全体表示

[ リスト ]


イメージ 1




恭喜!恭喜!

今年のパンダっ子の
 野外回帰セレモニーは
今朝10時から
四川省・都江堰市で
寒そうな 吹雪の中で
行われました。


国家林業草原局、四川省人民政府
主催、中国パンダ保護研究センター、
都江堰市人民政府の協力を得て、

「都江堰龙溪-虹口国家级自然保护区成功放归!」

人工飼育で成都範囲内に戻すのは、
史上初となります。

2016年生(2歳児)の 雌の2頭
「琴心」 チンシン
「小核桃」 シャオフェア タオ
は、2年余りの訓練を受けました。
2頭とも 成長と健康状態、行為の特徴、生存と適応能力が野外に帰還するのに最適な状態に生長したと担当者は言って居られます。

今回 なぜ都江堰市を選んだのか
ここは 野生ジャイアントパンダの生息地であり
パンダが食べられる竹の種類が豊富
そして、監視が十分可能(経験豊富な監視員が在籍する) など 諸条件が考慮されました。

まあ 国家プロジェクトですから
私のスローガンであります
美麗中国支持
野外回帰支持
している私にすれば
恭喜(おめでとうございます)と言わざるをえないのですが ここだけの話、毎年
胸が痛くなるセレモニーですよ。





セレモニー(式場)の様子
政府のお偉い方々が・・
今朝 四川・都江堰市は雪だったのですねぇ・・

イメージ 2




2008年汶川大地震の時は
難を免れましたが
その後、確か2年くらい前に震災があって
ダメージを受けました。

勿論 一般の方々も・・・
イメージ 3




イメージ 4





2頭が 訓練を受けていた頃の
可愛い 写真
これを見るたびに
切なくなる・・・・
原野に放されちゃって・・

「琴心」
イメージ 5


「小核桃」
イメージ 6





イメージ 7




この記事に

閉じる コメント(2)

こんばんは(^^♪

原野に放たれたパンダちゃんこれからどんな

パンダ人生が待ってるのでしょうか?

ナイス・ポチ

2018/12/27(木) 午後 7:18 akiyotk 返信する

> akiyotkさん
ありがとうございます。

そうなのですね。言いたくはないけど、去年11月に放された雌2頭も、その後の消息は聞いてないし、2年前に放されたオスは、死んで見つかっているし。

政府のプログラムなのだから、中国のブロ友たちも、公に苦情はいえないので、ひたすら 頑張って生き延びてね としかコメントできませんよ。

2018/12/28(金) 午後 6:55 りりー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事