過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]




    イメージ 7



    昨日も ご紹介しましたように
    中国国家林業局では
    飼育パンダを順次野生に帰す試みが
    行われています。

    その基本的な考え方としては
    元来野生での生活が正常である大熊猫は
    人間の手でケージに閉じ込めて
    繁殖や食料採取は どんなものか・・
    と言う考えから 端を発しています。


    放帰も 上手くいくとは限らず
    相手も生き物ですからねぇ・・・


    さて 今年度も予定では
    四川卧龍基地の2頭が 候補に選ばれて
    二年前から訓練を受けていました。
    ”雪雪” ちゃん は 2012/8月生まれ 
    “新媛”ちゃんは 2012/7月うまれ
    どちらも 2歳の若いメスです


    雪ちゃんの ルーツは 母親 「思雪」と言いますが 祖母は野生で保護された
    パンダです

    新ちゃんは 母親は「龍欣」と言いますが やはり 祖母は野生で1989年
    保護されたパンダです

    さて 今回 
    “新媛”ちゃんは 悲しい 結果となってしまいましたが。





    「雪雪」野放のセレモニー・イベントは
    盛大に行われました。

    イメージ 1





    雪雪 と 思雪 母仔
    イメージ 2



    雪雪
    イメージ 3






    動画   2014/10/15

    先に開放の予定の 新ちゃんが 捕獲できなくて
    急遽 雪ちゃんが野放となったのですが・・・・

    撮影された動画が すぐに送ってきたのですが
    どうも 雪ちゃん 嫌がって 外に出ません。

    とりあえず動画はこれで終わっていますが
    結局 かなり時間を要して
    車外に出てくれた模様でした。










    10/12  準備の状況をメディアが紹介しています。



    開放地点の写真
    イメージ 4





    lily_sakuracat的空間iPanda熊猫頻道  
    http://ipanda.cntv.cn/home.php?mod=space&uid=2329

    24時間ライブ
    http://live.ipanda.com/    ;








12/06/14--03:18:


イメージ 1

生前の新媛ちゃん(2012/7/28生まれ 2歳)
まだ 幼崽(幼い女の仔)です






パンダ情報は
オモシロ オカシク 愛らしいことばかりではありません。
哀しくて 胸が痛むことも 沢山あります。


中国国家林業局では
飼育パンダ達を 順次 野生に返していく
大きなプロジェクトがあります。




かって1990年代にも
その取り組みが行われていましたが
もともと 飼育パンダですから
食事も上手く取れなかったり
病にかかったり怪我をしたりで 
基地に舞い戻るパンダも居たのだそうですが



大々的に野化放帰訓練を何年かして

野化放帰したパンダ第一号が
祥祥ちゃんという2001年生まれの雄
でした。
結局放してから2007年に保護区内で死亡しているのが
見つかりました。



それ以後 野放は一時見合わせ
「淘
淘」 「張想」 「雪雪」 と言った四川卧龙基地の
子達が
年々放されて 現在野生で生活しています。



「雪雪」は
今年の10月に野放されて
テレビライブでも実況されました
(雪ちゃんの ビデオは 後ほど ご紹介します)



予定では 今回死亡した新媛ちゃんが 先に放される予定だったらしいのですが ともかく逃げ惑って 木に登ったきり降りてこないので
急遽雪雪になったようで



新媛ちゃんは 11月と言うことになっていたのに
どうなったのかと 案じていたのですが
11月20日に 死亡していました。
元気だった仔の突然の死で
よっぽど 野に放たれることにストレスを感じて
いたのでしょうかねぇ・・


イメージ 4









母親 龙欣(龍欣)と・・・
イメージ 2



ともかくオオザッパな 報告しかされていないので
良く分かりませんが
私はコメントに 
中国の宝が またひとつ消えてしまった 哀しいと
書きました。

 
母親と・・・
イメージ 3



ビデオは まだ 公になっていないので
iPanda熊猫頻道さんのページで
紹介された動画のURLです
クリックして ご覧ください。

珍贵视频:大熊猫幼崽“新媛”生前影像
http://ipanda.cntv.cn/home.php?mod=space&do=blog&uid=27&id=66287http://ipanda.cntv.cn/home.php?mod=space&do=blog&uid=27&id=66287





先日 四川省の あるパンダ基地で
2歳のパンダが 飼育員さんに
叩かれるニュースが
日本のメディアでも
公開されましたね。

ブログ村動画カテのブロガーの皆さんも
ご覧になったことと思います。


私も当初ユーチューブで短い動画を拝見したのですが
短すぎて 訳が分からず
改めて youkuさんの動画を探しました。

この事件があったのは
中国には 大熊猫研究基地が いくつかありますが
その中でも 三大繁育基地の一つ

四川・雅安碧峰峡基地 で起こった出来事だったようですね。

まあ〜〜 しかしねぇ・・・
飼育担当さんが処罰を受けたようですが・・・



よくよく拝見すると
確かにFather keeper (男性飼育員)さんは
パンダを叩いてはいるのですが
このまま ほっておくと 格子の外に出て行きそうな気配で
「だめ!」 と 言うくらいの フイーリングのようにも
見えます。

パンダも赤ちゃんの時は そんなに力もありませんが
2歳くらいになると 結構力があって 飛びつかれたら
女性のキーパーさんは 転んでしまいます


Dear 熊猫綾綾

情报通知你谢谢
Thank you so much for your kindness all the time.


