動物園訪問日記・中国に住む”パンダたち”

北風が身にしみる季節、例年より寒さが控えめのようです。慌しい年の瀬、健康に留意されますよう。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


2001年2月末
“戴丽”ダイリィちゃんは

中国・四川省宝興県の野外で
2人の農民に発見されました。

人間が近づいてきたことで 彼は驚いて逃げようとして前進しましたが直ぐに 地面に横たわってしまいました。


           二人の農民は 
パンダの左後ろ足が骨折していて、傷口が既に感染しており、耳に複数の傷があることを発見しました。


保護区の管理員事務所に2人の農民は パンダを担いで歩いて
運びましたが、発見場所から 事務所までかなりの距離があり 星もなく 真っ暗な 2月の寒い夜で、相当大変だったようです。



発見当時 年齢的には 
1歳位の若いパンダと判定され

========
1999年出生。 
父母不詳。 
四川省宝興県の野外で救護。



2001年3月7日、
左後肢の傷は化膿、重度に感染し、
四川農業大学の動物病院に送られましたが、
左後肢は動物にひどく噛まれており
感染に感染

四川農業大学の動物病院の専門家(ドクター達)は、切断手術を行うことに決め、
そして
成功しました。




2001年当時の写真ですが
現在 中国国内の どちらの动物医療施設も
見違えるほど素晴らしい施設に変貌しています。
イメージ 2






それ以来、“戴丽”ちゃんは、今日まで、
中国大熊猫保护研究中心 -都江堰基地で特別なケアを受けてきました。
(汶川大地震の時は、他のパンダ達と成都基地に避難したことはありますが)



今年19歳。
国際谱系号:542



昨年 18歳の時の
誕生祝の写真があります。

イメージ 3






先日
四川省林业厅
(私が コメントを送ったり カードを送ったりしている 四川省林業庁です。
私は 支持しています。)

四川省政府の行政機関で林業管理部門。
森、湿地、砂漠や陸上野生生物資源の保護と合理的な搾取を強化する森林資源の配分を最適化し、林業業務の持続的な発展を促進。


省の湿地と砂漠化の予防と管理を組織し、調整し、指導し、監督する責任を強化する。

野生生物の保護と合理的な開発と利用管理
(勿論ジャイアントパンダも含みます)

副局長さんが コメントしておられました。

********************

野生動物の救助には
野生動物を守る野性、
自然発展の法則を破壊しないのが原則。


人間は負傷したすべての野生動物に介入す
ることはできない。

けがや弱体化した野生のパンダ
を救助する際には、国家関連規定を厳守しなければならない。

もしパンダがけがをした場合、野生の独立生存能力を備えている場合は、生存に適した時間と場所を選択して自然に帰還することを選択します。


また、深刻な傷害や年老いたパンダは
野外で独立した生存能力を失っているので自然に帰すことはできません。



動画
“戴丽”ダイリィちゃん











この記事に

閉じる コメント(2)

こんばんは(^^♪

片足がなくなったパンダちゃん走ったり梯子を登ったり

何だか感動しますね 保護されて幸せに暮らしてるパンダちゃん

ナイス・ポチ

2018/10/10(水) 午後 7:53 akiyotk 返信する

> akiyotkさん
毎度ありがとうございます。

そうなのねぇ。この仔 ハンサムではないけど 性格的に可愛いこなので、観光客にも人気があるんですよ。

ウエイボのサイトでも 時々 誰や彼やが投稿しています。

この仔の他にも 救護された時 大怪我をしていて その後 手術で手や足を切断した子が何頭かいるんですよ。

また ご紹介しますね。

2018/10/11(木) 午後 2:28 りりー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事