全体表示

[ リスト ]

16-6-22
ブラジル
オリンピック・マスコットのジャガー
ジュマ(Juma)ちゃん 17歳(メス)が


今月20日
ブラジル北部のマナウスで 
リオデジャネイロ・オリンピック・聖火リレーのイベントの行事の最中に
射殺された事件が 昨日今日 話題になっています。



聖火ランナーとジュマちゃんが園内を回るというイベント。


事件の発端は イベント会場につれてこられた
ジュマちゃんが 飼育員の手を離れ
獣医師に 襲い掛かろうとしたため
麻酔ダーツを打ったのですが 効果がなく
ブラジル軍の兵士に射殺されたのです。


中国のサイトWeiboの数多くのユーザーがコメントしていますが
(私も書き込みましたけど)

何故 麻酔ダーツが効かなかったのか 
という意見が多かったですね。


思うに 効かなかったというよりは 
効くまでに時間がかかるので

この前の アメリカの動物園ニシローランドゴリラの飼育場に
子供が落ちて 動物園側が射殺してしまった 事件に似ているような気がします。



動物は 突然猛獣になりますから 人命救助優先のためには
止むをえない事情だったのだと私は思います。


ジュマちゃんは 軍の動物園で赤ちゃんの時から飼育されていて
軍の大佐は
「飼育員・獣医師を守るために犠牲にさせてしまいが、とても悲しい」
と話しておられるそうです。
軍は今回の問題の調査に着手しているそうです。



[巴西美洲豹参加圣火传递仪式时逃跑 被当场击毙]
2016-06-22 10:16:26来源:中国经济网

イメージ 1



イメージ 2


ジュマちゃん 火を見て
怖かったのかも・・・・



イメージ 3



イメージ 4





イメージ 6





なんだかねぇ。。。 リオのオリンピックは
よからぬ話題が多いいですねぇ。。。






イメージ 5










閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事