲しいことがありました。


卧龙核桃坪と言うところに 
野化訓練のセンターがあります。

核桃坪は 一般公開されていない基地なのですが
下の仔の一頭が
母亲と野放訓練を受けていたのですが
母亲のほうが 突然死をしてしまったのです。

この仔達は そのとき
未だの7ヶ月のチビですから
いずれにしろ母亲が 居なくては
どうすることも出来ず 野放訓練も 母亲あってのことで
人間の力(獣医先生や飼育員)では 
どうすることも出来ないのです。

結果 この仔達は 
野に放される計画は 中断

基地で仲良く暮しています・・・



左上の黒いリボンが 母亲の「新妮」です
2007年うまれ。10歳で これからというときでした。

イメージ 1




気分良さそうにしているのは
実は お風呂なんです

この記事に

開く コメント(0)


イメージ 2


6月12日
陝西楼观台 (陝西省)保護センターで
双子の赤ちゃんを出産しているのが
今日発表になりました。

私などは 愛浜は 成都基地に居るとばかり
思っていましたが
狭西に移動していました。


陕视新闻に今日午後発表されたので
まだ 中国のメディアも iPandaさんも取り上げていないのですが

取り合えず 
写真とビデオを・・

イメージ 1




この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事