動物園訪問日記・中国に住む”パンダたち”

ようやくしのぎやすい季節となりましたが、皆さん、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

全体表示

[ リスト ]



イメージ 2




このブログでも
先日 ご紹介した 陕西省基地の
世界唯一茶色のパンダ 
「七仔」 チーザイちゃん
(世界唯一棕色大熊猫9岁七仔 )

このほど 8月末 9歳年上の 
「珠珠」 ヂュヂュちゃんと
めでたく夫婦になりました。
自然交配成功です


「珠珠」 右「七仔」
イメージ 1


「珠珠」は 何度も産仔の経験があり
ベテラン・ママです。直近では 昨年9月に
出産しています。


イメージ 5




2009年11月1日

陕西省佛坪保护区野外で発見された時
おおよそ 2ヶ月位のチビちゃんで
勿論 側には 母パンダは居りませんでした。

イメージ 3



イメージ 4




陕西省楼观台秦岭四宝基地(ここでは、日本から帰った「愛浜」も飼育されています)
この棕色 (茶色、ブラウン)パンダは
正常な白黒パンダ達と一緒に
生活させ 成長したわけですが
基地では
将来発情が来ても 白黒パンダとの交配を躊躇しておられたわけですが 
相次ぐ検討の結果です



過去 陕西では
1985年 身患重病のメスの野生茶色パンダ(のち、取名“丹丹”)を 全力抢救,そして西安动物园(陕西省)で飼育。
1990、1991,1992年と 相次いで保護区で 茶色パンダが
発見されています。(この3回の時の救護はありません。パンダに逃げられちゃったとかで・・)



尚 
初めて発見され、西安動物園で2000年9月6日
病逝するまでの 茶色メスパンダ”丹丹”については
故事も照片も沢山ありますので
改めて ご紹介します

「丹丹」 以来発見は 「七仔」を含めて
5回ということになります



その様な次第で
「七仔」ちゃんの直血縁の赤ちゃんを
関係筋は期待を寄せておられます


棕色 (茶色)パンダのプロローグが
ビデオで簡単に説明されています




「七仔」ちゃん





この記事に

閉じる コメント(2)

こんにちは(^^♪

茶色のパンダちゃん珍しいですね

ナイス・ポチ

2018/9/2(日) 午後 1:26 akiyotk 返信する

> akiyotkさん
いつもありがとうございます

2018/9/4(火) 午後 3:05 りりー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事