全体表示

[ リスト ]

祝、出産!!

ふ〜う、まずは、産まれました!!ええ、やっと。

あれから・・・11日の夜23時、寝れるなら寝てみようと布団に入るも、腹が痛い。

間隔を計ると15〜10分。

「う〜ん、確実に10分間隔になったら産院に電話かな。」と思いつつもいつまでも不規則。

本陣痛か、前駆陣痛なのか・・・分からないなあ。

そして深夜を回り、とりあえず旦那にメール。

「両親に電話するから、とりあえず実家に行ってろ」と。

でも、「間隔がもう少し規則的になったら産院に行くし・・・」

と、やり取りをしているうちに間隔も短くなっていき、

お義父さんが迎えに来てくれた時には3〜5分間隔の陣痛になっていた。

産院に電話をかけ状況説明。

そのまま産院へ向かう。

産院へ到着し内診。子宮口は5〜6cmまで開いているとのこと。

着替え、陣痛室で待機。この時、深夜2時。

間隔がどんどん短くなっていく・・・と思いきや遠のいたりの繰り返し。

でも、痛みは半端ではなく増していく。

「痛みに鈍感だから陣痛ってわかるかなあ。」と色んな人に漏らしていた私。

うん、間違いなく分かる!はじめは冗談を言いつつ話をしていたものの、

だんだん言葉も出なくなっていった。

それでも「動いた方が胎児が下に下がるから」と、助産師さんから”動け”命令。

どうやったら楽なのかも分からず、廊下でうずくまってみたり、座り込んでみたり。

「そろそろ分娩室に。」と言われたのが深夜4時。

それでも、陣痛が来たり、遠のいたりを繰り返し、なかなか子宮口も全開にならない。

途中、眠くなってきたりもした。

そして、午前7時、「破水したら早いから。」と助産師さんによりハサミで切って破水。

あっという間に子宮口は全開に。

「ここからが本番だから!」の言葉に「これから〜?」とゲソっとなった。

陣痛の波が来る度いきむも、なかなか思うようにいかない。

まあね、慢性の便秘でお通じを出すのにも1時間はかかる私が、

お腹から胎児を出すいきみを上手に出来るわけがない。

かなりの体力を使い果たし、「後は明日に繰り越します。」と言いたくなった。

(まあ、そんなことできないんだけど。)

痛いし、眠いし、その後は・・・

「大丈夫?どこか痛い?どうしたい?」の助産師さんの言葉に、

「お腹空いた。何か食べたい。」と言った私。

どこまで行っても私には”食い気”しかないらしい。

痛みの合間に助産師さんが持ってきてくれた朝食のパイナップルを食す。

これで体力回復!と言いたいがそんなわけはない。

そして時間がどんどん経過していくうち、皆が口々に漏らす。

「この子、パパが来るのを待ってるんじゃない?」って。

そりゃあ、始めは旦那が立ち会うはずだった。

でも、急な勤務変更であいにく本日は夜勤。

明けて、仕事を終え、直行してきたとしても早くて10時。

そんな時間まで苦しむの?”冗談じゃない!?”

もういい加減、楽にさせてよ・・・。

そして9時を回った頃、ドクターが分娩室に。「ああ、やっと終わる。」と思ったのに・・・

「もう出るから。次が最後、ラスト1回いきんで!」

と言われつつ、いきむこと数回。いつが最後なんだよ!

「もう、そこまで見えてるんだけどな。」って。

「大きめ。特に頭が大きな子。」と、受診の度に聞いていたけど

本当に頭がつかえてなかなか出てこない。

もう、本当に勘弁して。

そして、午前10時。「パパさん、到着しました。」との助産師さんからの報告。

「まじで〜?こいつ、本当にパパを待ってたの?」

お義母さんとタッチ交代し、旦那が分娩室へ。

その途端、スルっと胎児が・・・なんてドラマのようには行かないのが現実。

その後も何度も何度もいきみ続け、

「もう少し、もう少し。」と会陰を少しずつ切られる。

すっごい、リアルなハサミの音と切られる感触が何とも痛い。

そして「もうお願い。」と3回続けていきんだ後・・・10時37分、ついに出産!!

3370g、元気な男の子。これでもか、と言わんばかりの大声を上げた。

「何か分からんけど、涙が出た。」と言う旦那とは裏腹に

”やっと、終わった〜。”それしか頭になかった私。

とりあえず、こんなに長くかかるなんて思っても見なかった。

体中筋肉痛で、かなりの脱力感。「今は、何もしたくない」そんな感じ。

お産の痛みはあっという間に忘れ、その後の、胎盤を出し、会陰縫合をした時の方が痛く感じた。

分娩室で2時間を過ごし、母子共に問題なし。

実は出産後に再び空腹に襲われ、分娩室でフレンチトースト2枚とコーヒーを食した私。

「分娩中にお腹が空いたって、あんなに食べたのはあなたが初めて。」と助産師さんと、先生。

「それだけ元気なら問題ないでしょう。」と部屋の移動許可がおりる。

自分の部屋に案内された時にはすでにお昼を回っていて、昼食が届いていた。

時間も気にせず食べ続けてたから昼食なんて入るはずもなく、代わりに旦那が食してくれた。

は〜、それにしても長かった。疲れた。やっと、一日が終わった。

これからは更に大変な?育児が始まるのだけど・・・今日はひとまずゆっくり寝たい。

そう思って、布団に入った。



寝ているところを起こし、産院まで連れて行ってくれたお義父さん、

陣痛で苦しんでいる私の背中や腰をずっとさすってくれたお義母さん、

夜勤明け、疲れて眠いであろうのに、出産に立ち会ってくれた旦那、

そして、元気に産まれて来てくれた私の赤ちゃん、

みんなみんな、本当にありがとう!!


本日の昼食「牛丼、赤飯、秋刀魚の蒲焼、湯豆腐、酢の物、お味噌汁」
イメージ 1

本日の夕食「チンジャオロース、白身魚の南蛮浸け、中華炒め、中華スープ、リンゴ」
イメージ 2

閉じる コメント(2)

おめでとうございますっ!お疲れ様でした〜♪
いよいよ母になりましたね^^ 病院の食事美味しそう♪母乳出してるとおなかもすっごく減ってペロッと食べちゃいますよね。産後の体をいたわりつつ、育児頑張ってくださいね☆

2007/9/13(木) 午後 8:04 [ るー ]

ルーシーさん、ありがとうございます。やっと、産まれました。先輩ママさんですね。度々、ブログのぞかせていただきます。お互い、育児頑張りましょう!!

2007/9/13(木) 午後 10:15 [ lio*ch*ese*007 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事