(旧)りりぃさん’s Room by Y!ブログ

いったんFC2ブログに引っ越し完了(コメント保存のための過去ログ倉庫としてのみ)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

今年の初め、レディースデーに観にいった作品。
TV東京の日曜夜にやっている番組 ショウビズ・カウントダウンで、
この映画の紹介をしているのを観て、
なんとなく、よさげだなぁ、と思いまして・・・

ちょっとマイナーかなぁ、と思いつつも、映画館は意外と混んでいて
びっくりでした。

主演は、”ラテンのブラピ”といわれているらしいエル・ガルシア・ペルナル。
監督は、ベルリン映画祭で受賞したこともあるウォルター・サレス。
製作総指揮は、ロバート・レッドフォード。

この映画は、ラテンアメリカの英雄チェ・ゲバラの若き日の姿を
描いたもの。
友人とボロいバイクで南米大陸を貧乏旅行した時のことを
実際の映像も少し交えながら、映画化しています。
このゲバラの友人役の人、実際に、ゲバラの「はとこ」にあたる
人なんだそうです。

南米の映画をみたのは、私、はじめてで、最初、言葉にとまどいましたが、
段々、そんなことは気にならず、むしろそれが心地よくなりました。

また、革命家ゲバラのことも、全く、予備知識がなかったのですが、
実在の人物を描いた映画としては、とてもよくまとまっていたと
感じました。

とにかく、南米の風景が美しい!!
そこをバイクで駆け抜ける爽快さ。
また、様々な人々に会い、共に悩み、苦しむことで
ゲバラが普通の大学生から、革命家へと成長していく様子が
よく描かれています。
偉大なる革命家の原点をみた思いがしました。

また、最後の飛行機を見送る友人のシーンがとても印象的でした。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

私、この映画大・大・大好きです!!サントラも買ってしまいました^^

2005/5/27(金) 午前 6:45 [ - ]

アバター

jjnn0709さん、こんにちは(*^^*)この映画、見た人少ないのかなぁなんて思っていたら、この映画のよさをわかる方がいて嬉しいです!サントラまで買ったなんてすごい!

2005/5/27(金) 午後 6:37 りりぃ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事