音響・映像・電気設備が好き

「ヒゲドライバー」「suguruka」というピコピコ・ミュージシャンが好きです。
音響映像設備施工業に限らず、あらゆる電気設備施工業で問題になるのが電源の抜け止めです。
IEC C-13タイプのコネクタは半刺しになることが多く、ラックマウントされた状態では目視で確認が困難な場合も多々あります。メーカ各社はあの手この手でIEC C-13タイプ電源コネクタの抜け止めを考えるのですが、近年では外付け加工を必要としない方式のものが出てきましたので、各方式も合わせて紹介したいと思います。

外付け加工を必要としないロック方式

イメージ 1

イメージ 2
こちらはSymetrix製品についてくる外付け加工を必要としないロック方式です。
グランド端子に板を斜めにあてがい、摩擦で引き抜きをできなくする方式です。コーキングガンの送りと同じ機構ですね。

イメージ 3
しっかりロックされます。特筆すべき点は、この電源コードさえあれば機器側になんら加工がいらず、抜け止めとすることが出来る点です。
懸念事項があるとすれば、本来、端子嵌合以上の摩擦力が掛かることを想定していない部分に対して応力が加わるので、コードを足に引っ掛けてしまう様な事があれば、機器側端子を破壊してしまうかもしれません。(それでもグランドピンのみ、という設計です)

これと全く一緒の電源コネクタが手に入るのか分かりませんが、類似品は有限会社デジコム取り扱いのIEC LOCKがあります。

有限会社デジコム IEC LOCK
http://e-digicom.co.jp/schaffner/iec_lock.html

プラグとソケットがセットのロック方式

イメージ 4

イメージ 5
こちらはプラグとソケットがセットのロック方式です。これはYAMAHAのスイッチ製品です。
写真を見ても分かる様に、電源コード側のコネクタにツメが、機器側のソケット(IEC C-14)の内側にロックが掛かるための受け穴があります。これらが嵌合してロックする仕組みです。

イメージ 6
さすがに思いっきり引っ張った事はありませんが、過度な力が加わった時はソケット側の受け穴が破壊されると思います。表題と同じく、このロック機構はこれらがセットでないと機能しません。

外付け機構で行うロック方式

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
こちらは放送機器(SONYやLEADER)でおなじみの外付け機構で行うロック方式です。これの良い所は、大体の電源コードでも抜け止め性能が発揮されることです。
こういったプラスチックパーツが外付けにつく場合の他に、鉄のワイヤで作られた抜け止め機構がコネクタの根本に引っかかるタイプもあります。

イメージ 10
鉄のワイヤ冶具が引っかかるタイプ。

以前より、このIEC C-13タイプ電源コネクタの抜け止めは各社色々あるなぁと思っていましたが、今回写真が出そろったので記事にしました。

この記事に

開く コメント(6)

発売当時、世界初のUSB3.0対応オーディオI/FだったRME MADIface XTを触ってみました。
最大で196イン/198アウトを扱えるバケモノの様なMADIオーディオ・インターフェイスです。


イメージ 1
RME MADIface XT。ハーフラック1Uサイズで個人で所有しているRME Fireface UCXと同じ大きさです。
デサインは近年のRMEがシフトしてきている、丸みを帯びた金属筐体にブルーカラー基調です。



イメージ 2
こちらはUCXとは違い液晶表示付きです。ここに全チャンネルのレベルメータが表示されると言う無茶な仕様です。


イメージ 3
背面。MADIは64ch I/Oを1端子とし、SCマルチモード光ファイバ×2、BNC×1という構成で、合計でMADIが192ch I/Oです。スペックから余る4chアウト、6chインは本体機器側のAESとアナログ入出力です。

イメージ 4
こちらがTotalMix Fxですが、このチャンネル数です・・・凄い。


イメージ 5
こちらはDIGICheckのGlobal Leve Meterです。こちらも本体DSP機能ですべてが機能します。


イメージ 6
SoundForgeからみた場合ももちろん全チャンネル数選択できます。このアプリは性能上、32ch I/Oが限界なのですが、もっと大きなチャンネル数を扱えるものがあれば対応することでしょう。


イメージ 7
こちらは余談ですが、RME USB3.0 ASIOドライバとDanteViaのASIOブリッジ機能が共存できませんでした。ASIOブリッジを生かすとDanteVia側が停止してしまいます。DVS(Dante Virtual Soundcard)は問題なく機能します。


イメージ 8

イメージ 9
こちらはFireface UCXをDanteViaに立ち上げた状態です。DanteViaのASIOブリッジを生かすと、ASIO入出力をDanteに流すことが出来ます。もちろん、DVSとは違うので遅延はあります。安定性は未知数ですが夢がある話で大変好きです。こんな時代が来て、個人でもそれが出来るなんて夢のようです。
RME USB3.0 ASIOドライバとの動作検証、これはバージョン更新やマシンの変更で可能になる部分かもしれませんが、いずれにせよ検証する環境が必要で、それには数百万円の機材が必要なのでちょっと現実味がありません・・・とりあえず、こちらの今回の環境では動作しませんでした、という事です。

このクラスの機材になると個人ではまず購入することが出来ないのでワクワクしますね。
個人で買ったRME製品で得た知識やDanteの知識が大変役に立っています。

この記事に

開く コメント(0)

角度計を持っていなかったので、一番安いものを探して購入してみました。

イメージ 1

イメージ 2
Wixey WR300 Type2 デジタル角度計

購入したのはこれ、Wixey WR300 Type2 デジタル角度計です。
バックライト付きで細かい設定は特に無し、電源を入れて、0度キャリブレーションをワンボタンで行ってから測定したいものに当て、測定するだけです。

メーカ公式サイト:
http://wixey.com/anglegauge/index.html


イメージ 3

イメージ 4
つくりは値段相応にチープです。下部にマグネットが仕込まれており、相手が磁性体なら取り付けることが可能です。

これから活躍してくれることでしょう。

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事