音響・映像・電気設備が好き

ヒゲドライバー、sugurukaというピコピコミュージシャンが好きです。
Audinate主催の、初の日本語Danteサーティフィケーション・トレーニングに参加してきました。

参考リンク:
Dante AV Networking World Tokyo 2018 - Tokyo, Japan
https://audinate.com/about/news-activity/events/dante-av-networking-world-tokyo-2018-tokyo-japan?lang=ja


と言っても、この公式講習会の参加方法がイマイチ分からず・・・。事前にDante AV ネットワーキングワールド東京(この会と並行してDanteサーティフィケーション・トレーニングが行われた)のリマインダ登録(要Audinateアカウント)をしていたのですが、どうやらそれがトレーニングの参加申し込みだったようです・・・いつの間にかセミナーは応募多数で締め切りました!とのアナウンスがあり、え?いつそんな受付してた?と思い、当日運営に聞いたら自分は登録されていたと言う顛末。リマインダ登録が完了しました、とだけメールの自動返信が来て、セミナー受付をしました、との記載は無し。あまりの説明不足に驚きました。参加していた方々を見るに、PA関係者さん優先で会の案内があったようです。次はぜひ、音響設備施工業向けにも開催していただきたいですね。

Danteに関しての日本語説明は、ヤマハが自社の講習会で配布しているネットワークオーディオDanteガイドブックくらいしか知らなかった為、今回、日本語で本家が講習会を開き、その内容に応じたオンラインテスト(要Audinateアカウント)に合格をすると修了証書がもらえる(何かに使えるわけではない)と言うのはなかなか画期的な仕組みでした。Danteパッチのテストまであるのですよ!
※講習会に参加せずとも、資格制限は一切ないのでWebでの講習だけでそのまま試験に臨めます。


イメージ 1
Danteサーティフィケーション・トレーニングのオンラインテストページ。

Danteとは何かをここで書いても誰も見ないので、資料のリンクを貼っておきます。



Danteサーティフィケーション・トレーニングの日本語ハンドアウト資料
【PDF】Level 1 Dante サーティフィケーショントレーニング
https://audinate.com/sites/default/files/PDF/level-one-dante-certification-program-introduction-audinate-ja-tokyo-pres.pdf



ほぼ、ここにまとめられています。これを見るだけでレベル2までのテストは合格できます。
ですが、Danteを扱うにはデジタルオーディオの基礎知識を最低限持ち、ネットワークについてある程度の知識を有する事が必要であると筆者は考えています。Audinateが構築しているDanteは最低限の操作でも扱える様に出来てはいるのですが、何か不具合が起きた時にどうしても知識が必要になります。
と言うことで、その他、役に立ちそうな資料をリンクしておきます。


【PDF】「ヤマハシステムソリューション」 ネットワークオーディオ入門
https://download.yamaha.com/files/tcm:39-322557



設備業界でも当たり前に扱うようになってきたDante。今後、次なる規格が出たとしても、ネットワークベースであることは間違いないですので、もしご存じない方がいらっしゃいましたら、今からでも勉強しておいて損はないでしょう。

この記事に

開く コメント(0)

REAN RT3FC-B ミニXLRの紹介

ノイトリックのWebのQ&Aで、「ミニXLRはどれ?」との質問に、「REANのサイトを見てね」と斡旋されているREAN RT3FC-B ミニXLRの紹介です。


REANは、「リアン」と読むそうです。最近、サウンドハウスでも読み方が書いてありますね。Webに出ている情報だけで書きますと、REANはNeutrik AGの関連会社の様です。

ミニXLRのオリジナルはスイッチクラフトのようですね。※Wikipedia調べ


イメージ 1
REAN製品の袋は、ノイトリックよりもパリパリした袋に入っています。

以前にこちらでもREANコネクタを紹介したことがあります。
REANのNYS 322G MIDI用DIN 5 コネクタとカナレD403-AT


イメージ 2
パーツ構成はこちらです。わりとチープな印象を受けます。


イメージ 3
黒チャック 2.0 〜 3.5 mm
青チャック 3.0 〜 4.5 mm
対応ですが、別売でラージブーツが用意されています。
型番:BRT-L 赤チャックとブーツ 4.0 〜 5.0 mm
※ラージブーツは日本ではさっと手に入らなそうです。


イメージ 4
チープの極めつけは、ロックのラッチのバネがスポンジで代用されている点です。
耐久性が心配で、しばらく使ったら、ロックが効かなくなる・・・なんて事がありそうです。


イメージ 5
チャック、シールド用パーツ、内部ターミナルはカチっと嵌合します。
この状態にしてからハウジングに収めます。


イメージ 6
ミニXLRのピンアサインはXLRコネクタと違い、2番と3番の位置が入れ替わっています。最初気がつかず、ピンアサインを間違えて端末処理をしてしまいました・・・


イメージ 7
組み込んだ状態です。


初めて、ミニXLRを使ってみました。スイッチクラフト以外の選択肢としていかがでしょうか?

この記事に

開く コメント(0)

過去の記事の集大成、ニアフィールド・オーディオモニタ環境を更新した話です。


以前は、YAMAHA MSP3(と自作傾斜スタンド)、オーディオI/FにYAMAHA MG10XUを使用していましたが、MSP3のディスコンに伴い、これを機にニアフィールド・オーディオモニタ環境を更新する事にしました。


イメージ 1
そして完成!!(とうとつに)ちなみにミックス作業をするわけではなく、あくまで上がってきている映像や音源の確認作業で使用することが前提です。(たまに撮影した映像編集もあります※筆者は元々ポスプロなので、出来るからやってる仕事)弱電施工会社でこの環境があれば上出来かと思います。


イメージ 2
とにかくシンプルを目指しました。机は汚いですが、これでもきれいな状態です。


イメージ 3
YAMAHA MG10XUからRME Digiface USB & ARC USBへ変更した写真。大変省スペースになりました。


イメージ 4
機器系統図。


これが目指した機器接続です。
まずオーディオI/FとしてRME製品を選び、モニタスピーカにGENELECの8020A。低域のモニタリング用にGENELEC 7050Bを追加し、クロスオーバをminiDSP 2x4 HDで行いました。miniDSP 2x4 HDはS/PDIF入力を備えているので、無駄なA/D、D/Aを避けるためにRME Digiface USBというS/PDIF or ADATのI/OのみのI/Fを選択しました。これでアナログ出力を使えばもっと音が良くなるかも・・・と言った迷いを払拭する事が出来ます。と言うことで、D/AはminiDSPに委ねます。思い切りが大事です。
RME製品なので、コントローラにARC USBを配置し、これをモニタコントローラとします。


イメージ 5
計測結果。

miniDSP 2x4 HDのFIRフィルタについて勉強を行いました。結果的には、8020Aはバイアンプと言えど、クロスオーバネットワークは内蔵で、2wayのクロスオーバの時点で位相が回っている事、低域の位相調整はminiDSP 2x4 HDのTAP数では困難な事からPEQとディレイでの調整に留めました。

とりあえず、環境が完成したので満足です。お金は本当に掛かりました・・・・・・

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事