全体表示

[ リスト ]

20広東省

「広州長隆野生動物世界(動物園)」で 昨年7月30日に

オスの赤ちゃんパンダが
誕生しました。




昨日ご紹介した 名無しの権兵衛ちゃんだった
重慶の”好奇”ちゃんと
ほぼ 同じ時期ですが




こちらのほうは 広東省で パンダベビーが生まれたのは
初めてだということもあり

金いり・太鼓入りで
とてもとても もてはやされ お名前も募集して
採用された人には 賞金130万円(日本円で)

大変でしたねぇ・・






結局 ”隆隆”ちゃんに決定。
130万の話の結末は 私 知りません。




”隆隆”ちゃん
イメージ 1













イメージ 2










メディア・発表会見
イメージ 7








母パンダは 梅清 さん
(2002年・雅安碧峰峡基地・四川省生まれ)


イメージ 3











父パンダは (1997年 四川・臥龍基地生まれ)
琳琳 さん
上野動物園の真真(仙女)のパパ
イメージ 4








昨日の 重慶動物園の ”好奇”ちゃんの
両親も 何等 引けを取らないし
同じ基地出身の パンダなのに
要するに 飼育されている環境に依ってこうも変わるのは

仔パンダには 何の罪もない 人間の事情だけです。






母仔のために こちらの動物園では
冷暖房完備だそうです
イメージ 5












片や 昨日の 重慶の パンダっ仔の
”好奇”ちゃんは

お外で お客さんと こんなに近い。
風邪が移りそうですよ。
イメージ 6



重慶動物園 ”好奇”ちゃん
イメージ 9



まあ 家庭の事情みたいなものでしょうねぇ。
海外の私なんぞにお名前教えて下さい と
指摘されて 大急ぎで お名前を決めるくらいですから。













広州動物園

イメージ 8







今 世界的にも 獣医学の発展は
目覚しいものがあります。

技術面でも 一昔前とは 雲泥の差で
技術面でも 物理的にも最新のメカを駆使して
治療に当たって居られます。


その意味からしても
動物園の動物達も 長生き出来るようになりましたが
今度は 高齢化の波が
叙々に 寄せてきていて
パンダさんたちの世界でも
大分前から 言われて来ている事です。

次は 高齢化のことについて ポストしたいと思います。





14-3-9

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事