............................................

調べてみましたら
この仔は 2013年・7/13 雅安碧峰峡基地 生まれの
(2013年出生的熊貓宝宝)
華妮ちゃん (女の子)です。

私のところに 名簿が来ているので
添付しますが
台北動物園の圓仔ちゃんも 同期です。
赤枠の子が そうです。
イメージ 1

名前が 幼児名(新妮兒儿)ですが
正式名称は ”華妮”ちゃん





この年の仔たちは 成都基地でも 元気で活発な子が多く
飼育員さんも 大変でしょう。




youkuさんの同じ様な動画を貼り付けますので
ご覧ください


视频: 四川 大熊猫幼崽被曝遭饲养员打141122在线大搜索



  • 11/29/14--07:08: 
  • ”坪坪”ちゃんの死に
    心よりお悔やみ申し上げます。

    .....................................................


    昨日の記事の続きになります。

    中国・四川
    「唐家河国家级自然保护区白熊坪保护站附近」
    (これが正式な住所ですが)
    で保護されて 大手術を受けた”平平”ちゃん


    結局25日に死亡しました。


    今回は 中国のメディアや
    世界の各メディアが 報じています

    「大熊猫“坪坪”最后的日子――如何避免悲剧重演?」

    私はCNTV・iPanda熊猫頻道さんと
    実にホットな relationを 保っているので
    ”坪坪”死亡の
    悲しみのタイトルは iPandaさんのページからFWさせて
    戴くことにします。


    昨日は保護パンダの名前「平平」が 今日は
    ”坪坪”なので 皆さん違和感が お有りだと思いますが
    ピンインだと 「平平」 「坪坪」
    どちらも 「Ping Ping 」と書きます。

    保護された時は 平和に過ごせる仔という意味だったらしい
    のですが 「白熊坪」で保護されたので 付け替えたらしいのですよ。
    (呼び名は一緒ですから)


    さて 

    「自然保护区白熊坪」 のときの画像
    イメージ 1


    イメージ 2


    イメージ 3




    動画は赤い矢印クリックして10秒で始まります。





    経過を記してみますと

    11月17日
    「清晨8时许,坪坪出现在唐家河国家级自然保护区白熊坪保护站附近,部分肠子裸露在外。下午,保护区为它进行了手术,手术医生宣布:“手术成功”。」


    11月20日:  下午6时,大熊猫坪坪被紧急送往成都抢救。
    11月21日: 运抵成都后,坪坪一直处于昏迷状态,“极度虚弱”

    11月25日: 12时41分因低钠血症、败血病、手术段肠管出血性坏死等疾病,坪坪抢救无效死亡 
     

    成都基地に搬送後は昏迷状态になり
    手当ての甲斐なく死亡しましたが


    現在 中国始め世界中で(日本も含めて)飼育されているパンダは
    野生のパンダよりも数は少なく



    野生パンダは 様々な形で若い命を落としています。


    今回の "坪坪”Ping Pingに思いを馳せると
    胸が痛くなって 非常に悲しくなります。



    イメージ 4




    中国林業局の大熊猫野放プロジェクトに
    私は賛同しておりますけれど

    先月 野放された
    四川・雅安碧峰峡基地(2012年生まれ)の
    雌の 「雪雪」が
    元気で原野で暮らしてくれることを
    祈るばかりです


    Blog Ranking  Button

11/27/14--23:43: 

中国本土(大陸)には
四川省や

陝西省を中心として
大よそ1600頭近い野生パンダが生息しています。

彼らの中には 重篤な病気になったり
深い傷を負って
人里に下りてくる子達もいます。


今月 17日

朝8時ごろ 唐家河国家級の自然保護区(四川省にあります)
で 腸の一部が出た 野生の雄パンダが
保護されました。


源文を 簡単に直訳すると
保護されたあと すぐに

[青川県人民病院の外科救護隊の2人の医師と保護ステーション3名の獣医が共同で実施した手術。負傷は比較的に厳しいので、表は傷のほか、一部の腸穿孔傷も。「手術で1時間以上、全部で100針縫った。] と Drの報告です。




3歳くらいに見える
野生のこの子は
 平平(Ping Ping)という名前をもらいましたが・・




”平平”が救出されたときの状況を
ビデオと画像で ご紹介します。
今回は 画像は メンバー登録をしている
Baidu百度さんより お借りしました。ビデオは
赤い矢印をクリックして10秒お待ちください。

イメージ 1




イメージ 2



イメージ 3




イメージ 4






イメージ 5








11月18日に
私もFacebook上で 記事にしましたが
コメントは 予断を許さないと書きました。

iPandaさんのブログでも
Facebookでも ユーザーの皆さん
”平平”頑張れ の エールでした。






FW视频: [唐家河:受伤大熊猫已能自主进食 20141119 ]



イメージ 6






21日午前1時30分、自川唐家河国家級の自然保護区からのパンダ「坪坪道」を7時間の道のりに揺られて成都基地に到着。


一時は 快方へ向かうかのようにも 見えたのですが・・
続きは
明日ご紹介します



lily_sakuracat的空間iPanda熊猫頻道  
http://ipanda.cntv.cn/home.php?mod=space&uid=2329


24時間ライブ
http://en.ipanda.com/live/




,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,



イメージ 7

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事