゜+*●中津くンのL研究室●+*゜

もお良いやあ!!ってことでふぁン限定やめます!!どん○2見ちゃってw笑 ふぁンほ0ニ大歓迎ww♥転載したのふぁん限定なる(д)

全体表示

[ リスト ]

探偵学園Q 情報

イメージ 1

イメージ 2

探偵学園Q
日本テレビ放送網
火曜 22:00〜22:54
放送中
公式HP:http://www.ntv.co.jp/tantei-q/


●ストーリー
2006年に放送されたスペシャルドラマ「探偵学園Q」がパワーアップして、連続ドラマとなって帰ってきた!

街に溢れる無数の都市伝説。
その伝説に紛れて起こる奇妙な事件が、人々を深い迷宮へと誘っていく・・・。
そんな難事件に挑むのは、5人の若き探偵の卵たち。
知的好奇心に溢れる彼らは、自分たちの能力を最大限に発揮し、街を軽やかに駆け抜け、謎に迫る。
そして、事件の陰に潜むのは、犯罪計画のプロフェッショナルである闇組織“冥王星”。
敵との激しい攻防や、様々な人間との出会いを通じて、彼らは時に傷つきながらも、少しずつ大人になっていく。
優れた才能を持つ少年探偵団の友情と冒険を描く、青春ミステリー。

2007年夏「探偵学園Q」の熱い冒険が始まる。


●出演
神木隆之介
志田未来
山田涼介(ジャニーズJr)
若葉克実
山本太郎
鈴木一真
斉木しげる
要潤
陣内孝則


●スタッフ
一人前の料理人を目指し、博多の小さなイタリアンレストランから東京・六本木の一流店にやってきた主人公・伴省吾(松本潤)は生意気で鼻っ柱が強くてプライドが高い、どこにでもいそうな今どきの若者。
博多ではアルバイトながらも店を任され、腕にも自信があった伴だが、最前線の調理場では何もできず、その鼻をへし折られる。
失敗して怒られて、反発して反省して、それでも決してくじけずに、料理人として、人間として、少しずつ成長していく……。
まだまだ半人前の主人公につけられたあだ名は、イタリア語で“赤ん坊”を意味する“バンビーノ(bambino)”。
熱く、激しく、スピード感あふれる調理場という戦場で、バンビーノはどこまでも前向きに突き進んでいく。
ドラマ『バンビ〜ノ!』は、料理そのものではなく、それを作る者の生き様と働くことの素晴らしさを描いた人間ドラマなのである。


〜あらすじ〜

●みどころ
死を予言するノート… 街に溢れる無数の都市伝説… 姿無き殺人者…
次々と起こる奇妙な事件が、人々を深い迷宮へと誘っていく…。この作品は、警察もお手上げの難事件に立ち向かい活躍する、少年たちの友情と冒険を描いたポップな青春ミステリーである。難事件に挑むのは、伝説の名探偵・団守彦が創設した探偵養成学校『団探偵学園』の5人の若き探偵の卵たち。
彼らは団守彦の後継者たる資格を持つ「クオリファイド・クラス」、通称「Qクラス」の個性的なメンバー。優れた推理力を持つ者、瞬間記憶能力を持つ者、武道に秀でた者、そして情報収集力に長けた者…。一人一人の力は未熟でも、5人が力を合わせることにより、事件を解決に導いていく。そして、彼らが立ち向かう事件の背後には、必ず「冥王星」という組織が暗躍している。彼らは「怨みをはらしたい」「あいつさえいなければ…」という人間の醜い欲望を叶える頭脳集団であり、団守彦率いる探偵学園とは長年にわたる好敵手の関係にあるのだ。冥王星は自ら手を汚すことはなく、犯罪計画をプレゼンテーションし、依頼者の心をコントロールして、間接的に完全犯罪を実行する。そんな犯罪組織「冥王星」と探偵学園Qクラスの5人の闘いが、全11話の縦軸となっていく。
様々な事件を通して、人の死と向き合い、時には衝突し、互いを認めあい、友情を育みながら少しずつ成長していく5人の生徒たち…。果たして、その対決の結末の行方は?



●第1話
鋭い観察力と類まれなる洞察力、破天荒なヒラメキを持ち、理論や証拠だけでなく、人の感情や心を感じ取ることが出来る、キュウ(神木隆之介)、一度見た物を全て記憶できる瞬間記憶能力を持つQクラスの紅一点、メグ(志田未来)、天才的な頭脳を持ちスポーツも万能ながら人と馴れ合うことを嫌う、クールで謎めいた存在、リュウ(山田涼介)、コンピューターを操る天才少年で財閥御曹司の数馬(若葉克実)、武道十段の超絶スポーツマンで秋葉原の不良たちを束ねている、キンタ(要潤)という個性的な5人のメンバーからなる、団探偵学園「Qクラス」。ある日、実習訓練が終わった彼らに、団の右腕で学園の講師でもある七海光太郎(山本太郎)からマンガ喫茶に行くよう指示が下される。すぐさま赴いた店の奥には、団探偵事務所のミッションルームが。そこで5人は学園長・団守彦(陣内孝則)から、初めてとなる実戦捜査の指令を受ける。指令というのは、1週間前、高校3年の岡田律子(垣内彩未)が、完全な密室の中で刺殺された事件の解明。団は、捜査が行き詰まった警察からの捜査協力を受け、この捜査をQクラスの生徒たちに任せる、と言う。
謎が立ち込める完全な密室の事件現場で、5人は警視庁の諸星警部(斉木しげる)と出くわすが、協力を拒まれ、独自の捜査をするはめに。律子の通っていた高校に潜入したキュウとメグは、律子が所属していた文芸部で、1ヶ月前、学校の非常階段で発生した文芸部員・西村静香(岩井七世)の転落死の話や、律子の殺人現場にあった静香の血染めのノートに書いてあった小説の内容が今回の事件にソックリで、あと2人殺されることになっている、という話を入手。さらに文芸部顧問の教師・米山良子(森口瑤子)は、今年の新人ミステリー大賞を受賞した静香が、部内ではかなり傲慢で、部員たちから毛嫌いされていたことを明かす。特に、律子、まどか、恭子の3人は、静香を恨んでいたらしい。呪いのノートだと怖がる部員たち…。
果たして律子殺害は、亡くなった静香の呪いなのか? そして第2の殺人が、静香の書いた呪いのノート通り、再現されようとしていた…。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事