全体表示

[ リスト ]



イメージ 1


パンダたちには 様々なエピソート(故事)があって
可哀相な悲しい話も沢山あります。



2000年に 四川から 日本神戸王子動物園にレンタルになった
ご存知の
「旦旦」(1995年生まれ メス)と 「兴兴」(中国名 「錦竹」 1995年生まれ オス)
ですが


「兴兴」が どうやら 雌雄性乱れの体だということが判明して2002年に
中国に返されました


今日は
次に四川から来た2代目「兴兴」の
お話ではなく
返された 一代目「兴兴」 (錦竹)のお話なのです。


中国に返されて 異常な体も手術で整復され
2007年8月に
見事に女の双胞胎を出産しました



その 双子は 姉「錦意」と妹「錦心」


今日のビデオは 妹「锦心」と 
その幼崽です。つまり 
神戸の初代「兴兴」 の孫です。




その後「錦竹」(兴兴)は
2011年
核桃坪野化放归基地で出産したのですが
山中の洞窟のようなところで赤ちゃんを抱いている写真をみて
胸が痛く 不憫で 忘れられない写真となりました。



生まれたのは女の子で「錦花」という名前が付いていましたが
2014年 「錦竹」死亡の時期に 
この仔も死亡したことになっていて・・・ 卧龙のセンターに聞いて下さいということだったのですが
気が進まないまま 結局そのまま。


姉の「錦意」は 鄭州動物園で 虐待事件で死亡しました。

このパンダ一族は 結局残っているのは
ビデオの「锦心」だけとなりました。











閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんにちは
王子動物園の初代にはそういう事があったのですね。
2代目も不幸な事になり、22歳のタンタンが頑張っていますが、22歳と言う
年齢から将来が心配です。
この孫パンダは今元気なのでしょうか・・・

2018/1/28(日) 午後 4:21 piv**nes 返信する

顔アイコン

> piv**nesさん
いつもありがとうございます。
まず、ビデオのチビスケ元気ですよ。卧龙基地の子達はなかなか名前がつけてもらえず 日本風で言えば 幼児-1 幼児-2と言った感じで呼ばれています。このママ(锦心 ジンシン)は昨年夏2頭メス-1オス-1 産仔しています。ビデオのこの子は そのどちらとも説明がないので わかりません。とにかく元気で育ってくれることを祈るのみです。
タンタンは22歳で高齢ですが 永明は1992年生まれですから、もっと高齢です。タンタンよりも年上のおばさんたちには まだ お産で頑張っているのもいますけど ちょっと 可哀想よね。

2018/1/28(日) 午後 6:35 りりー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事