ここから本文です
ぼく、リンちゃんだよ♪
フサフサ尻尾のコーギー ・カーディガン 2004/7/20〜2018/3/8

月命日(3回目)

Lindseyが旅立って3ヵ月。

今日、6月8日は3回目の月命日だ。
そして、6カ月前の今日は病気が分かった日。
半年前の12月8日、
セカンドオピニオン先の病院で検査の結果、
脾臓に腫瘍があることが分かり入院。
翌日9日に手術。

          ちょうど半年前の 2017/12/08 検査前
      イメージ 1

リンちゃん、手術、頑張ったね。
3か月間の闘病生活中もよく頑張ってくれたね。
とても貴重は時間を一緒に過ごしたね。
今でもたくさんのことを思い出すよ。

そしてまた3ヵ月が過ぎた。

私の母は、つらいから
まだリンちゃんのことは
思い出したくないそうだ。
でも、私は
毎日思い出したくてたまらない。


ブログは、読み返すといろんなことを思い出させてくれるので
やってきてよかったと思う。
ブログを始めて13回目の記念日に
Lindseyはもういなくなってしまったけれど
まだ旅行の写真とか載せてないものも多いので
リンちゃんのために、そして自分自身のために
まだこのまま、このブログは続けていこうかな。

イメージ 2

この記事に

2012年と今年は

イメージ 1

これは2012年のカレンダー。
ひな祭りのケーキを予約した特典で
パンの会社が作ってくれたもの。
Lindseyの写真がついているので、
捨てずにとっておいてあった。

で、よく見たら
日付と曜日が今年と同じことに気が付いた。
ということは、今年のカレンダーとしても使える!
今年はもう半分過ぎてしまったけれど、
このカレンダーは来年の3月までだから、
まだあと約9カ月は利用できる!!

そしてこちらは    イメージ 2
6月はじまりのカレンダーだから、
約1年間、使える。

調べたら、次に同じ曜日の配列になる年は
11年後らしい。





















この記事に

やっと写真を

いつの間にかもう6月。
来週の今日は、もう3回目の月命日。
そんな今頃、やっと仏壇の写真入れに
写真をセット。

(リン兄に選んでもらうように頼んでいたけれど、
忙しいらしい・・・・)

13年間の膨大な写真の中から、
どれがいいかなと考えて考えて、
決めた写真は、こちら↓

イメージ 1


これは、伊勢旅行に行ったときに鳥羽のホテルで撮影会があって
その時にカメラマンに撮ってもらった写真。
まだ、1歳半のLindsey。若いなあ。

凛々しく撮ってもらったので嬉しくて、
病気の時にお世話になった保険のカードも
ずっとこの写真を使っていた。

          イメージ 2

あれからもう12年かあ。
楽しいことばかりだったなあ。
今回写真をセットして、改めてLindseyとのこと振り返った。
やっぱり、リンちゃんにはありがとうの言葉しかないなあ。

お散歩で四季の移り変わりを感じたり
道や公園に咲いている花の名前を覚えたり
新しい人やワンコに巡り会えたり
みんな、Lindseyがいなかったら
実感したり経験していなかったこと。
わんこの力はすごいなあ。

イメージ 3




この記事に

一年前の今日

昨年の今日、2017年5月13日は、
Lindseyの弟の豆ちゃんと初対面した日。
Lindseyに会うために
ご旅行中にわざわざ寄ってくださった豆ちゃんファミリー。
豆ちゃん、可愛かったなあ〜

今度はLindseyの方が豆ちゃんに会いに行く予定だったのに・・・。
あの時はまさか来年の春にもういないなんて
微塵も思わなかったなあ。

Lindseyが亡くなって2カ月たった今だって
何か信じられない。

色々な場面でふと一瞬、まだ側にいると錯覚してしまう。
たとえば、お菓子を落として、
「あっ、すぐに拾わないとリンちゃんが食べちゃう!」と思ったり、
夜、大きい音を立ててしまったときに
「あっ、リンちゃんを起こしちゃう!」と思ったりとか。
そしてすぐ次の瞬間に
「ああ、もういないんだった」と気が付く。
はあ・・・

もうきっとワンコは飼えないだろうから、
今はaiboがほしいような・・・。


          ↓ 一年前の豆ちゃんとLindsey
イメージ 1


Lindseyはもういないけれど、
豆ちゃんには、また会いたいな。


この記事に

神様の贈り物

日は4月17日。
Lindseyが亡くなってから40日。

今年も、もう3カ月半が経過したんだなあ。
笑顔と泣き顔と大泣きの3カ月半。

一月 調子が良かった
二月 足の痛みから始まり、中旬以降具合が悪くなっていった
三月 超特急で病気が悪化 そしてお別れ

1月のLindseyは、
普通にお散歩もできたし
おやつもいっぱい食べられたし
わがままもいっぱい聞いてもらえたし
きっと幸せな毎日を過ごせたと思う。
そして、
わたしにとっても普通の生活の有難みを実感できた、
本当に幸せなひと時だった。

ただ、あまりに普通に過ごせたので
冬を乗り切って春、そして夏のお誕生日までは
このままでいてくれるのではと、期待してしまった。

血管肉腫というた極めて予後の悪い病気で
転移もしていたけれど、
もしかしたら、あと数カ月は大丈夫ではという思いもあった。

そんなに甘くはなかったけど。

   イメージ 1


きっとあの幸せな1月は、神様の贈り物だったのだと思う。



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事