動物園訪問日記・中国に住む”パンダたち”

北風が身にしみる季節、例年より寒さが控えめのようです。慌しい年の瀬、健康に留意されますよう。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1



「園润 」 ユエンルン  ちゃん (2012年成都基地生れ)は 7月31日に
初産でも順調に産仔しました。


スタッフが見た時 赤ちゃん顔の異常に気づきました。
直ぐに 母親から取り上げて 検査すると
赤ちゃんの 首から口に かなり長い傷があって
子供をクワエテ拾おうとする 母パンダ
の習性によって出来た傷のようで



直ぐに、基地の獣医師・専門家チームで
どのように治療縫合の検討が行われ


縫合によって 今後の授乳・食事が適当に行えるかどうか
慎重に考慮され 9針の縫合手術を行いましたが

赤ちゃんの柔らかい皮膚のステッチングなので
薄い氷の上を踏むような 緊張と感覚だったと 先生方は仰っています。


母パンダ「園润 」から赤ちゃんに授乳させることは難しいので
母「園润 」の初乳を手に入れて 様々な方法で
お乳を与えていますが 赤ちゃんは2時間おきに

母乳を要求しているようで 
現在は 母子共に 頑張っているようです。

先日も このブログで書きましたが
名前は100日位で付くのですが
今回は
この赤ちゃんパンダには 直ぐに
「润九」という名前がつきました。
「園润 」の一文字と 9針 縫合したので 9 とつきました。




部疑被妈妈划伤,缝九针取名“润九”







刚出生就缝九针 成都营救大熊猫宝宝

この記事に

閉じる コメント(5)

こんにちは(^^♪

赤ちゃんパンダちゃん元気に育つと良いですね

ナイス(^^♪

2018/8/4(土) 午後 2:48 akiyotk 返信する

パンダの歯はカなり強いですよね。
肉食獣並みの顎の強さもありますし、心配ですが無事育ってくれると良いですね。

2018/8/5(日) 午後 3:46 ゆりかぜ 返信する

> akiyotkさん
まいどありがとうございます

本当に 祈るのは それのみです。

2018/8/6(月) 午後 4:30 りりー 返信する

> ゆりかぜさん
ゆりさん。お暑うございます。
ゆり家のワンちゃんたちも 暑さでのびていませんか。
ゆりさんがこの前旅行された「呉市」大変でしたね。被害が・・

おっしゃるとおりです。大熊猫ですから、歯は鋭いし、爪も鋭いし、顎は頑丈だし やっぱり クマですよ〜。

少し前 卧龙熊猫基地の男性の先生が可愛がっていたメスパンダに襲われて 大怪我をされました。


以前
多摩動物公園のアムールトラの幼子が 母トラが
首をくわえて運ぶ時 変な具合にくわえたらしく、時々 小虎が
テンカンを起して暴れるようになって 早死にしたことがありました。

テンカンの発作は 展示場で展示している最中に起こったりしていました。体格は成年トラだったので 怖いですよ。

2018/8/6(月) 午後 4:43 りりー 返信する

顔アイコン

> ゆりかぜさん
PS>この夏も 私 また北京に無料ご招待受けていますけど 行かない。

2018/8/6(月) 午後 4:50 りりー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事